『沖縄県那覇市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  沖縄県
【市町村】  那覇市
【面積】  39.98km2
【人口】  317,887人(2020年1月1日)
【人口密度】  7,951人/km2
【市役所】  沖縄県那覇市泉崎一丁目1番1号

YouTube responded with an error: Project blocked; abuse detected.

[ryoko-1]

概要

沖縄県の沖縄本島南部に位置する市で、同県の県庁所在地及び最大の都市である。

中核市、中枢中核都市。

沖縄県の政治・経済・文化の中心であり、また国際空港である那覇空港や、県外や周辺離島とを結ぶ那覇港を擁することから沖縄県の玄関口としての役割も担っている。

都道府県庁所在地では、唯一JR線が通らない。

面積は日本の全都道府県庁所在都市の中で最も小さく、人口密度は首都圏と近畿圏を除いた地域としては全国で最も高い。

また、那覇空港が市域面積の8%以上を占め、そのなかには自衛隊を含む。

この他在日米軍の施設や那覇港の民間用途の施設の分も考慮に入れると、実際の都市活動に使用できる面積は限られる。

さらに、那覇空港の制限表面により、市街地の多くは超高層ビルや超高層マンションを建てることが出来ない。

最近では、おもろまちを中心とする那覇新都心をはじめとした航空規制の影響がない北部エリアや、再開発事業の一環として旧市街地の牧志・安里地区などに超高層ビルが建ち始めている。

都市化に伴って周辺自治体のベッドタウン化が進み、那覇市を中心市とする那覇都市圏の人口は約78万人(都市雇用圏 – 2005年)となっている。

なお、地方での人口減少が深刻な問題になっている今日においても那覇市及び那覇市の周辺自治体では人口増加が著しく、2015年12月現在の都市雇用圏人口は約86.1万人。

さらに那覇市を中心とした沖縄本島中南部圏の人口は面積約482km2(政令指定都市の北九州市とほぼ同じ)に対し人口は約120.4万人(推計人口2015年12月1日現在。広島市とほぼ同じ)を超え、国内でも有数の人口集中地区である。

市の中心部は国場川(漫湖)、及び安里川に囲まれた平地地帯に広がり、那覇市、及び沖縄県の主要施設の多くがそこに立地している。

近年では1987年に米軍の牧港住宅地区が全面返還されたことにより、那覇新都心として開発が進み、中心地に置かれていた企業本社などの一部が移転しており、新たな中心部となっている。

また、中心部周囲の丘陵地はほぼ全て市街化(主に住宅地)され、元々の地形の高低から立体的な都市景観を見せる。

一時は琉球王国時代の首都でもあった首里地区は海抜100m程度の高台の上に位置し、場所によっては那覇市全域を見渡すことも可能である。

観光面では、市の中心部の国際通り、市東部の高台にある首里地区の首里城(琉球王国の王府。2000年12月に世界遺産・琉球王国のグスク及び関連遺産群として登録)が中心であったが、近年、在日米軍住宅地の跡地が那覇新都心として開発が進んでおり、2004年12月に世界最大規模で国内では唯一の空港外大型免税店であるDFSギャラリア・沖縄がオープンした。

東シナ海に面しているが、那覇空港や那覇港などの施設が海岸線のほとんどを占めているため、海水浴場は1991年に供用開始された波の上ビーチ(人工海浜)のみとなっている。

名産品として壺屋焼や泡盛などがある。

2006年に中核市指定要件の1つである面積要件が撤廃された事を受け、本市は中核市移行を目指していた。

そして2012年10月19日に行われた閣議により、那覇市を中核市へ指定する政令を決定したのち、2013年4月1日をもって全国で42番目の中核市に移行した。

沖縄本島南部の西海岸に位置し、東シナ海に面している。

市中央部がほぼ平坦で、周辺部に小高い丘陵地帯が取り巻くように展開し、市内を東から西に国場川や安里川が流れ、東シナ海に注いでいる。

豊見城市との市境にある漫湖はラムサール条約に登録されている。

平均気温が約23度、年間降水量は2000mm以上と高温多湿な亜熱帯性の気候(ケッペンの気候区分では、温暖湿潤気候(Cfa))を示す。

那覇は国場川河口の港で、安里川河口の泊(とまり、現在は那覇市の一部)の港とともに、古くから琉球王国の首都・首里の貿易港として、東アジアや東南アジア一帯の中継貿易拠点として栄えてきた。

近代以後も沖縄県の物資集積地、商業都市として繁栄し、海が埋め立てられ那覇は完全に地続きとなった。

だが、1944年10月10日の十・十空襲と、1945年4月から始まる沖縄戦により市街地は完全に破壊された。

観光業が盛んである故、全事業所数に対する第三次産業の事業所数の割合は約93.3%と非常に高く、農業・漁業などの第一次産業は著しく少ない。

また業種別では小売業(26.3%)、飲食・宿泊業(20.7%)、不動産業(11.9%)とサービス業が目立つ。

また、市内に那覇空港があることから、ビジネス客や観光客の多くが那覇を訪れている。

中心市街地の国際通りは、従来は地元の人を対象として店が多かったが、観光客の増加により観光客相手の土産品店が増え、現在では常時観光客で賑わいを見せている。

中心市街地では、戦後スプロール現象によって十分な都市基盤整備がされないまま無秩序な市街化が進んだ為、ほとんどの道路が幅員12m以下であり、慢性的な交通渋滞を起こしている。

特に、国際通りやその他幹線道路の機能を補完する道路がほとんど無く、あるいは幅員が狭い区間が多い為、国際通りやその他幹線街路に余計に負担が掛かっている。

これらの渋滞を解決すべく沖縄都市モノレール線ゆいレールが開設された。

また、中心市街地における駐車場の小規模さも課題の一つであり、改善が急がれている。

なお、沖縄県における県外交通の要所であり、国内でも有数の国際空港である那覇空港と、県内外への航路が集中している那覇港がある。

沖縄都市モノレール線が通るのは那覇市内のみであり、那覇市内のモノレールの通っていない場所や、那覇市内と本島内の那覇市外への公共交通機関としてはモノレール開業後もバスが利用されている。

特に中心市街地に於けるバス交通量は非常に多い。

1997年の交通センサスによると国際通り周辺は1日1,500 – 1,600台のバスが通過しており、交通渋滞の一因ともなっている。

路線バスは全て民間企業により運行されており、主に琉球バス交通・沖縄バス・那覇バス・東陽バスの4社が運行する。

大正時代は沖縄県営鉄道の与那原線、嘉手納線、糸満線と沖縄電気の路面電車が市内を走り、糸満馬車軌道も市内に乗り入れていたが、昭和に入ると沖縄電気の路面電車と糸満馬車軌道がバスとの競争に敗れて廃止され、残った沖縄県営鉄道も第二次世界大戦末期に運用を停止。

その後の沖縄戦で破壊されてしまい、戦後もアメリカ軍統治下の沖縄で再び敷設されることはなかったが、2003年(平成15年)8月10日に、戦後初の営業用鉄道である沖縄都市モノレール線(ゆいレール)が開業し、沖縄に再び軌道交通が復活した。

普通鉄道の路線は無い那覇市及び沖縄県であるが、ゆいレールは渋滞解消の切り札として注目されている。ゆいレールは2019年(令和元年)10月1日に浦添市のてだこ浦西駅まで延伸され、那覇市には石嶺駅が開業した。

普通鉄道の路線が通らない市としては最も人口が多い。

都道府県庁所在地の中では、唯一JR線が通っていない。

[ryoko-2]

【大学・短期大学】  
沖縄県立看護大学、沖縄県立芸術大学、沖縄大学、沖縄女子短期大学

【高等学校】
首里高等学校、那覇高等学校、小禄高等学校、真和志高等学校、首里東高等学校、那覇西高等学校、泊高等学校、那覇国際高等学校、沖縄工業高等学校、那覇商業高等学校、沖縄尚学高等学校、興南高等学校、クラーク記念国際高等学校 沖縄キャンパス、ヒューマンキャンパス高等学校 那覇学習センター、未来高等学校 沖縄学習センター、沖縄女子短期大学附属高等学校

【中学校】
安岡中学校、首里中学校、真和志中学校、石田中学校、那覇中学校、上山中学校、神原中学校、寄宮中学校、古蔵中学校、小禄中学校、松島中学校、城北中学校、鏡原中学校、松城中学校、仲井真中学校、金城中学校、石嶺中学校、沖縄尚学高等学校附属中学校、興南中学校

【小学校】
安謝小学校、城東小学校、城北小学校、城西小学校、城南小学校、真嘉比小学校、泊小学校、大道小学校、松川小学校、識名小学校、壺屋小学校、若狭小学校、那覇小学校、久茂地小学校、前島小学校、神原小学校、真和志小学校、与儀小学校、城岳小学校、天妃小学校、開南小学校、垣花小学校、小禄小学校、高良小学校、宇栄原小学校、松島小学校、古蔵小学校、上間小学校、大名小学校、石嶺小学校、仲井真小学校、金城小学校、曙小学校、小禄南小学校、真地小学校、さつき小学校、銘苅小学校

【沖縄都市モノレール モノレール線】
那覇空港駅 – 赤嶺駅 – 小禄駅 – 奥武山公園駅 – 壺川駅 – 旭橋駅 – 県庁前駅 – 美栄橋駅 – 牧志駅 – 安里駅 – おもろまち駅 – 古島駅 – 市立病院前 – 儀保駅 – 首里駅 – 石嶺駅 – 経塚駅 – 浦添前田駅 – てだこ浦西駅

【道路】
国道58号、沖縄西海岸道路(那覇西道路)、那覇西道路、国道329号、那覇東バイパス、南風原バイパス、国道330号、国道331号、小禄バイパス、国道332号、国道390号、那覇空港自動車道、国道507号、津嘉山バイパス、沖縄県道82号那覇糸満線、沖縄県道7号奥武山米須線、沖縄県道29号那覇北中城線、那覇インターアクセス道路、沖縄県道11号線、沖縄県道28号線、沖縄県道39号線(国際通り)、沖縄県道42号線、沖縄県道43号線、沖縄県道46号線、沖縄県道47号線、沖縄県道49号線、沖縄県道50号線、沖縄県道62号線、沖縄県道153号線、沖縄県道155号線、沖縄県道221号那覇内環状線、沖縄県道222号真地久茂地線、沖縄県道231号那覇空港線、沖縄県道241号宜野湾南風原線、沖縄県道251号那覇宜野湾線

【空港】
那覇空港

【名所・旧跡・観光スポット】
首里城、識名園、玉陵、園比屋武御嶽、首里金城町石畳道、国際通り、平和通り、那覇市歴史資料室、波上宮、円覚寺、沖縄県護国神社、沖宮、崇元寺、至聖廟、末吉宮

【祭事・催事・イベント】
那覇ハーリー(5月)、那覇まつり、沖縄の産業まつり(10月)

【著名な出身人物】
安室奈美恵(歌手)、伊藤理々杏(歌手、乃木坂46)、宮里莉羅(歌手、AKB48)、Reina(歌手、MAX)、Mina(歌手、MAX)、Lina(歌手、MAX)、今井絵理子(歌手、SPEED)、上原彰兼(ロードオブメジャー)、OLIVIA(歌手)、Cocco(歌手)、沢村美司子(歌手)、YASU(歌手、D-51)、ユウスケ(歌手、HIGH and MIGHTY COLOR)、MEG(歌手、HIGH and MIGHTY COLOR)、カズト(歌手、HIGH and MIGHTY COLOR)、新城弘明(THE GRANDWAZOO)、高良結香(歌手)、知念里奈(歌手)、前田達也(歌手)、永山尚太(歌手)、YUKINARI(歌手、DA PUMP)、宮平照美(歌手、ji ma ma)、NATSU(歌手、元Folder5)、AIMI(歌手、ステレオポニー)、しおり(歌手)、manami(歌手)、CHICO CARLITO(ラッパー)、92 (歌手、GReeeeN)、新垣結衣(俳優)、川平慈英(俳優)、ガレッジセール(芸人)、国仲涼子(俳優)、ジョン・カビラ(タレント)、金城功(俳優)、赤嶺寿乃(俳優)、二階堂ふみ(俳優)、スリムクラブ(芸人)、しゃもじ(芸人)、松島よう子(モデル)、平良とみ(俳優)、知花くらら(モデル)、津嘉山正種(俳優)、早坂好恵(タレント)、肥後克広(芸人、ダチョウ倶楽部)、岸本祐二(俳優)、小田エリカ(俳優)、キャン×キャン(芸人)、セブンbyセブン(芸人)、安座間美優(モデル)、赤嶺梨奈(モデル)、仲嶺奈里子(タレント)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

沖縄県那覇市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【沖縄県那覇市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]