『秋田県男鹿市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  秋田県
【市町村】  男鹿市
【面積】  241.09km2
【人口】  25,475人(2020年1月1日)
【人口密度】  106人/km2
【市役所】  秋田県男鹿市船川港船川字泉台66-1

[ryoko-1]

概要

秋田県西部に位置する日本海に面した市。

男鹿半島の大半を占める。

男鹿市は、男鹿半島のほとんどを占め、3方を日本海に囲まれている。

男鹿半島には、寒風山と本山の2つの山があり、滝川を初めいくつかの河川が海に向かって流れる。

市西部には、戸賀湾があり、戸賀港や市役所の戸賀出張所が置かれる。

また、北西端には入道崎がある。

市南部は、人口が集積し、鉄道が通り市役所が置かれる。

海洋性気候を持ち、年間の真夏日日数の平均は10日(1981年から2010年の統計)と青森市より少ない。

1954年(昭和29年)3月31日に南秋田郡船川港町、脇本村、五里合村、男鹿中村、戸賀村が合併して、旧・男鹿市が誕生する。

2007年9月に全国で過去の社会保険事務所での国民年金着服・横領問題を調査した結果、男鹿市は秋田県内全市町村で窓口職員における横領・着服の件数が最も多かった。

男鹿市の合計特殊出生率は2012年で1.12。

これは全国的に見て低い秋田県の中でも最下位である。

全国1742自治体の中でもワースト45位となっていて、首都圏並みの低さとなっている。

男鹿半島は三方を海に囲まれており、観光名所が点在している。

代表的なものに、寒風山や鵜野崎海岸、男鹿半島・大潟ジオパークなどがある。

男鹿市は、独自の観光サイト『男鹿ナビ』の運営のほか、最近では総務省地域力創造アドバイザーである吉井靖を中心に、中学生と故郷のまちづくりを考えるワークショップ活動なども実施している。

[ryoko-2]

【高等学校】  
男鹿工業高等学校、男鹿海洋高等学校

【中学校】
男鹿北中学校、男鹿南中学校、男鹿東中学校、潟西中学校

【小学校】
船川第一小学校、船越小学校、北陽小学校、脇本第一小学校、払戸小学校、美里小学校

【名所・旧跡・観光スポット】
入道崎、入道埼灯台、男鹿国定公園、男鹿半島・大潟ジオパーク、寒風山、真山・本山・毛無山(男鹿三山)、赤神神社五社堂、なまはげ、脇本城、男鹿温泉郷、男鹿温泉交流会館「五風」、宮沢海水浴場、五里合海水浴場、戸賀海水浴場、鵜ノ崎海岸、秋田県立男鹿水族館

【祭事・催事・イベント】
男鹿日本海花火、男鹿ナマハゲロックフェスティバル

【JR東日本 男鹿線】
船越駅 – 脇本駅 – 羽立駅 – 男鹿駅

【道路】
国道101号、秋田県道42号男鹿八竜線、秋田県道54号男鹿琴丘線、秋田県道55号入道崎寒風山線、秋田県道59号男鹿半島線、秋田県道104号男鹿昭和飯田川線、秋田県道121号入道崎八望台北浦線、秋田県道159号船越停車場線、秋田県道160号男鹿停車場線、秋田県道226号脇本脇本停車場線、秋田県道298号道村大川線、秋田県道304号払戸琴川線

【道の駅】
道の駅おが

【著名な出身人物】
天野芳太郎(実業家)、粟津號(俳優)、伊藤サチコ(シンガーソングライター)、大浪妙博(元力士)、伊藤ももこ(女優)、落合博満(元プロ野球選手)、小松直之(イラストレータ)、佐野正文(ラグビー選手)、薄田美朝(衆議院議員)、武田哲哉(アナウンサー)、中村和雄(バスケットボール指導者)、夏井昇吉(柔道家)、吉田義人(ラグビー選手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

秋田県男鹿市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【秋田県男鹿市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]