『山形県新庄市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  山形県
【市町村】  新庄市
【面積】  222.85km2
【人口】  34,937人(2020年1月1日)
【人口密度】  157人/km2
【市役所】  山形県新庄市沖の町10番37号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

山形県の北東にある市である。

江戸時代は新庄藩が置かれ、戸沢氏6万石の城下町であった。

一方で羽州街道の宿場町でもあり、市南部の本合海集落は最上川水運の主要積出港であった。

磐根街道が開削される明治時代初頭までは庄内町清川まで道路がなかったため、本合海河港からの舟運が唯一の交通手段であった。

雪深い地域に属し、雪害救済運動発祥の地でもある。

そのため「独立行政法人防災科学技術研究所 雪氷防災研究センター新庄支所」が置かれ雪氷防災実験棟で雪崩の発生メカニズムの解明などが行われており、「雪の里情報館」という雪についての学習施設がある。

豪雪地域で四方の山に囲まれた土地であるため日本一日照時間が短い町(市町村単位で)とされている。

また山形新幹線の終着駅である新庄駅があり、最上地方の中心都市としての役割を担う。

近年では、最上地方の自治体として自然と人間の共生を主題に最上エコポリス構想が推進されている。

このほか岩手県遠野市と並ぶ東北地方随一の民話の宝庫としても知られ多くの民話の語り部による民話の伝承、記録が盛んに行われており毎年「みちのく民話まつり」が開催される。

近年では早稲田大学や玉川大学のバイオマス研究施設、山形大学の自然に関する教育研究活動や講座を行う「エリアキャンパスもがみ」が開設されるなど研究施設の進出も行われている。

山形県の北東、山形市の北に位置し最上川中流域の新庄盆地に位置する都市である。

市域の東側は神室山を主峰とする神室連峰がある。

市街地付近に升形川(戸前川)が流れ、市域の南西部で最上川に合流する。

市の東側に横たわる陣ヶ峰、大森山、杢蔵山、八森山と続く神室連峰の美しい山塊は比較的低標高に高山性植物が植生し神室山へと続く縦貫登山路として整備されており比較的軽装備で気軽に登れる登山ルートとなっている。

この山塊の麓にあることから、葛麓(かつろく)とも呼ばれている。

新庄市からはこの他、鳥海山、月山、葉山を眺めることが出来る。

位置的に南北の交通と東西の交通が交わる要衝で道路網では国道13号と国道47号が交差し、鉄道では奥羽本線が南北に縦断し陸羽西線と陸羽東線が東西に横断する。

また山形新幹線の終点である。

地理的な特性から最上郡全体からの交通路も新庄市内に集中する構造になっており、最上地方は新庄市への一極集中型である。

新庄市は最上郡の消費活動全体を支えていると言え、4万人弱の都市規模の割には国道13号新庄バイパス沿いに大型スーパーマーケットや大手量販店が進出している。

新庄の歴史は、15世紀に新庄盆地の中央部に土豪により沼田城(新庄城)が築かれたことに始まる(新庄の名もこれに由来している)。

新庄市が最上地方の中心として発達を始めるのは、新庄藩が作られ羽州街道沿いにあった沼田城周辺が城下町として開発されてからである。

明治時代に奥羽本線が開通し大正時代に陸羽西線、陸羽東線が開通すると「鉄道の町」として隆盛を極め物資の集積地、養蚕の町、大日本帝国陸軍軍馬も生産する馬産地、豊富な森林資源を活用した木材加工業・家具工業の町としても知られるようになった。

戦後は昭和30年代に周辺の町村を合併し、昭和40年代初頭には人口49,000人に達した。

しかし、戦後の産業構造の激変により馬産、養蚕・製糸、木材加工といった産業が軒並み崩壊し農業生産も厳しい状況が続いている。

鉄道も施設の合理化や自動化が進み人員削減が進んだ。

そうした中で、新庄市の人口は漸減を続けているのが現状である。

その一方、工場の誘致も行われており、市内には山形航空電子(日本航空電子工業の子会社)などが進出している。

新庄市を中心とした最上地方では新庄弁が話されているが、最上郡内であってもその方言には多かれ少なかれ違いが存在する。

新庄市内においても「旧家中」「町方」「在方」で違いがあり、特に旧家中で話された「家中言葉」は他と比してかなりの違いがある。

[ryoko-2]

【山】  
神室山、陣ヶ峰、亀割山

【河川】
最上川、泉田川、升形川

【食べ物】
くぢらもち、新庄漬、納豆汁、とりもつラーメン、最上但馬牛、馬刺し、とりもつバーガー、かむてんまんじゅう

【伝統工芸】
新庄亀綾織、東山焼、隠明寺凧

【専修学校】
山形県立農林大学校、パリス文化服装専門学校、新庄コアカレッジ

【高等学校】
新庄北高等学校、新庄南高等学校、新庄神室産業高等学校、新庄東高等学校

【中学校】
新庄中学校、明倫中学校、日新中学校、八向中学校

【小学校】
新庄小学校、沼田小学校、日新小学校、北辰小学校、本合海小学校、升形小学校

【特別支援学校】
新庄養護学校

【JR東日本奥羽本線 】
新庄駅 – 泉田駅

【JR東日本 陸羽西線】
新庄駅 – 升形駅 – 羽前前波駅

【JR東日本 陸羽東線】
南新庄駅 – 新庄駅

【道路】
国道13号、国道47号(亀割バイパス)、国道458号、山形県道30号大石田畑線、山形県道31号舟形大蔵線、山形県道32号新庄停車場線、山形県道34号新庄戸沢線、山形県道36号新庄次年子村山線、山形県道56号新庄舟形線、山形県道58号新庄鮭川戸沢線、最上広域農道、最上東部広域農道

【祭事・催事・イベント】
新庄カド焼きまつり、新庄まつり、新庄そばまつり、新庄雪まつり、新庄100円商店街

【名所・旧跡・観光スポット】
新庄城趾(最上公園)、鳥越八幡神社、旧矢作家住宅、新庄藩主戸沢家墓所(瑞雲院および桂嶽寺)、泉田の松並木、泉田桜通り、石動神社の杉、七所明神、おくのほそ道の風景地 本合海、芭蕉乗船の地(本合海集落)、源義経の東下り縁の地(鳥越集落、休場集落、亀割峠)、ふるさと歴史センター、最上広域交流センターゆめりあ、雪の里情報館、産直まゆの郷、最上中央公園(かむてん公園)

【著名な出身人物】
安彦麻理絵(漫画家)、阿部ゆたか(漫画家)、伊藤賢一(社会学者)、井上雅人(バリトン歌手)、岡田理知(漫画家)、小林武史(シンガーソングライター)、小林美樹(元アイドル歌手)、斎藤悠(女優)、庄司永建(俳優)、近岡善次郎(画家)、冨樫義博(漫画家)、林部智史(歌手)、吉野敏充(アートディレクター)、柳家〆治(落語家)、涌井賀代子(陶芸家)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

山形県新庄市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【山形県新庄市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]