『秋田県湯沢市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  秋田県
【市町村】  湯沢市
【面積】  790.91km2
【人口】  42,704人(2020年1月1日)
【人口密度】  54人/km2
【市役所】  秋田県湯沢市佐竹町1番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

秋田県南部に位置する市。

古くから秋田(羽後国)の南の玄関口として発展してきた。

小野小町生誕の地を自称している。

市の南部を山地が占め、南西は大黒森山、南東は高松岳までを市域とする。

南東の高松岳から流れる高松川が南から流れる雄物川と合流し、東鳥海山と檜山の間を北上し横手盆地に抜ける。

東から流れる皆瀬川が雄物川に合流する周辺が市の北限となる。

市街地は横手盆地の南に位置し、雄物川の東の山の手、鉦打沢川(かねうちさわかわ)の扇状地に広がり、雄物川に沿うように北上してきた鉄道、道路網が接続する。

市全体が特別豪雪地帯であり、豪雪地帯として知られる秋田県の中でも雪が厳しい部類に入る。

1954年に湯沢町が岩崎町・山田村・三関村・弁天村・幡野村と合併し、「湯沢市」に。

秋ノ宮温泉郷泥湯温泉など各地に点在する温泉地や、犬っこまつり、小町まつり、七夕絵どうろうまつりなど季節ごとの様々なまつりなど、豊富な観光資源を抱え、年間約120万人の観光客が訪れている。

現在はインバウンド対策としてGPS機能を利用した観光ナビゲーション『湯沢まちあるき』などを活用し、多言語に対応した情報発信もおこなっている。

[ryoko-2]

【山】  
大黒森山、高松岳

【河川】
高松川、雄物川、皆瀬川、鉦打沢川

【高等学校】
雄勝高等学校、湯沢高等学校、湯沢翔北高等学校

【中学校】
湯沢北中学校、山田中学校、湯沢南中学校、稲川中学校、雄勝中学校、皆瀬中学校

【小学校】
湯沢東小学校、湯沢西小学校、三関小学校、山田小学校、須川小学校、稲庭小学校、三梨小学校、川連小学校、駒形小学校、雄勝小学校、皆瀬小学校

【特別支援学校】
稲川支援学校

【JR東日本 奥羽本線】
院内駅 – 横堀駅 – 三関駅 – 上湯沢駅 – 湯沢駅 – 下湯沢駅

【道路】
国道13号、国道108号、国道344号、国道398号、秋田県道13号湯沢雄物川大曲線、秋田県道51号湯沢栗駒公園線、秋田県道・山形県道73号雄勝金山線、秋田県道108号川連増田平鹿線、秋田県道185号湯沢停車場線、秋田県道186号三関停車場線、秋田県道282号仁郷大湯線(栗駒道路)、秋田県道277号西松沢杉沢線、秋田県道278号雄勝湯沢線、秋田県道279号稲庭関口線、秋田県道307号稲庭高松線、秋田県道310号秋ノ宮小安温泉線、秋田県道311号羽後雄勝線、秋田県道323号小安温泉椿川線

【道の駅】
道の駅おがち

【祭事・催事・イベント】
灯幻峡冬物語 かだる雪まつり(2月)、犬っこまつり(2月)、小町まつり(6月)、七夕絵どうろうまつり(8月)

【温泉地】
秋ノ宮温泉郷、泥湯温泉、小安峡温泉、奥小安峡大湯温泉

【名所・旧跡・観光スポット】
湯沢城址、岩崎城址(千年公園)、稲庭城址、小町堂、院内銀山、秋田県湯沢市 おしら様の枝垂桜、ゆざわジオパーク、川原毛大湯滝、川原毛地獄、小安峡大噴湯

【名物・特産品】
稲庭うどん、秋田仏壇、川連漆器、三梨牛、日本酒、こけし、いぶりがっこ

【著名な出身人物】
照國万藏(元大相撲横綱)、清國勝雄(元大相撲大関)、小野小町(歌人)、豊島ミホ(小説家)、東海林良(作詞家)、筋野裕子(アナウンサー)、菅貫太郎(元俳優)、加藤富夫(小説家)、鈴木梢(アナウンサー)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

秋田県湯沢市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【秋田県湯沢市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]