『福島県いわき市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  福島県
【市町村】  いわき市
【面積】  1,232.02km2
【人口】  339,669人(e:18px;”>【人口密度】  276人/km2
【市役所】  福島県いわき市平字梅本21番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

福島県浜通りの南部に位置する市である。

東北地方で2番目に人口の多い都市(宮城県仙台市に次ぐ)で、福島県内で最大の人口および面積を持ち、中核市に指定されている。

福島県浜通りの南部を占める市である。

古代は石城国造(北部)や道奥菊多国造(南部)の領土であり、平安時代の12世紀から関ヶ原の戦いまでは岩城氏の本拠地として栄えていた。

明治初期より本州最大かつ東京に最も近い炭鉱である常磐炭田の開発が始まり、隣接する日立鉱山とともに、明治期の日本の近代化に欠かせない地域となった。

鉄道の常磐線は、この地域で産出される鉱物資源を首都圏へ運ぶ重要路線として早期に敷設され、日本の主幹産業として当時の人口増に寄与した。

高度経済成長期に石油へのエネルギー革命が進み、石炭産業が急速に衰退していくと、新産業都市の指定を受けるべく14市町村の大合併を行った。

環境問題としては化学工場から排出されたカドミウムによる土壌汚染と地下水汚染の公害を鮫川中流域において経験した。

この新産業都市は、工業整備特別地域ほどの成果を生むことはなかったが、首都圏から近い地の利を生かし、仙台市に次ぐ東北2位の工業製造品出荷額の(2014年度:約9,137億円)工業都市となった。

また、東北地方で最も集客力のあるリゾート施設スパリゾートハワイアンズを筆頭に、アクアマリンふくしま、いわき湯本温泉など多彩な観光資源を持ち(2015年度(平成27年度)の市内観光交流人口は東北2位の年間約810万人)、観光都市への転換にも成功している。

特に、炭鉱会社であった常磐炭礦(現・常磐興産)が会社存続をかけて1966年に開業させたスパリゾートハワイアンズは、2006年に『フラガール』として映画になるなど当市の顔であり、市役所としても「フラおじさん」などハワイ色を強く出した観光イメージ戦略を行っている。

2011年3月11日に発生した東日本大震災では揺れと津波に襲われ、死者467名、建物の全壊7902棟といった大きな被害を受けた(2019年8月時点集計)。

また同震災に伴い起きた福島第一原子力発電所事故による影響や風評被害を受けた。

サイクリングロードを兼ねた防潮堤建設など復興や将来の災害への備えも進められている。

福島県の東南に位置し、南は茨城県と接し、太平洋に面した60kmにわたる海岸線を有する。

物流・工業港としては小名浜港があるほか、6カ所の漁港がある。

東日本大震災と福島第一原発事故の影響を受けた海水浴場は、2019年夏時点で4カ所が再開されている。

市の面積は広大だが、常磐自動車道から西側は阿武隈高地の山間部であり、残る東側も丘陵地が多く、市街地と市街地が丘陵によって分断されて連続性がないのが特徴である。

JR常磐線では、トンネルと市街地が交互に現れる。

そのため、面積に対する可住地面積の割合は27.7%と、県内の市の中では最も低い。

平県、磐前県を経て、最終的に1876年に福島県に組み込まれたものの、歴史的には陸前浜街道を介して(現在の)茨城県との繋がりが深かったため、方言や習慣は同じ福島県よりも茨城県に近い。

明治維新以後も、常磐線や常磐自動車道などの交通網が茨城側から順に整備されたため、険しい阿武隈高地を超えた中通りよりも、茨城県との交流が近密であった。

しかし近年は、1995年に磐越自動車道が開通した事によって中通りや会津地方と結ばれたため、交流が活発になってきている。

磐城地方は、基幹産業であった常磐炭田と水産業の斜陽化が進み、早急な方向転換を迫られていた。

そのため全国総合開発計画に基づく新産業都市の指定を「常磐・郡山地域」として受けるべく、県が主導となり、郡山市と共に大規模な市町村合併を行った。

これにより平田村を挟んで両市は隣同士となり、70km離れた両市が「1地域」として指定される事となった。

この合併により、平市、磐城市、勿来市、常磐市、内郷市の5市と旧石城郡の全域(3町4村)に双葉郡の2町村(久之浜町・大久村)を加えた計14自治体が1つとなり、1966年(昭和41年)当時としては日本一広い面積(1,231.13km²)のいわき市が誕生した(現在は15番目である)。

なお、本市は長野県諏訪郡ちの町(現茅野市)、山口県阿武郡むつみ村(現萩市)、青森県むつ市についで4例目のひらがな名の自治体でもある。

東北地方内では年間日照時間が最も長く、1日の平均気温が最も高い。

人口は福島県内1位で、面積(1,231.34m²)も県内最大。

市街地・人口集中地区は平、四倉、小名浜、勿来、常磐などの地区に分散しており、単体の市で多極分散型となっているが、市街地と商工業地区への集約、山間部の過疎が目立つ。

地理的・歴史的背景から、湯本傾城(ゆもとけいせい)を境にして大きく北半分(概ね旧磐前郡。内郷~末続)と南半分(概ね旧菊多郡。勿来~湯本)に二分される。

比較的大きな市街地は、行政・商業・陸上交通の中心で、城下町から発展し、いわき市中心部の平(いわき駅・磐城平城周辺)と、工業・海上交通の中心で、港町から発展した小名浜(小名浜港周辺)、このほか常磐線駅周辺に市街地が形成されているが、いわきニュータウンを初めとする大規模開発住宅地もある。

主に東京圏への青年層の流出(大学就学、就職)と、生活環境に富むことを背景とするUターン、Iターンが拮抗しながらも、1998年をピークに緩やかな人口減少傾向にある。

2011年3月11日の東日本大震災では当市も被災し、震度6弱を観測した。

宮城沖から茨城沖の震源域の中間にあたる本市は、震度4以上の揺れが3分10秒にわたって続き、これは当震災を観測した震度計の中で最大の長さであった。

また、気象庁の推計震度分布図によると、市北東部で局地的に震度7相当の揺れがあったとみられている。

高度経済成長期が到来する前は、常磐炭砿など常磐炭田の石炭産業を中心に、小名浜港の漁業、林業、農業といった第一次産業で発展した。

常磐炭砿閉山後、大規模合併を期に工業化を図る。

湯本地区の温泉やリゾート施設、海岸部の灯台・水族館あるいは海水浴・サーフィンを中心とした観光、市立美術館、勿来の関をはじめとする文教面での観光資源なども存在する。

沿海で獲れる魚は「常磐物」と呼ばれ、特にメヒカリ、ウニの貝焼きを特産とする。

浜通りに沿った南北方向に幹線道路(国道6号、常磐自動車道)と鉄道(常磐線)が通っており、東京から約200km、仙台から約150kmに位置する。

常磐道ではいわき中央ICから東京方面の三郷ICまで175.5km(首都高速都心環状線・江戸橋JCTまで約196km)、仙台方面の亘理ICまで124.9km(仙台南部道路・長町ICまで約146km)である。

常磐線では営業キロでいわき駅から東京駅まで215.2km、仙台駅まで151.3kmである。

同線は四ツ倉駅以南(水戸・東京方面)で複線(または複々線)化されている一方、同駅以北(相馬・仙台方面)は一部を除き複線化されていない。

2015年の上野東京ライン開業により、東京駅より乗換不要でアクセスできる様になった。

また、中通りとの間に道路では国道49号と磐越自動車道、鉄道では磐越東線が通っており、郡山から約70kmに位置する。

福島市の福島県庁からは約120km。福島空港からは約1時間。

2021年には、現在工事中のいわき小名浜ICと小名浜港を結ぶ小名浜道路(地域高規格道路)が開通予定である。

観光都市として脱皮する事にも成功。

いわき市は東日本でありながら一年中、比較的に温暖な気候を活かし日本のハワイとして観光イメージアップを図り、東北地方で最も集客力のあるリゾート施設スパリゾートハワイアンズで成功を収める。

そのほかにアクアマリンふくしま、いわき湯本温泉など多彩な観光資源を持っており、2013年度(平成25年度)の市内観光交流人口は県内第1位の年間約788万人である。

テレビ東京を含む関東広域圏の民間放送テレビ5局、NHK水戸放送局の県域テレビ放送がスピルオーバーによりデジタルで直接受信可能である。

なおチバテレビはノイズが出るものの地区によっては受信ができる場合がある(テレビ東京デジタル放送放送休止時のみ)。

翌月4月11日には、市内南西部の井戸沢断層付近を震源とする内陸直下型地震である福島県浜通り地震が発生し、震度6弱を観測した。

この地震により、井戸沢断層と塩ノ平断層、また市内中西部の湯ノ岳断層が同時多発的に数十キロに渡ってそれぞれずれ動いた。

湯ノ岳断層の過去の活動が14万年前の大昔であり、塩ノ平断層に至っては未知の断層であり、当震災のひずみにより誘発されたものであると考えられる。

これにより市内の至る所で断層(最大落差2m)や地割れ・亀裂が出現し、また土砂崩れも相次いだ。

また、翌日には湯ノ岳断層付近を震源とした震度6弱の余震も発生した。

この一連の地震活動と津波により、市内の全半壊戸数は宮城県仙台市に次ぐ約4万戸に上り(一部損壊も含めると9万戸)、死者は津波や土砂崩れによるものを中心に400名以上に及んだ。

[ryoko-2]

【山】  
矢大臣山、鬼ヶ城山、屹兎屋山、猫鳴山、芝山、神楽山、朝日山、鶴石山、二ッ石山、水石山、塩見山、二ッ箭山、湯ノ岳、閼伽井嶽、石森山

【河川】
夏井川、好間川、鮫川

【温泉】
久之浜温泉、白岩温泉、地切温泉、いわき湯本温泉、白鳥温泉、吉野谷鉱泉

【特産物】
ふくはる香、とちおとめ、ウニの貝焼き、メヒカリ

【大学・短期大学・高等専門学校】
医療創生大学、東日本国際大学、いわき短期大学、福島工業高等専門学校

【高等学校】
磐城高等学校、磐城桜が丘高等学校、平商業高等学校、平工業高等学校、いわき光洋高等学校、いわき総合高等学校、湯本高等学校、小名浜高等学校、いわき海星高等学校、磐城農業高等学校、勿来高等学校、勿来工業高等学校、好間高等学校、遠野高等学校、四倉高等学校、いわき翠の杜高等学校、いわき秀英高等学校、磐城緑蔭高等学校、東日本国際大学附属昌平高等学校、福島県磐城第一高等学校

【中学校】
平第一中学校、平第二中学校、平第三中学校、藤間中学校、豊間中学校、草野中学校、赤井中学校、湯本第一中学校、湯本第二中学校、磐崎中学校、湯本第三中学校、小名浜第一中学校、小名浜第二中学校、泉中学校、江名中学校、内郷第一中学校、内郷第二中学校、内郷第三中学校、植田中学校、錦中学校、勿来第一中学校、勿来第二中学校、川部中学校、上遠野中学校、入遠野中学校、四倉中学校、大野中学校、小川中学校、田人中学校、好間中学校、三和中学校、川前中学校、桶売中学校、小白井中学校、久之浜中学校、玉川中学校、中央台北中学校、植田東中学校、中央台南中学校、いわき秀英中学校、磐城緑蔭中学校、東日本国際大学附属昌平中学校

【小学校】
平第一小学校、平第二小学校、平第三小学校、平第四小学校、平第五小学校、平第六小学校、夏井小学校、高久小学校、豊間小学校、草野小学校、草野小学校絹谷分校、赤井小学校、湯本第一小学校、湯本第二小学校、湯本第三小学校、磐崎小学校、長倉小学校、藤原小学校、小名浜第一小学校、小名浜第二小学校、小名浜第三小学校、泉小学校、渡辺小学校、江名小学校、永崎小学校、鹿島小学校、小名浜東小学校、高坂小学校、御厩小学校、内町小学校、宮小学校、白水小学校、綴小学校、高野小学校、植田小学校、菊田小学校、錦小学校、勿来第一小学校、勿来第二小学校、勿来第三小学校、川部小学校、上遠野小学校、入遠野小学校、四倉小学校、大浦小学校、大野第一小学校、大野第二小学校、小川小学校、小玉小学校、田人小学校、好間第一小学校、好間第二小学校、好間第三小学校、好間第四小学校、三和小学校、川前小学校、桶売小学校、小白井小学校、久之浜第一小学校、錦東小学校、久之浜第二小学校、小名浜西小学校、汐見が丘小学校、郷ケ丘小学校、中央台北小学校、中央台南小学校、泉北小学校、中央台東小学校

【特別支援学校】
平支援学校、いわき支援学校、聴覚支援学校平分校

【JR東日本 常磐線】
勿来駅 – 植田駅 – 泉駅 – 湯本駅 – 内郷駅 – いわき駅 – 草野駅 – 四ツ倉駅 – 久ノ浜駅 – 末続駅

【JR東日本 磐越東線】
いわき駅 – 赤井駅 – 小川郷駅 – 江田駅 – 川前駅

【道路】
国道6号、常磐バイパス、久ノ浜バイパス、国道49号、平バイパス、国道289号、国道349号、国道399号、福島県道10号日立いわき線、福島県道14号いわき石川線、福島県道15号小名浜四倉線、福島県道20号いわき上三坂小野線、福島県道26号小名浜平線、福島県道35号いわき浪江線、福島県道36号小野富岡線、福島県道41号小野四倉線、福島県道48号江名常磐線、福島県道56号常磐勿来線、福島県道66号小名浜小野線、福島県道71号勿来浅川線

【道の駅】
道の駅よつくら港

【名所・旧跡・観光スポット】
塩屋埼灯台、いわき平競輪場、フラワーセンター、松ヶ岡公園、沼之内弁財天(賢沼寺)、閼伽井嶽薬師常福寺、専称寺、大國魂神社、子鍬倉神社、飯野八幡宮、飯野文庫、いわき市立美術館、いわき市暮らしの伝承郷、龍が城美術館、新舞子ビーチ、薄磯海水浴場、豊間海水浴場、合磯海水浴場、いわき小名浜みなとオアシス、いわきサンマリーナ、アクアマリンパーク、アクアマリンふくしま(小名浜の海洋科学館)、いわき・ら・ら・ミュウ(市観光物産センター)、いわきデイクルーズ(観光遊覧船)、小名浜美食ホテル、小名浜潮目交流館、いわきサンマリーナ、三崎公園、いわきマリンタワー、住吉神社、永崎海水浴場、勿来関跡、勿来の関公園体験学習施設 吹風殿、いわき市勿来関文学歴史館、小浜海水浴場、勿来海水浴場、いわき湯本温泉、スパリゾート・ハワイアンズ、競走馬リハビリテーションセンター(馬の温泉)、いわき市石炭・化石館、いわき市考古資料館、野口雨情記念湯本温泉童謡館、三函山勝行院(成田山)、温泉神社、金刀比羅神社、観音山公園、みろく沢炭鉱資料館、白水阿弥陀堂、逢瀬の滝、四倉海水浴場、四倉温泉、玉山鉱泉、白岩鉱泉、仁井田浦キャンプ場、いわき市遠野オートキャンプ場、入遠野川ヤナ場、鮫川渓谷、入川渓谷、天王川トロン温泉、円通寺、徳一大師御入定所、いわき市立草野心平記念文学館、草野心平生家、背戸峨廊(夏井川渓谷県立自然公園)、小玉ダムキャンプ場、好間川溪谷、三和ふれあい館、三和町ふれあい市場、水石山公園、四時川渓谷里山、いわきの里鬼ケ城、鹿又川渓谷、いわき市海竜の里センター、いわき市アンモナイトセンター、波立薬師、久之浜海水浴場、波立海水浴場、中田横穴、根岸官衙遺跡群、大館城、磐城平城、泉陣屋、小名浜代官所、湯長谷館跡、窪田館、差塩三十三観音、いわき七福神、二見ヶ浦、天狗の重ね岩

【祭事・催事・イベント】
平七夕まつり、いわきおどり、いわき花火大会、じゃんがら念仏踊り、いわき回転櫓盆踊り大会、御宝殿の稚児田楽・風流、沼ノ内の水祝儀

【著名な出身人物】
吉野せい(文筆家)、草野心平(詩人)、半谷三郎(詩人)、河林満(作家)、清野かほり(小説家)、若松光一郎(画家)、金田石城(画家・書家)、那須真知子(脚本家)、鈴木清(写真家)、渡辺文樹(映画監督)、村西とおる(ビデオ映画監督)、山口太一(漫画家)、蛭田達也(漫画家)、蛭田充(漫画家)、しろー大野(漫画家)、かみやたかひろ(漫画家)、野部優美(漫画家)、小林研一郎(指揮者)、神田香織(講談師)、真田彩子(女流棋士)、牛田智大(ピアニスト)、sasakure.UK(ミュージシャン)、飯塚昭三(声優)、ブリドカットセーラ恵美(声優)、小松みゆき(女優)、伊東美咲(女優)、神尾佑(俳優)、神永大輔(和楽器バンド)、皆川猿時(俳優)、富澤タク(ギタリスト家)、駒木なおみ(グラビアアイドル)、二宮さくら(グラビアアイドル)、佐河ゆい(ファッションモデル)、松井愛莉(アイドル)、武田玲奈(ファッションモデル)、安田早紀(ファッションモデル)、竹内愛紗(女優)、ゴー☆ジャス(お笑いタレント)、あかつ(お笑いタレント)、平子祐希(お笑いコンビアルコ&ピース)、林千春(歌手、元パンプキン)、霧島昇(歌手)、塩まさる(歌手)、紅晴美(歌手)、鬼(ヒップホップMC)、諸橋沙夏(アイドル、=LOVE)、髙萩千夏(アイドル、アップアップガールズ)、愛川ヒロキ(作曲家・アレンジャー、元remote)、藤井敬之(音速ラインボーカル)、木村世治(ミュージシャン hurdy gurdy、exZEPPET STORE)、OKP-STAR(Aqua Timez)、平山佳代子(アップルパイ)、ASA-CHANG(ASA-CHANG&巡礼)、柳沼由紀枝(クレヨン社)(作詞家)、加藤秀樹(クレヨン社)(作曲家)、菊池章夫(阿呆鳥)(ミュージシャン)、北郷勇一(阿呆鳥)(ミュージシャン)、金子透(阿呆鳥)(ミュージシャン)、富田望生(女優)、栞菜智世(女優)、MASAKI(小野正樹)(モデル・タレント)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

福島県いわき市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【福島県いわき市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]