『長崎県佐世保市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  長崎県
【市町村】  佐世保市
【面積】  426.06km2
【人口】  246,950人(2019年10月1日)
【人口密度】  580人/km2
【市役所】  長崎県佐世保市八幡町1番10号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

長崎県北部地方にある市。

長崎県北部の中心都市で、長崎県では長崎市に次いで2番目、九州では9番目に多い人口を擁する。

県庁所在地ではない「非県都」としては比較的大きな規模を持つ都市であり、国から中核市及び保健所政令市の指定を受けている。

かつて旧海軍四軍港(横須賀・呉・佐世保・舞鶴)の一つとして鎮守府が置かれ、現代でも自衛隊や在日米軍の基地として伝統を受け継ぐ、造船および国防の町として知られる。

また、西海国立公園に指定されている九十九島や日本最大級のテーマパークであるハウステンボスに代表される観光都市でもある。

市制施行当時の市域は旧東彼杵郡佐世保村のみで、その後の合併により旧東彼杵郡の一部、旧北松浦郡の一部地域も市域に含む。

長崎市とは離れているため、経済圏は異なる。

かつて佐世保村として隣接する平戸市や松浦市の郊外地だったが、東郷平八郎を乗せた軍艦二隻が調査の為に佐世保を訪れた事から軍港都市としての歴史は幕開けした。

世界最大の軍艦だった弩級戦艦大和級二番艦武蔵が長崎三菱造船所から工事の為に一度だけ佐世保に寄港した事がある。

また、世界最大の軍艦に引き続き潜水艦も佐世保と関係していて、潜水空母伊401潜水艦は佐世保工廠にて製造された。

終戦してから佐世保は、海上自衛隊にとってもアメリカ海軍第7艦隊にとっても主要重要拠点軍港として発展してきた。

九州地方の北西端にして長崎県の北部、北松浦半島の付け根から同半島の中南部までの地域を主な市域とする。

位置的には長崎市の北北西約50km(陸路における最短距離は約60km)である。

市域西側・南西部・南部で海に面しており、市域東側では佐賀県と県境を接している。

また、2006年に五島列島北端の旧北松浦郡宇久町と合併したことにより、離島部にも市の範囲が広がっている。

長崎市ほどではないが、市域中央部の中心市街地まで山地が迫っているため、坂の多い町並みが特徴である。

市域中西部の相浦地区や南部の早岐地区にも市街地がある。

長崎市と同様に坂の多い土地柄のため、自転車の利用は少ない。

現在の市中心部は江戸時代までは一農漁村であったが、明治時代に入り海軍の鎮守府が設置され、それ以降は海上防衛の重要地域として発展していった。

戦後は旧軍港市転換法の適用を受け、新たな方向での街づくりが進められているがなお軍港としても重要な地位を占めており、軍民間の棲み分けが課題となっている。

直線では日本最長となる四ヶ町・三ヶ町アーケードは古くからある商店街では珍しく、現在でも市の中心地として栄えている。

平日祝日を問わず沢山の人で賑わっており、20万人都市の中でも「日本一元気な商店街」と評され全国から商店街組合が視察に訪れているほどである。

また、中心街をシャッター街化させないよう様々な取り組みを行っている地方都市としても知られており、商店街を含めた地域の活性化を図りYOSAKOIさせぼ祭りやきらきらフェスティバルを開催するなど、その動きは各所にみうけられる。

2001年に佐世保駅が高架駅として新しくなり、駅及び港(鯨瀬埠頭)周辺もフレスタSASEBOのような駅ビルやアルカスSASEBO(多目的ホール)ができるなど再開発が進んでいる。

また、三ヶ町は2007年(平成19年)より再開発が進められ、現在は再開発が終了しアーケードの周辺にはマンションが建っている。

佐世保市の観光産業の中枢であったハウステンボスはバブル崩壊による観光客の減少の影響を大きく受け、更に初期の設備投資が莫大であったために借金の完済が困難となり、2003年に会社更生法を申請せざるを得なかったが、その後、新たなコンセプトをもとに復活の兆しが見えている。

ほかに西海国立公園の九十九島、弓張岳なども重要な観光資源である。

なお、九十九島は「世界で最も美しい湾クラブ」(本部・フランス)に加盟認定(2018年4月20日)。

博多(福岡市)までの特急は「みどり」が毎時1本運行されている。

同列車は早岐にて「ハウステンボス」と連結する場合もある。

県庁所在地である長崎市へは、大村線経由の快速「シーサイドライナー」が運行されている(かつて2000年代前半に長崎との連絡特急「シーボルト」が運行されていたが、現在はこのシーサイドライナーに代わっている)。

かつては東京や関西とを結ぶ夜行列車として、1999年11月まで寝台特急「さくら」が、2000年3月まで寝台特急「あかつき」が、いずれも長崎編成に併結される形で運行されていたが、「あかつき」の佐世保編成廃止を最後に本州へ直通する定期列車は全廃され、2013年現在、佐世保市内に発着する列車はすべて九州内のみの運行となっている。

黒曜石産地でもあることから、小規模な旧石器時代の遺跡が多数発見されている。

特に重要視され、国や県レベルの重要な史跡として認知されているものに、世界最古の土器が出土した泉福寺洞窟、遺物による生活推定の探求を日本で初めて実施した岩下洞穴、細石器の製造法の編年基準となった福井洞窟が挙げられる。

鹿町地区には支石墓が集中する大野台支石墓群がある。

弥生時代 の史跡としては、相浦川の下流から河口域にかけての平野部において、国道バイパス工事や高速道路建設にともない、四反田遺跡と門前遺跡が相次いで発見されている。

また離島の高島では、原始時代の海上交易を物語る宮の本遺跡が発見されている。

古墳時代 の史跡としては、南部の宮地区・早岐地区・江上地区で、石棺に土盛を被せた小規模・質素な古墳が4箇所発見されている。

最大の鬼塚古墳でも直径15m程度である。

近くのテボ神古墳は、墳丘が破壊されて石棺が露出したもの。

三島山古墳は盗掘痕があるが、のちに多数の石棺が追加され、墓所の中心として機能した。

松ヶ崎古墳は発掘調査が行われておらず、今後の研究が待たれる。

[ryoko-2]

【山】  
弓張岳、将冠岳、但馬岳、烏帽子岳、隠居岳、木場岳、国見山、愛宕山、冷水岳

【河川】
佐世保川、日宇川、小森川、相浦川、佐々川、江迎川

【島】
針尾島、江上大島、九十九島、高島、黒島、前島、鼕泊島、宇久島、寺島

【大学・短期大学】
長崎県立大学本部、長崎国際大学、長崎短期大学

【高等学校】
佐世保北高等学校、佐世保南高等学校、佐世保西高等学校、佐世保商業高等学校、佐世保工業高等学校、佐世保中央高等学校、佐世保東翔高等学校、鹿町工業高等学校、宇久高等学校、西海学園高等学校、聖和女子学院高等学校、佐世保実業高等学校、久田学園佐世保女子高等学校、九州文化学園高等学校

【中学校】
長崎県立佐世保北中学校、宮中学校、三川内中学校、広田中学校、早岐中学校、東明中学校、日宇中学校、福石中学校、崎辺中学校、山澄中学校、祇園中学校、清水中学校、光海中学校、愛宕中学校、日野中学校、相浦中学校、浅子中学校、黒島中学校、中里中学校、大野中学校、柚木中学校、吉井中学校、世知原中学校、小佐々中学校、宇久中学校、江迎中学校、鹿町中学校、聖和女子学院中学校、九州文化学園中学校

【小学校】
宮小学校、三川内小学校、広田小学校、花高小学校、早岐小学校、江上小学校、針尾小学校、日宇小学校、黒髪小学校、大塔小学校、福石小学校、天神小学校、港小学校、木風小学校、潮見小学校、白南風小学校、小佐世保小学校、祇園小学校、山手小学校、清水小学校、大久保小学校、金比良小学校、赤崎小学校、船越小学校、日野小学校、相浦小学校、相浦小学校高島分校、相浦西小学校、相浦西小学校大崎分校、浅子小学校、黒島小学校、中里小学校、皆瀬小学校、春日小学校、大野小学校、柚木小学校、吉井南小学校、吉井北小学校、世知原小学校、小佐々小学校、楠栖小学校、宇久小学校、江迎小学校、猪調小学校、鹿町小学校、歌浦小学校

【JR九州 佐世保線】
三河内駅 – 早岐駅 – 大塔駅 – 日宇駅 – 佐世保駅

【JR九州 大村線】
早岐駅 – ハウステンボス駅 – 南風崎駅

【松浦鉄道 西九州線】
すえたちばな駅 – 江迎鹿町駅 – 高岩駅 – いのつき駅 – 潜竜ヶ滝駅 – 吉井駅 – 真申駅 – 棚方駅 – 相浦駅 – 大学駅 – 上相浦駅 – 本山駅 – 中里駅 – 皆瀬駅 – 野中駅 – 左石駅 – 泉福寺駅 – 山の田駅 – 北佐世保駅 – 中佐世保駅 – 佐世保中央駅 – 佐世保駅

【道路】
国道35号、国道202号、国道204号、国道205号、国道384号、国道498号、長崎県道1号佐世保嬉野線、長崎県道11号佐世保日野松浦線、長崎県道18号佐々鹿町江迎線、長崎県道40号佐世保吉井松浦線、長崎県道53号柚木三川内線、長崎県道54号栗木吉井線

【名所・旧跡・観光スポット】
九十九島、展海峰、弓張岳展望台、高角砲台跡地、西海橋、新西海橋、亀山八幡宮(別表神社)、藤山神社、福石観音(清岩寺)、東公園(海軍墓地、東山公園)、平戸八景、神崎鼻公園、長串山公園、ハウステンボス、九十九島パールシーリゾート、西海国立公園九十九島動植物園、海上自衛隊佐世保史料館(セイルタワー)、佐世保市博物館島瀬美術センター、三川内陶磁器文化センター、世知原炭鉱資料館、宇久島資料館

【祭事・催事・イベント】
佐世保初売り(1月)、朝市ぜんざい会(1月)、小柳賞佐世保シティロードレース大会(1月)、愛宕まつり(あたごさん市)(2月)、肥前江迎繭玉まつり(3月~4月)、西海橋観潮会(4月)、木場浮立(4月)、三川内焼「はまぜん祭り」(5月)、早岐茶市(5月・6月)、佐世保チャレンジカッターレース(7月)、させぼシーサイドフェスティバル(8月)、福石観音千日祭(8月)、精霊流し・万灯籠流し(8月)、江迎千灯籠まつり(8月)、くにみ山麓音楽祭(9月)、三川内陶器市(10月)、YOSAKOIさせぼ祭り(10月)、佐世保くんち(11月)、きらきらフェスティバル(11月~12月)、西海アメリカンフェスティバル (8月)

【名産品】
九十九島カキ、世知原茶、いりこ、佐世保バーガー、九十九島せんぺい、ぽると、鯛しゃぶ、海軍さんのビーフシチュー、入港ぜんざい、レモンステーキ、三川内焼、佐世保独楽、願かけ牛

【著名な出身人物】
足立梨花(俳優)、いしだあゆみ(俳優)、岩永徹也(俳優)、岡本麗(俳優)、早霧せいな(俳優)、谷隼人(俳優)、山岡厚子(俳優)、桑原由気(声優)、吉田愛理(声優)、古賀力(歌手)、三枝純子(歌手)、末吉秀太(AAA)(歌手)、たいらいさお(歌手)、平浩二(歌手)、TAKAHIRO(歌手)、前川清(歌手)、野田淳子(歌手)、じまんぐ(歌手)、諸岡ケンジ(歌手)、石田ニコル(モデル)、青山ひかる(タレント)、田島都(タレント)、岩崎舞(タレント)、竹輪春奈(アイドル)、田島芽瑠(HKT48(アイドル)、えのもとぐりむ(作家)、神尾正武(作家)、佐藤正午(作家)、桑原譲太郎(作家)、村上龍(作家)、中村ケイジ(作家)、久保ミツロウ(漫画家)、新條まゆ(漫画家)、高井研一郎(漫画家)、椿あす(漫画家)、巻来功士(漫画家)、よしむらなつき(漫画家)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

長崎県佐世保市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【長崎県佐世保市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]