『岩手県北上市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  岩手県
【市町村】  北上市
【面積】  437.55km2
【人口】  92,480人(2020年1月1日)
【人口密度】  211人/km2
【市役所】  岩手県北上市芳町1番1号

[ryoko-1]

概要

岩手県南西部に位置する市。

北上市は、人口約9万人超を擁しており、県内では盛岡市、奥州市、一関市、花巻市に次いで5番目に多い。

県南広域振興圏に位置し、双子都市である花巻市と共に北上都市圏(北上・花巻都市圏)を形成している。

江戸時代までの北上市域は、仙台藩と盛岡藩の藩境の地であった為に町は無く、開放的な土地柄であった。

そのため、昭和30年代までは、城下町を起源として古くから発展してきた水沢市(現・奥州市)と花巻市の間にある典型的な農業地域であった。

当時の農家は長男が家を継ぎ、次三男は職を求めて首都圏に流出していたため、次三男の流出を食い止め、定住人口を増加させるために、比較的早い時期から工業振興を町づくりに掲げて企業誘致に取り組み始めた。

東北自動車道・東北新幹線の整備に続き、秋田県横手盆地、そして秋田港へと繋がる秋田自動車道が開通すると、東北道と秋田道の結節点として、岩手・秋田2県にまたがる流通の重要拠点の地位を得た。

多様な流通選択肢が得られる立地により現在、180社以上もの企業を誘致し、東北有数の流通・工業集積地に成長した。

商業都市としての側面が強い県都・盛岡市とは対照的である。

人口が減少する市町村が多い中で、北上市は岩手県の中でも数少ない人口増加地域である。近年は、北上駅周辺に相次いでマンションやホテルが建設されており、都市景観も変貌した。

そのため、県内でも教育機関や学生が比較的に多く見受けられ、いわゆる学園都市としての姿もある。

旧・北上市は、昭和の大合併のときに新設された市で、「北上」の名称は北上川や北上盆地にちなむ。

現在の中心部を成す旧・黒沢尻町にちなみ、現在も黒沢尻と称することがある。

また、平成の大合併に先駆けて、1991年(平成3年)4月1日、旧・北上市、旧・和賀町、旧・江釣子村の1市1町1村で対等(新設)合併がなされ、新・北上市となった。

そのため、平成の大合併において北上市の事例は多くの市町村・合併協議会で手本とされ、比較検討の材料とされた。

県庁所在地の盛岡市へは約45km、仙台市へは約138km、秋田市へは約107km、東京には約490kmである。

地勢は、中央部に北上盆地が広がり、東部が北上山系の丘陵地、西部には奥羽山系の山々が連なる。

平野部の東端を南流する北上川と市の中央部を東流する和賀川が合流し、田園地帯を潤す。

東日本の太平洋側の気候区に属しているが、奥羽山系と北上山系に挟まれているため内陸性の気候の特性でもある。

明治時代の廃藩置県による盛岡県、江刺県、磐井県などの設置、廃止を経て岩手県の誕生した後、いくつかの合併や統廃合を経て、現在の北上市の前身である旧・北上市が誕生するのは昭和29年の事である。

現在の法人格としての「北上市」は、1991年(平成3年)の新設合併によって誕生したものである。

合併当時、北上市の人口は6万人程度に過ぎなかったが、和賀町(人口1万4,000)・江釣子村(人口9,000)との合併によって、当時県内では盛岡市に次ぐ人口規模となった。

この大合併の背景には、秋田自動車道の開通(1991年)がある。

東北自動車道とのJCT(結節点)に位置する当地域では、交通の要衝としてのメリットを生かして「内陸部の中核都市」を形成しようという機運がにわかに高まり、合併に至った。

これに際して、住民説明会を延べ123回にわたって開催するなど、住民の盛り上がりによる自主的合併を心がけたとされる。

この合併は、その後起こる平成の大合併に先立って行われた大規模な合併であったため、その後の大合併で、全国の多くの市町村がモデルケースと仰ぎ、注目を浴びた。

工業団地が多く、組み立て加工を中心に第二次産業が多い。

製造品出荷額は約3,722億円で、岩手県内では隣接する金ケ崎町に次いで第2位(2015年・工業統計調査速報)である。

近年は、金ケ崎町にあるトヨタ自動車東日本岩手工場の増産に伴い、関連する自動車産業が活性化する兆しが見えている。

また、東芝子会社の東芝メモリ(現在のキオクシア)がNAND型フラッシュメモリの新工場を建設し、北上市の産業は自動車産業と半導体産業が大きな柱となっていくことが鮮明となった。

北上市域は古くから交通の要衝として栄えてきた地域である。

現在市内を東北本線、国道4号が南北に貫き、北上線、国道107号が東西に走っている。

さらに東北新幹線(1982年開業)、東北自動車道(1977年開通)や秋田自動車道(1997年開通)など高速交通体系が整備され、首都圏と2時間30分、日本海とは1時間30分で結ばれるなど「東北の十字路」である。

北上・みちのく芸能まつりでは北上を代表する伝統芸能「鬼剣舞」のほか、鹿踊り、神楽などの東北各地の伝統芸能を一挙に披露する。

まつりの最終日には北上川河畔で花火大会が行われる。

音楽と花火を融合したシンクロ花火が特徴で、東北有数規模の花火大会でもある。

[ryoko-2]

【名産・名物】  
二子芋、鬼剣舞、喜久盛、鬼剣舞、北上牛、北上コロッケ

【専修学校】
専修大学北上福祉教育専門学校、北上服飾専門学院

【高等学校】
黒沢尻北高等学校、北上翔南高等学校、黒沢尻工業高等学校、専修大学北上高等学校、鹿島学園高等学校北上キャンパス

【中学校】
南中学校、北上中学校、飯豊中学校、北上北中学校、上野中学校、東陵中学校、和賀西中学校、和賀東中学校、江釣子中学校

【小学校】
南小学校、黒沢尻東小学校、黒沢尻西小学校、立花小学校、黒岩小学校、飯豊小学校、二子小学校、更木小学校、口内小学校、照岡小学校、黒沢尻北小学校、鬼柳小学校、いわさき小学校、笠松小学校、和賀東小学校、和賀西小学校、江釣子小学校

【JR東日本 東北本線】
北上駅 – 村崎野駅

【JR東日本 北上線】
北上駅 – 柳原駅 – 江釣子駅 – 藤根駅 – 立川目駅 – 横川目駅 – 岩沢駅 – 和賀仙人駅

【道路】
国道4号、国道107号、国道456号、岩手県道13号盛岡和賀線、岩手県道14号一関北上線、岩手県道28号花巻北上線、岩手県道37号花巻平泉線、岩手県道39号北上東和線、岩手県道47号北上西インター線、岩手県道50号北上金ケ崎インター線、岩手県道103号花巻和賀線、岩手県道112号北上停車場線、岩手県道122号夏油温泉江釣子線、岩手県道148号和賀仙人停車場線、岩手県道151号村崎野停車場線、岩手県道154号江釣子停車場線、岩手県道159号久田笹長根線、岩手県道192号後藤野野中線、岩手県道225号北上和賀線、岩手県道245号南笹間黒沢尻線、岩手県道252号清水野村崎野線、岩手県道254号相去飯豊線、岩手県道287号口内伊手線、岩手県道302号前沢北上線

【名所・旧跡・観光スポット】
北上市立公園、みちのく民俗村、旧菅野家住宅、南部領伊達領境塚、北上市立博物館、サトウハチロー記念館、利根山光人記念美術館、日本現代詩歌文学館、二子城(飛勢城公園)、極楽寺、鬼の館、あづま海道(清衡古道)、秀衡街道(奥州山道)、珊瑚橋 – ゲルバー式吊橋、夏油温泉、夏油高原スキー場、入畑ダム、ウバスギ(仙人スギ)、 和賀仙人(姥スギ)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

岩手県北上市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【岩手県北上市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]