『大分県大分市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  大分県
【市町村】  大分市
【面積】  502.38km2
【人口】  477,701人(2019年10月1日)
【人口密度】  951人/km2
【市役所】  大分県大分市荷揚町2番31号

YouTube responded with an error: Project blocked; abuse detected.

[ryoko-1]

概要

九州東部にある大分県の中部に位置する市である。

大分県の県庁所在地で、1997年4月1日に中核市に指定された。

人口では、大分県内及び東九州(大分県及び宮崎県)で最大、九州では福岡市、北九州市、熊本市、鹿児島市に次ぐ第5位の都市である。

大分県の沿海部のほぼ中央に位置し、大分県の行政・経済・交通の中心地で、人口約74万人の大分都市圏の中心地でもある。

県内の総人口の42%が集中する首位都市であり、これは九州地方の県庁所在地の中では、熊本市(42.3%)に次いで高い。

人口が微増していた本市も、2017年度には1981年の統計開始以来、初めて減少に転じたが、減少率は県内の市町村の中では最も少ない。

現在の市域は、かつて大分郡及び北海部郡(明治初期までは海部郡)に属していた。

古くは豊後国の国府が置かれ、府内(ふない)と呼ばれた。

中世には大友氏の城下町として発展し、戦国時代にはキリシタン大名大友義鎮(宗麟)の庇護のもと、日本におけるキリスト教布教の中心地となり、南蛮文化が花開いた。

高度経済成長期に、鉄鋼業、化学工業などの重化学工業の進出に伴い工業都市として急成長し、近年では電子工業の立地が進んでいる。

瀬戸内海の別府湾に面し、東部には南から大野川が、西部には西から大分川が流れ、瀬戸内海に注いでいる。

大分川及び大野川が形成した三角州及び沖積平野からなる大分平野と、その周りの丘陵とを抱え、中心市街は、大分川の河口西側に位置する。

別府市との境界付近にあってニホンザルで知られる高崎山地区、及び、豊予海峡に浮かぶ高島地区は、瀬戸内海国立公園に指定されている。

森林セラピー基地認定地域。

高速道路の大分自動車道及び東九州自動車道が市域をほぼ東西に貫通し、一般国道の国道10号、国道210号等と接続している。

市内の郊外地域ではニュータウンやショッピングセンターなどの開発により、人口の増加が著しい。

鎌倉時代には大友氏が豊後国守護に任じられ、第3代当主大友頼泰(貞応元年(1222年) – 正安2年(1300年))の代に豊後国に下向して土着した。元弘3年(1333年)には豊後国の守護職に任ぜられている。

室町時代に入ると、第7代当主大友氏泰は、拠城をわずかに北にずらして大分川河口付近に館を構えた(現在の市の中心部の東側で、顕徳町等にあたる)。これが現在の大分市に連なる城下町のはじまりで、町の名を府内といった。

現在の大分市街地中心部に残る「府内町」という地名や「府内5番街」という商店街はこの名残である。

戦国時代の府内は、最盛期には九州の過半を手中に収めた第21代当主大友義鎮(宗麟)のもとで、日本で初めての西洋式の病院が開設されるなど、南蛮文化を受容し栄えた。

しかし、大友氏は島津氏等との抗争に敗れて衰退し、府内は1586年(天正14年)の島津家久の侵攻(豊薩合戦)によって炎上し壊滅したとされる。

近年、大分駅付近の連続立体交差事業および区画整理事業に伴い、大友氏館跡をはじめとする中世から戦国時代にかけての府内の遺跡が発掘され、2001年(平成13年)には大友氏館跡として国の史跡に指定されている。

全国の都市の中でも、大分市は高度経済成長期以降に急激に成長した都市のひとつである。

1950年代には大分市の人口は10万人弱で、宮崎市よりもわずかに少なく、九州(沖縄県を除く)では佐賀市に次いで2番目に小さな県庁所在地であった。

1960年代(昭和35年頃)からの高度経済成長期に入ると、工業化による地域振興を図り大分地域の発展計画のために新産業都市指定を目指した。

人口要件を満たすために1963年(昭和38年)に鶴崎市や大南町などとの大合併(新設)に踏みきり、1964年(昭和39年)1月に新産業都市に指定されると、沿岸部に新日鉄などの大工場が進出した。

それまでの鄙びた小都市から九州を代表する工業都市へと急速に開発が進み、大分市は「新産都の優等生」と呼ばれた。

新産業都市としての発展にともない、1970年代には長崎屋、ダイエー、ニチイ、ジャスコ、西友など関東・関西資本の大型スーパーが大分駅前に多数進出し、地場百貨店のトキハなどとともに九州では珍しい首都圏の郊外都市のような駅前型の繁華街が形成された。

しかし、その後、商業のドーナツ化が進み郊外ではショッピングモールが開発された一方、2009年までに中心部の大型スーパーはすべてが業態転換または撤退。

中心部では、大分駅の高架化に伴い2015年(平成27年)春にアミュプラザおおいたが開業している。

1997年(平成9年)4月1日には中核市に指定されている。

平成の大合併では、2005年(平成17年)1月1日、佐賀関町及び野津原町が大分市に編入された。

1964年(昭和39年)に新産業都市の指定を受け、鉄鋼、化学、石油等基礎素材産業が進出したことにより、大分臨海工業地帯を中核に工業都市へと発展した。

近年では、集積回路等の加工組立産業が進出するとともに、物流団地の整備、地域輸入促進計画のもと大分港大在コンテナターミナルが設置され、物流の拠点としても成長を続けている。

メガソーラーの進出が進んでおり、2014年(平成26年)4月末時点の太陽光発電の発電容量(10kW以上の太陽光発電設備の合計)は130,288kWで、全国の市町村で1位となっている。

大分駅北側には、九州では珍しい駅前型の繁華街が広がっており、大型店のほか、アーケード商店街のセントポルタ中央町及びガレリア竹町が位置している。

近年、中心部の大型小売店舗が閉鎖する一方、郊外でショッピングモールが開発されている。

1900年から1972年まで、別府市との間に市電(路面電車)大分交通別大線(旧豊州電気鉄道)が運行していた。

当路線は九州地方では初の路面電車である。

[ryoko-2]

【大学・短期大学】  
大分大学 旦野原キャンパス、大分大学 王子キャンパス、大分県立看護科学大学、日本文理大学、別府大学大分キャンパス、大分県立芸術文化短期大学、大分短期大学、別府大学短期大学部

【高等学校】
大分上野丘高等学校、大分雄城台高等学校、大分工業高等学校、大分商業高等学校、大分中央高等学校、大分鶴崎高等学校、大分西高等学校、大分東高等学校、大分豊府高等学校、大分舞鶴高等学校、大分南高等学校、芸術緑丘高等学校、情報科学高等学校、爽風館高等学校、鶴崎工業高等学校、岩田高等学校、大分高等学校、大分東明高等学校、大分国際情報高等学校、楊志館高等学校、福徳学院高等学校、府内高等学校、クラーク記念国際高等学校大分キャンパス、精華学園高等学校大分学習センター

【中学校】
大分大学教育福祉科学部附属中学校、大分豊府中学校、明野中学校、上野ヶ丘中学校、大分西中学校、大在中学校、王子中学校、賀来小中学校、神崎中学校、坂ノ市中学校、稙田東中学校、稙田南中学校、佐賀関中学校、城東中学校、城南中学校、碩田学園、滝尾中学校、竹中中学校、大東中学校、鶴崎中学校、東陽中学校、野津原中学校、原川中学校、判田中学校、戸次中学校、南大分中学校、吉野中学校、稙田中学校、稙田西中学校、岩田中学校、大分中学校、向陽中学校

【小学校】
大分大学教育福祉科学部附属小学校、明野北小学校、明野西小学校、明野東小学校、荏隈小学校、大在小学校、大在西小学校、大志生木小学校、大道小学校、鴛野小学校、賀来小中学校、春日町小学校、金池小学校、上戸次小学校、川添小学校、木佐上小学校、神崎小学校、こうざき小学校、小佐井小学校、坂ノ市小学校、佐賀関小学校、敷戸小学校、下郡小学校、城南小学校、碩田学園、寒田小学校、高田小学校、滝尾小学校、竹中小学校、田尻小学校、津留小学校、鶴崎小学校、長浜小学校、丹生小学校、西の台小学校、野津原小学校、判田小学校、日岡小学校、東大分小学校、東稙田小学校、戸次小学校、別保小学校、豊府小学校、舞鶴小学校、松岡小学校、三佐小学校、南大分小学校、宗方小学校、明治小学校、明治北小学校、桃園小学校、森岡小学校、八幡小学校、横瀬小学校、横瀬西小学校、吉野小学校、稙田小学校

【特別支援学校】
大分大学教育福祉科学部附属特別支援学校、大分支援学校、新生支援学校、大分県立盲学校、大分県立聾学校

【歴史施設】
大分市歴史資料館、亀塚古墳公園海部古墳資料館、大友氏遺跡体験学習館、大分県立埋蔵文化財センター

【JR九州 日豊本線】
西大分駅 – 大分駅 – 牧駅 – 高城駅 – 鶴崎駅 – 大在駅 – 坂ノ市駅 – 幸崎駅

【JR九州 豊肥本線】
大分駅 – 滝尾駅 – 敷戸駅 – 大分大学前駅 – 中判田駅 – 竹中駅

【JR九州 久大本線】
大分駅 – 古国府駅 – 南大分駅 – 賀来駅 – 豊後国分駅

【道路】
国道10号、国道57号、国道197号、国道210号、国道217号、国道442号、大分県道21号大分臼杵線、大分県道22号大在大分港線、大分県道25号臼杵上戸次線、大分県道26号三重野津原線、大分県道38号坂ノ市中戸次線、大分県道41号大分大野線、大分県道56号中判田下郡線、大分県道205号臼杵坂ノ市線、大分県道207号大分挾間線、大分県道412号久住高原野津原線

【名所・旧跡・観光スポット】
高崎山、大友氏遺跡、豊後国分寺跡、大分元町石仏、高瀬石仏、亀塚古墳、築山古墳、千代丸古墳、古宮古墳、登録有形文化財、大分銀行赤レンガ館、大分県指定史跡、丑殿古墳、府内城跡、高崎山自然動物園、大分マリーンパレス水族館「うみたまご」、大深度地熱温泉

【祭事・催事・イベント】
大分七夕まつり、府内戦紙

【著名な出身人物】
立川清登(バリトン歌手)、錦野旦(歌手)、南こうせつ(フォークシンガー)、てっきん(ミュージシャン(ハスキング・ビー))、中西里菜(アイドル(元AKB48))、指原莉乃(アイドル(HKT48・前STU48・前AKB48))、小野晴香(アイドル(元SKE48、ソロアイドル))、矢方美紀(アイドル(元SKE48))、衛藤美彩(アイドル(元乃木坂46・元Chimo))、吉田綾乃クリスティー(アイドル(乃木坂46))、中清羅(アイドル(元乃木坂46・元Chimo))、宮崎理奈(アイドル(SUPER☆GiRLS))、中原未來(アイドル(元HRリーダー、ソロアイドル))、百瀬ひとみ(アイドル(アーマーガールズ))、福永莉奈(アイドル(青SHUN学園))、草野伸々子(アイドル・振付師(GALETTe*・元Chimo))、阿部真央(歌手)、Chimo(アイドルユニット)、SPATIO(アイドルユニット)、牧達弥弥(ミュージシャン(go!go!vanillas))、長谷川プリティ敬祐(ミュージシャン(go!go!vanillas))、油布賢一(音楽プロデューサー)、古手川祐子(女優)、渡辺典子(女優)、財前直見(女優)、深津絵里(女優)、三浦悠(俳優)、石丸謙二郎(俳優)、河野良祐(俳優)、乙羽映見(元宝塚歌劇団)、浅香あき恵(喜劇女優(吉本新喜劇))、小米良啓太(タレント(吉本新喜劇))、えとう窓口(お笑い芸人(Wエンジン))、佐藤哲夫(漫才師(パンクブーブー))、藤田紀子(タレント)、ユースケ・サンタマリア(タレント)、一宮里絵(元タレント)、さくらいゆり(元レースクイーン・タレント)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

大分県大分市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【大分県大分市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]