『佐賀県唐津市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  佐賀県
【市町村】  唐津市
【面積】  487.59km2
【人口】  117,847人(2019年10月1日)
【人口密度】  242人/km2
【市役所】  佐賀県唐津市西城内1番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

佐賀県の北西に位置し玄界灘に面する市。

福岡都市圏(福岡相対都市圏)を形成する都市の一部である。

旧東松浦郡。

中心市街地は唐津藩の城下町が前身。

唐津神社の秋季例大祭である唐津くんちや特別名勝の虹の松原、呼子朝市などで有名で、広大な面積に多数の観光資源を有する。

2005年(平成17年)に平成の大合併で周辺の自治体の東松浦郡の呼子町・鎮西町・肥前町・相知町・厳木町・浜玉町の6つの町と北波多村の1ヵ村と新設合併して新たに唐津市となった。

また、2006年(平成18年)に七山村を編入した。

経済圏である唐津都市圏は唐津市及び玄海町で約13万人強の人口を擁しており大部分を唐津市が占めるが、近隣の福岡都市圏、佐賀都市圏方面に通勤・通学する市民も多い(旧浜玉町域は福岡都市圏の5%通勤通学圏、旧厳木町域は佐賀都市圏の10%通勤通学圏である)。

市域は松浦川・玉島川による平野部(唐津平野)と、上場(うわば)と呼ばれる丘陵性の玄武岩台地からなり、東は背振山地、西は伊万里湾、南は杵島山地、北は玄界灘(唐津湾)に面し、唐津湾には松浦川が注ぐ。

また北西部の海岸はリアス式で出入りに富み、その地理的特徴からこの地域は古代から大陸方面の海上交通の拠点となった。

地球上における唐津市の位置として特筆すべきことは、東経130度経線が、唐津市の区域のほぼ中心を貫いていることである。

このため、西九州自動車道の唐津インターチェンジの本線上に、東経130度が通過していることを示す標識が建てられている。

西は松浦川河口部付近から東の浜崎駅付近まで広がるクロマツの林は虹の松原と呼ばれ、景勝地ならびに唐津の象徴のひとつとして親しまれている。

鏡山の展望台からは虹の松原及び唐津市街が一望できる。

東松浦半島から松浦川河口付近一帯は玄海国定公園に指定されている。

平野部では江戸時代初期に大規模な治水事業が行われ、ほぼ現在の地形となった。

太平洋側気候であるが、冬季に日照時間が少なくなる九州型気候区である。

現在の市域全体を範囲に曖昧さはあるにせよ包括的に指す地名は、松浦潟や松浦川に見られるごとく、もともと松浦(まつら)が一般的であった。

唐津の名は元々17世紀初頭に松浦川河口付近に造成された城下町を指す限定的な名称に過ぎなかったが、1889年(明治22年)町村制施行によって成立した東松浦郡唐津町を母体として周辺の町村の編入と対等合併を繰り返し現在の唐津市となったことで、現在では城下町部分のみならず市域全体をもって唐津と呼ぶことが一般的となっている。

唐津神社社務所に現存する史料によると、1449年(文安6年)の寄進状に唐津大明神との記述があり、これが唐津の名が顕れる現存する最古の史料である。

唐津市における戦後復興の象徴として1953年(昭和28年)の舞鶴橋の完成が挙げられる。

これをきっかけに東西臨海地域を接続する佐賀県道279号妙見満島線(産業道路)が整備された。

また同年には唐津競艇が初開催した。

1954年(昭和29年)には鏡村・久里村・鬼塚村・湊村を編入(人口約7万)。

戦後のベビーブームと石炭積み出し港としての需要の高揚により、東松浦郡と唐津市を合わせた人口はこの頃最盛を迎え、1955年(昭和30年)の国勢調査人口は約19万人弱であった。

唐ワンくん・舞ヅルくんが市の「唐津城築城400年記念事業」の一環として、同城のイメージキャラクターとして2008年(平成20年)に制定された。

果樹・米・野菜・肉用牛などの生産が主である。

鏡や久里などの平野部には初代唐津藩主寺沢広高による河川改修事業の付随事業として開発された広大な水田が広がっており、現在も米の生産が主流だが、減反政策の影響で大豆などの豆類や大麦・小麦などの麦類の生産へシフトしてきている。

浜玉地区には大規模な果樹園が広がり、ハウスみかんが特産である。

林業については、輸入材の影響や後継者不足により厳しい状況にあり、また水産業についても、唐津港水産基地の老朽化や人材不足により、唐津湾周辺での水揚げ量は年々減少しており、衰退の一途にある。

主な工業集積地として、唐津鉄工団地(中原地区)、唐津石志工業団地(石志地区)、岸山工業団地(北波多岸山地区)が挙げられる。

商業及び観光業が中心であるが、商業は近年西九州自動車道・二丈浜玉道路の整備や筑肥線の電化による福岡都市圏へのアクセス向上が原因となって、県外へのショッピング依存度が高まっており、市内商業の衰退を招いている。

また、観光業についても同様の理由で日帰り観光の割合が主という傾向を示し、2010年初頭には大規模な旅館であった城内閣が営業を停止した。

1990年代から郊外に大型商業施設が進出し、この影響で唐津中央商店街をはじめとする市内各地の商店街では店舗の閉鎖や撤退が続き、空洞化が問題となった。

また、大名小路地区にある地元資本のまいづる百貨店も2002年に閉鎖。

市教委は市立学校の統廃合を進めており、2009年の時点で42校ある小学校を34校に、23校ある中学校を18校にそれぞれ減らす方針を明らかにしている。

2013年(平成25年)には、呼子中学校・名護屋中学校・打上中学校の3校を海青中学校(校地は旧唐津北高跡地)として統合し、第四中学校・大良中学校・切木中学校を高峰中学校(校地は現第四中学校)として統合する。

そのほか、東唐津小学校の外町小学校への統合が市議会で検討されている。

最寄り空港は佐賀空港および福岡空港。

市内からの距離は両空港とも大差はないが、空港自体の利便性やアクセスの良さ(電化路線である筑肥線(福岡市地下鉄空港線へ直通運転)や西九州自動車道)などから、福岡空港を利用することが多い。

2011年現在、唐津市内を通過する鉄道路線の速達列車は筑肥線(筑肥東線)に快速列車が平日4往復、土休日5往復があるのみで、各都市への移動は普通列車が主体となる。

周辺各都市への所要時間は、唐津駅から佐賀駅までが唐津線普通列車で最速約1時間10分、唐津駅から天神駅までが筑肥線快速列車で最速約1時間、普通列車で約1時間20分となっている。

1983年(昭和58年)まで、博多駅と長崎駅を筑肥線・松浦線・佐世保線・大村線経由で結ぶ急行列車『平戸』が設定されていたが、筑肥線の部分廃止により運行区間が唐津駅-長崎駅間に短縮され、1988年(昭和63年)には松浦線が第三セクターの松浦鉄道に転換されたことにより当該列車は廃止され、唐津市内の線区から優等列車が消滅した。

高速・特急バスは唐津市中心部と福岡市の天神・博多バスターミナル・福岡空港を結ぶ「からつ号」、唐津市域を経由して伊万里市と福岡市を結ぶ「いまり号」を昭和自動車が運行している。

唐津市は広大な面積を背景に多数の景勝地を有しているほか、古代から大陸の交易点であったことから、日本で初めて水耕稲作が行われた遺跡とされる菜畑遺跡をはじめ、豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に拠点として東松浦半島先端部に築いた名護屋城など、多くの史跡も有している。

古くから大陸との交易拠点であった松浦地方では、多くの歴史的な出来事が起こり、多彩な文化が発達した。

特に16世紀終盤に松浦川河口付近に成立した城下町・唐津では商業が発達し、唐津くんちに代表される豪著で活気溢れる豊かな町人文化が育まれた。

夏には祇園祭、秋には浮立やくんちが市内各地で行われる。

祇園祭やくんちには山笠が出る地区が多い。

囃子に竹紙を貼る笛を使うのは全国的には珍しいが、唐津市内では多くの地区が竹紙を貼る笛を使っている。

唐津くんちは唐津市中心部で行われる、期間中50万人以上の観光客が訪れる唐津市内最大の祭りであるが、近年になって服装や山車に乗って采配を振るのを真似た地域があるぐらいで、行事の様式などの周囲への伝播は少ない。

市内には1990年代まで東宝大劇や中央大劇といった映画館が複数存在したが、現在は市内に一軒も存在せず、映画を見たい市民は佐賀市や福岡市方面へ足を伸ばすこととなる。

方言としては唐津弁があり、唐津城下町に伝わる代表的民話『勘右衛話』(かんねばなし)にその特徴を見出すことができる。

ただ、高度経済成長期以降テレビ・ラジオの普及で標準語の影響を受け、唐津弁がそのまま使用される機会は減ってきている。

[ryoko-2]

【山】  
鏡山、三方山、作礼山、椿山、十坊山、衣干山、城山、野高山、石高山、霧差山、岸岳、陣ノ山、日ノ高地山、天山、女山、八幡岳

【河川】
松浦川、徳須恵川、厳木川、町田川、佐志川、半田川、玉島川

【島】
高島、鳥島、神集島、加部島、小川島、加唐島、松島、馬渡島、向島

【高等学校】
唐津東高等学校、唐津西高等学校、唐津南高等学校、唐津商業高等学校、唐津工業高等学校、厳木高等学校、早稲田佐賀高等学校

【中学校】
唐津東中学校、第一中学校、佐志中学校、高峰中学校、第五中学校、鏡中学校、鬼塚中学校、湊中学校、西唐津中学校、浜玉中学校、浜玉中学校虹の松原分校、厳木中学校、相知中学校、北波多中学校、小川小中学校、肥前中学校、海青中学校、馬渡中学校、加唐中学校、七山小中学校、早稲田佐賀中学校

【小学校】
大志小学校、東唐津小学校、外町小学校、長松小学校、西唐津小学校、竹木場小学校、高島小学校、佐志小学校、鏡山小学校、久里小学校、鬼塚小学校、大良小学校、湊小学校、小川小中学校、成和小学校、浜崎小学校、玉島小学校、平原小学校、厳木小学校、箞木小学校、相知小学校、伊岐佐小学校、北波多小学校、切木小学校、入野小学校、納所小学校、田野小学校、名護屋小学校、馬渡小学校、加唐小学校、打上小学校、呼子小学校、七山小中学校

【JR九州 筑肥線 筑肥東線】
浜崎駅 – 虹ノ松原駅 – 東唐津駅 – 和多田駅 – 唐津駅

【JR九州 筑肥線 筑肥西線】
山本駅 – 肥前久保駅 – 西相知駅 – 佐里駅

【JR九州 唐津線】
厳木駅 – 岩屋駅 – 相知駅 – 本牟田部駅 – 山本駅 – 鬼塚駅 – 唐津駅 – 西唐津駅

【道路】
国道202号、国道203号、国道204号、国道323号、国道382号

【道の駅】
厳木、桃山天下市

【特産品】
いかしゅうまい、唐津焼、かんね餅、魚ロッケ、けえらん、松露饅頭、松原おこし、松浦漬、相知高菜

【名所・旧跡・観光スポット】
菜畑遺跡、久里双水古墳、名護屋城跡、岸岳城跡、唐津城、旧大島邸、旧高取家住宅、旧三菱合資会社唐津支店、旧唐津銀行本店、唐津焼総合展示場、虹の松原、七つ釜、鏡山、波戸岬、いろは島、観音の滝、見帰りの滝、蕨野の棚田、樫原湿原、立神岩、「にあんちゃん」の里 記念碑、鏡神社、増田神社、医王寺、恵日寺

【祭事・催事・イベント】
呼子の大綱引き(6月)、小友祇園山笠(6月)、浜崎祇園山笠(7月)、広瀬浮立(9月)、相知くんち(10月)、星賀八幡神社秋祭り(星賀山笠)(10月)、唐津くんち(11月)、いろは祭り(11月)、唐津ジュニア音楽祭(2月)、唐津うまか博からつ鍋まつり(12月)

【著名な出身人物】
青木光一(歌手)、青木はるみ(歌手)、秋玲二(漫画家)、板井典夫(フードスタイリスト)、井手俊郎(脚本家)、岩部彰(お笑い芸人・ミサイルマン)、川﨑ありさ(ラジオパーソナリティー)、北方謙三(著作家)、幸栄(タレント)、田久保尚英(アナウンサー)、田代まさし(タレント)、TSUYOSA(放送作家)、念図-namazu-(ボールペンアーティスト)、成田アキラ (漫画家)、西尾芳彦(作曲家)、西方裕之(歌手)、西村純二(アニメーション演出家)、樋口尚文(映画評論家)、宮﨑想乃(HKT48)、村田英雄(歌手)、山下惣一(著作家)、やまだないと (漫画家)、鷲尾伶菜(Flower・E-girls)、がんばれ!Victory(バンド)、たんこぶちん(バンド)、カノエラナ(歌手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

佐賀県唐津市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【佐賀県唐津市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]