『宮崎県延岡市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  宮崎県
【市町村】  延岡市
【面積】  868.02km2
【人口】  119,309人(2019年10月1日)
【人口密度】  137人/km2
【市役所】  宮崎県延岡市東本小路2番地1

YouTube responded with an error: Project blocked; abuse detected.

[ryoko-1]

概要

宮崎県北部に位置する市である。

中心地域は宮崎県北部の中心都市としての性格を有する。

戦前より宮崎県内屈指の工業都市で、旧北方町、旧北浦町、旧北川町との2007年の合併前の延岡市地域は旭化成の創業地工場群があるいわゆる企業城下町である。

東は日向灘に面し、その他は山に囲まれている。

五ヶ瀬川・大瀬川・祝子川・北川・沖田川・浜川など多くの河川が市内を流れ、豊かな水郷としての性格を持つ。

延岡市東側の海岸は日豊海岸国定公園に、北西部は祖母傾国定公園に指定されている。

1923年に野口遵が日本窒素肥料(現チッソ)の工場を建設したのを機に、延岡は県内屈指の工業都市として発展する。

昭和8年(1933年)にかけての延岡町・恒富村・岡富村の合併・市制施行は延岡進出の条件であり、日豊本線も進出に伴って開通した。

1930年代末までに日窒系の工場が次々と建設され、大正11年(1922年)に2万3千人ほどであった人口は、昭和14年(1939年)には9万1千人を数え、宮崎県内最大の人口を有する都市となった。

近年は東九州自動車道が延伸し、近隣の日向市や佐伯市を始め、宮崎市や大分市・北九州市等といった東九州の主要都市と接続されたことで、各都市との連携を深める動きが強まっている。

また陸上交通の利便性が向上したことから、クレアパーク延岡やリサーチパーク向陽台といった各工業団地への企業立地が進んでいる。

1962年に日向市や門川町とともに新産業都市に指定されていたことで、両市町との結びつきは深い。

2006年の合併前の延岡市地域(とりわけ旧恒富村、岡富村)は旭化成の発祥の地であり、現在も同社グループの工場を中心とした企業城下町である。

また市内の多くの企業が同社となんらかの関係をもって成り立っている。

バスの行き先なども「レーヨン」、「雷管」、「ベンベルグ」となっており、まるで会社敷地内の乗り物のごとく、行き先や停留所名にそのまま製品名が付いている。

長年にわたり延岡駅周辺の大型店舗(アヅマヤ百貨店・ダイエー・寿屋)や周辺の商店街が商業の中心として機能していたが、モータリゼーションの進行に伴いその主役を国道10号延岡バイパスなど、郊外のロードサイド店舗に譲りつつある。

郊外化による影響や企業自体の不振から、中心部の大型店舗は2002年までにすべて閉店し、空洞化が進行した。

延岡市はこの対策として中心市街地活性化基本計画を策定。

2007年3月にはその中核施設となるココレッタ延岡が開業し、山下新天街アーケードも建て替えられた。

市内を南北に九州旅客鉄道(JR九州)日豊本線が通る。

延岡駅、南延岡駅に特急が停車する。宮崎空港とも直結しており、特急「にちりん」「ひゅうが」利用でおよそ70分で到達する。大分駅まではおよそ2時間。延岡駅以北の普通列車は1日1.5往復のみである。

かつては延岡駅から高千穂線が分岐していたが、2005年9月の台風14号被害により休止した末、2007年に廃止された。

かつて、延岡市を含む県北地域の高速道路網は整備途上で「陸の孤島」と揶揄される地域であった。

東九州自動車道については、将来的に同路線を構成する延岡道路・延岡南道路(高規格幹線道路)が全区間暫定2車線で開通済みであり、2014年3月16日に日向IC-都農IC間が開通したことにより、県都の宮崎市まで高速道路で結ばれた。

また、2015年3月21日の佐伯IC-蒲江IC間開通により大分市とも高速道路で直結し、2016年4月24日には北九州市とも直結した。

これにより、宮崎市までは約1時間25分、大分市までは約1時間30分、北九州市までは約3時間程度で到達することが可能となった。

九州中央自動車道については、将来的に同路線を構成する北方延岡道路(高規格幹線道路)が全線暫定2車線で開通済みである。

北方延岡道路の整備によって、延岡市街から高千穂町までの所要時間が約46分となり、全線未整備時と比べて22分短縮された。

また、高千穂町 – 日之影町間では高千穂日之影道路の整備が進められており、更なる時短効果が期待されている。

東九州の大動脈である国道10号が南北を通る。

宮崎市や大分市まではおよそ2時間で到達する。

市街地から国道218号が高千穂・熊本方面へ分岐し、北方町地域を通過する。

市街地北部の大門町からは国道388号が分岐し北浦町地域を通過し、蒲江・佐伯方面に至る。

国道326号は北川町地域から分岐し犬飼・大分方面に至る。

同路線は1990年代に抜本的に改良がなされ、現在では実質的に国道10号のバイパスとして機能している。

[ryoko-2]

【山】  
行縢山(830m)、鏡山、大崩山、可愛岳、愛宕山

【河川】
五ヶ瀬川、大瀬川、祝子川、北川、沖田川、浜川

【特産品】
アユ、メヒカリ、北川牛、発泡スチロール

【大学・短期大学】
九州保健福祉大学、聖心ウルスラ学園短期大学

【高等学校】
延岡高等学校、延岡星雲高等学校、延岡青朋高等学校、延岡工業高等学校、延岡商業高等学校、聖心ウルスラ学園高等学校、延岡学園高等学校

【中学校】
旭中学校、岡富中学校、島野浦中学校、恒富中学校、東海中学校、土々呂中学校、西階中学校、延岡中学校、南中学校、南浦中学校、北浦中学校、北川中学校、聖心ウルスラ学園聡明中学校、尚学館中学校

【小学校】
旭小学校、伊形小学校、浦城小学校、岡富小学校、川島小学校、熊野江小学校、島野浦小学校、恒富小学校、東海東小学校、東海小学校、土々呂小学校、西小学校、延岡小学校、東小学校、一ヶ岡小学校、方財小学校、緑ヶ丘小学校、港小学校、南小学校、南方小学校、名水小学校、北浦小学校、北川小学校、尚学館小学校

【JR九州 日豊本線】
市棚駅 – 北川駅 – 日向長井駅 – 北延岡駅 – 延岡駅 – 南延岡駅 – 旭ヶ丘駅 – 土々呂駅

【道路】
国道10号、国道218号、国道388号、国道326号、宮崎県道16号稲葉崎平原線、宮崎県道20号北方北郷線、宮崎県道43号北川北浦線、宮崎県道49号北方土々呂線、宮崎県道・大分県道122号古江丸市尾線、宮崎県道207号岩戸延岡線、宮崎県道212号浦城東海線、宮崎県道214号上祝子綱の瀬線、宮崎県道215号板上曽木線、宮崎県道217号早日渡停車場線、宮崎県道219号日向長井停車場線、宮崎県道220号延岡停車場線、宮崎県道222号南延岡停車場線、宮崎県道223号延岡港線、宮崎県道224号遠見半島線、宮崎県道225号八重原延岡線、宮崎県道226号土々呂日向線、宮崎県道235号樫原細見線、宮崎県道237号北方高千穂線、宮崎県道241号延岡インター線、宮崎県道242号北方インター線、宮崎県道243号須美江インター線

【道の駅】
北川はゆま、北浦、北方よっちみろ屋

【名所・旧跡・観光スポット】
今山大師、今山八幡宮、延岡城跡(城山公園)、岩熊井堰、南方古墳群、和田越古戦場、行縢山・行縢の滝、愛宕山、祝子川渓谷、ホタルの館・川舟の館、森谷観音滝、香花谷観音滝、黒内滝、大崩山、島浦島、南北浦海岸(日豊海岸国定公園)

【祭事・催事・イベント】
今山十日えびす(2月)、延岡大師祭、城山鐘祭り(6月)、熊野神社の歳頂火(1月)、延岡城址天下一薪能、五ヶ瀬川の秋の鮎梁、まつり延岡(7月)、延岡西日本マラソン(2月)、ゴールデンゲームズinのべおか(5月)、五ヶ瀬川イカダ下り、東九州バスク化構想

【伝統芸能】
ばんば踊り、伊形花笠踊り、延岡神楽、川坂神楽

【工芸品工芸品】
のぼりざる、紅渓石硯、五月幟、祝子焼

【特産品】
鮎、子持ち鮎めし、ちりめん、めひかり、いせえび、チキン南蛮、しいたけ、空飛ぶ新玉ネギ、あっぱれ銀太郎、ばんば漬け、やぶれまんじゅう、ひでじビール、千徳、佐藤焼酎

【著名な出身人物】
天野里咲(アイドル・タレント)、犬神千代吉(元電撃ネットワーク)、INO hidefumi(ミュージシャン)、植田将崇(放送作家)、金子裕則(シンガーソングライター)、木村つづく(ローカルタレント)、酒井瞳(マルチタレント、元アイドリング!!!)、s@ko(ローカルタレント)、谷克二(作家)、中尾諭介(In the Soupのボーカル・ギター)、NOISY(ミュージシャン、DUSTAR-3)、本田誠人(俳優)、馬原美穂(シンガーソングライター)、石谷春貴 (声優)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

宮崎県延岡市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【宮崎県延岡市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]