『佐賀県佐賀市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  佐賀県
【市町村】  佐賀市
【面積】  431.84km2
【人口】  233,514人(2019年10月1日)
【人口密度】  541人/km2
【市役所】  佐賀県佐賀市栄町1番1号

YouTube responded with an error: Project blocked; abuse detected.

[ryoko-1]

概要

佐賀県の県庁所在地で、同県最大の人口を擁する市である。

施行時特例市。

佐賀県の経済・行政の中心地。

有明海から脊振山地までを縦断する市域を有し、市街地は佐賀平野の中心付近に位置する。

秋には嘉瀬川河川敷を中心に佐賀インターナショナルバルーンフェスタが開催され、バルーン(熱気球)の街として賑わう。

佐賀県の南東部に位置する。

市域は南北に長く、南側は有明海に面し、南東部は筑後川を挟んで福岡県大川市・柳川市に、北東部でも脊振山地を境に福岡県福岡市(早良区)・糸島市に接している。

長崎自動車道付近を境にして、市域の北半分は、北部九州を東西に貫く筑紫山地に属する脊振山地であり、山がちで起伏が大きい。

市域の南半分は、有明海北岸に広がる筑紫平野の西部に属する佐賀平野であり、起伏がほとんどない低平な地域で、対照的である。

市街地は佐賀平野の中心付近に位置している。

人口約24万人を有する佐賀県最大の都市だが、九州7県の県庁所在地では最少である。

福岡市とは中心部相互間で約37kmと直線距離は近いが、山地を隔てているため生活圏や雇用圏は分かれているため、鳥栖市のようなベッドタウン化は目立たないが、JR九州が西鉄高速バスに対抗するため長崎線の特急電車に大幅な割引回数券を設定していて、40分程度で着席通勤できることから、佐賀駅周辺には福岡通勤者向けのマンションが立ち並ぶ。

市街からの福岡市中心部への通勤者も多い。

江戸時代より佐賀藩の城下町として発達してきており、鳥栖市・久留米市が交通拠点・工業地域、唐津市が港湾・観光都市であるのに対し、佐賀市は農業地帯の中心に位置する地方都市や佐賀県中部・東部の商業都市としての面が強い。

2000年代以降は観光都市としてPRする動きも活発であり、観光資源の発掘が盛んである。

平野部では水辺と田園地帯が独特の自然景観を見せる。

市域にあたる佐賀平野中部は、丘陵がほとんど存在せず、河川堤防を除くと全般的に海抜が低い。

また中小河川や水路(クリーク)が発達していて、農業用水・生活用水や水運を目的としていたことから、市街部・田園部の別なく水路が網羅されていて、その恩恵を享受していた。

一方で、脊振山地に源を発し市域西部を流れる嘉瀬川と、九州山地に源を発する九州最大の筑後川に挟まれているため、昔から洪水の頻発地帯であり、灌漑や治水によって農地や住民の生活が守られてきた側面もある。

現在の佐賀市街は、佐賀駅を中心としてビル街・商業街があり、それを取り囲むように低層住宅地が位置し、住宅地郊外にショッピングセンター型の大型商業地が点在する。

宅地化はやや道路に沿いながらもほぼ同心円状に進んだ。

中心市街地では佐賀駅移転・工場の移転再整備・基幹道路整備という一連の流れにより再開発が進んだ地域もある。

いわゆる高層建築物はほとんどなく、もともとの地形とも相まって、比較的平坦な街並みである。

地価高騰により住宅地が郊外に集積したことで、高齢化とドーナツ化現象が中心市街地の衰退を招いていたが、1990年代 – 2000年代には地価下落による再開発ラッシュの影響を受け、中心市街地に中層マンションが集積したことで、ドーナツ化は緩やかになっている。

しかし、同時期に郊外型商業地の集積も進んだため、佐賀駅周辺や城内地区などの商店街型の小売業は長期的に衰退してきている。

一方の郊外部では、農地に点在していた住宅の間に新しい戸建住宅や団地が造成されるなどして、開発が順調に進められて市街地が拡大していった。

通勤の軸が鉄道ではなく自動車(道路)であるため、主要道路の沿線に住宅地が形成されている。

もともとの農地が区画整理されていたこと、1970年代から早期に環状道路が整備されたこと、郊外化に拍車をかける市街の地価高騰がそれほど顕著でなかったことから、スプロール現象は起こっていない。

佐賀市は1970年代以降開発が急速に進められて都市らしくなっていったが、それまでは都心の一部を除き農村と変わらない風景だった。

現行の佐賀市は、「平成の大合併」の一環として2005年(平成17年)10月1日に佐賀郡諸富町、大和町、富士町、神埼郡三瀬村と合併(新設合併)し、新たな佐賀市として発足した。

合併により解散した町村はいずれも佐賀市内の一地域としてその名を残している。

またこれによって市域が福岡市と隣接するようになった。

県庁所在地同士が隣接する事例は京都市と大津市、仙台市と山形市に続き3例目である。

さらに、2007年(平成19年)10月1日付で、佐賀郡の中で最後まで残っていた、川副町、東与賀町および久保田町を編入し、佐賀市郡地域の広域合併を終えた。

郊外では広い平野と水利を生かした穀類を軸にした農業、有明海の性質に適した海苔養殖を軸にした漁業が地域産業として維持されてきた。

一方の工業では伝統的な背景などから、重工業よりも軽工業の方が発達しているという特徴がある。

もともと有数の稲作地帯であった広い農地は、農業を取り巻く環境の変化に応じて野菜畑などに転用することで維持されてきた。

工業に関しては地勢上、海(有明海)には面しているが、遠浅で大型船が航行できない海域であるため、重工業があまり発達してこなかった。

また、20世紀前半に石炭を産出して栄えた県西部とは対照的に炭鉱が無かったため、炭鉱業やその後継としての工業が発達しなかった。

一方、食品産業が根付いていた経緯などから食品工業や繊維産業が発達してきた経緯がある。

食品産業は依然として強いが、1970年代頃より繊維産業は主軸から外れた。

しかし1990年代以降、北部九州に自動車・自動車部品産業が集積してきたことに影響されて、新たに自動車部品産業が伸びてきている。

県庁所在地であり就業者数からみてもサービス業の占める比重は大きいが、商業において出荷額が他の同規模都市に比べてとりわけ多いわけでもない。

現在、売場面積5万m2クラスの大型郊外型商業施設が3施設競合状態にあり、供給に対する需要のアンバランスが見られるが、土日や祝日には県西南部からも集客をしている。

県庁所在地だが郊外は田畑が広がっていて、耕地面積は11,000haと県内最大で農業も盛んである。

耕地の大部分を占める平野部では、表作として夏に米を生産、裏作として秋から春にかけて大麦(特に二条大麦のシェアが高い)、小麦などの麦類、また大豆などの豆類を生産する二毛作が定着しており耕地利用率は140%前後で推移している。

穀倉地帯と言われるように穀類の生産が総じて多いのが特徴である。

近郊農業や大消費地向けとして野菜や花卉類の生産も一定の規模がある。

果物類では、さがほのかブランドでのイチゴ生産量が多いほか、山の斜面でのみかんは露地栽培も盛んでハウス栽培が多い県西部とは対照的である。

畜産では、肉牛や豚、鶏などの飼育も山間部を中心に行われている。

著名なものとして、ブランド牛肉である佐賀牛、地鶏のみつせ鶏などが挙げられる。

山間部の林業は後継者不足により衰退が著しい。

平成の大合併前の佐賀市域は海に面する地域が狭かったが、合併した久保田町・東与賀町・川副町の有明海沿岸では海苔の養殖が非常に盛んである。

関連する海苔加工などの製造業も含めて地域の主産業となっており、市町村別の海苔生産額は全国1位である。

サルボウ(モガイ)、ウミタケ、ワラスボ、ムツゴロウといった有明海特有の海産物も獲れ、郷土の味としても親しまれている。

現在出荷額が最も多いのは食品工業を中心とする軽工業である。

輸送の利便性から明治時代より工場は佐賀駅周辺に集中していたが、戦後から1970年代にかけて大和紡績佐賀工場の閉鎖を筆頭として、市街地開発などによる工場の撤退・移転が相次いだ。

代わって、用地開発のコストが小さく交通の便のよい長崎自動車道や国道周辺に工業団地が造成され、誘致された工場群が工業の中心となった。

江崎グリコグループの九州グリコ・グリコ乳業は創業者江崎利一が佐賀県出身である関係から地場企業であり、現在も市街地に工場を構えている。

また同様に佐賀駅近くに拠点を有する戸上電機製作所などもあり、産業別では電気機械器具の出荷額も比較的多い。

また、諸富町の味の素九州工場も古くから立地している主力の地場企業である。

諸富町は対岸の福岡県大川市と並んでたんすを主とする家具産業も盛んで、多くの中小企業が集まっており地場産業となっている。

また久保田町には1923年操業開始の王子マテリア佐賀工場が立地している。

古くから長崎街道やそれに沿う道、運河が特に発達していた。

明治時代に鉄道が開通した後道路が発達し始めたものの、市街地だけだった。

戦後、市街地以外で土地整理が行われたのに伴い大きな道路が発達し、国体が開催された1970年代後半ころにその動きが加速した。

その後、交通量の増加により城下町特有の街路の狭さも相俟って中心市街地の交通渋滞が深刻化し、これを緩和するために市街地を取り囲む形でほぼ全線4車線の環状道路が整備され、また1985年(昭和60年)には高速道路が開通し、今に至っている。

古くからの市街地(旧城下町エリア)は長崎街道防衛ために整備された名残で短く曲がり角の多い道になっているが、環状道路などの周辺バイパス道がよく整備されていることにより、通過目的のみの大型貨物車や乗用車の中心部への流入が極端に少なく、朝夕の通勤ラッシュ時間帯を除いて中心部の交通渋滞はそれほど問題とはなっていない。

そのほかの周辺地域ではほとんどが田を埋め立てて造成された道路なので直線道路が圧倒的に多く、ドライバーにとっては走りやすい道路が多い。

近年では、県東部の鳥栖市周辺が交通の中心であり、久留米・鳥栖と長崎・佐世保を結ぶ道路・鉄道の通過点的な性格が強く、拠点としては伸び悩んでいる。

熊本・大牟田方面とを結んでいた国鉄佐賀線の廃線はこれに拍車をかけた。

ただ、道路に関してはこの方面とを結ぶ有明海沿岸道路が整備されつつあり、唐津方面とを結ぶ西九州道などの整備も進めば現状より改善される可能性がある。

中心市街地周辺では、江戸時代に成富兵庫茂安の石井樋建設によって嘉瀬川から分流された多布施川が市中を縦断、城内を経て佐賀江川に至るのをはじめ、中小河川の支流が街中を張り巡らしていた。

古くからの城下市街地では表通りを流れる水運路が美しい景観を生み出す一方で、家々の裏にも飲用水の供給を目的とした背割り水路が網羅されていて、昭和40年ごろまでは生活用水や水遊び場として広く利用されていた。

またこの水はやがて用水路に至り農業用水としても活用されていた。

しかし次第に生活排水による水質悪化が問題となって、生活用水としては利用されなくなっていたところ、市民運動から始まった「水対策市民会議」(1980年 – )によって年2回の市内一斉河川清掃「川を愛する週間」運動が展開されたことにより水質改善、また水路網の修景や保存意識が高まり水辺の環境が向上した。

こうした経緯、環境から旧・佐賀市は水の郷百選に選ばれている。

また、平野部では佐賀平野特有のクリークが多く点在している。

クリークは、夏季には河川と水量を調節しながら水が供給され、冬季などはため池のような役割を担い、年中ほとんどの時期で水を有している。

そのため、トンボやホタルなどが多く生息しており、この地域の自然の特徴とされている。

これらは観光資源でもあり、「トンボ王国・さが」と題して観光や環境教育に活用されている。

中心部の街角の至る所に恵比寿像が点在し、総数は500体近くあるとされている。

これらは、江戸時代より商売繁盛などを願って設置されたもので、古くより身近な存在として市民に親しまれてきた。

観光素材として取り上げる動きはこれまでなかったが、2004年より市民団体や行政によって「恵比須八十八ヶ所巡り」などの観光事業も行われている。

古墳時代の遺跡から佐賀藩時代の城跡、さらに幕末期の反射炉跡まで、比較的多くの史跡が残っている歴史のある街である。

近年、観光資源の発掘が盛んでかつて住宅街に埋もれていた佐賀城本丸周辺も立ち退きが進み観光地的雰囲気を醸し出し、特に2004年の天保期の本丸御殿を再現した県立佐賀城本丸歴史館の開館以降市内観光の中心的役割を担っている。

また日本の科学技術近代化の一翼をになった佐賀藩のお膝元だけに国産初の蒸気機関車模型(蒸気車雛形)、蒸気船模型、湿板写真機、高度な撮影・現像技術に裏打ちされた藩主直正公の鮮明な肖像や慶応年間の城下の古写真、トンメス分析表などの幕末に製作された科学技術近代化遺産が豊富である。

現在もその名残として佐賀藩精錬方の流れを汲むガラス器製造が副島硝子によって継承されている。

その他無形遺産が比較的豊富で、古くは肥前国風土記の伝承があるほか、葉隠や徐福などの伝説も残っている。

食文化で特筆すべき点は長崎街道(シュガーロード)沿いにあることによる菓子文化の発達が挙げられる。

潤沢に手に入った砂糖と豊饒な佐賀平野で穫れるもち米や小麦を材料とした上に、南蛮・中華貿易を通じて伝来した製法により古くからバリエーション豊かな菓子が作られてきており、今では信じられないことに多くの市内老舗菓子店でもカステラの斤単位≒600gでの量り売りなどが盛んに行われ、戦前には製菓業は人気の職業として三番目にあげられるほどであったが、中心部の衰退とともに菓子店は次第に数を減らし、かつて盛んに生産され名物になっていた米おこしや、婚礼用の金華糖の一種である寿賀台(すがだい)など幻となった菓子も多い。

しかし近年シュガーロードが脚光を浴びることで観光資源として再び注目を集め始めている。

旧佐賀市と旧富士町は、1996年(平成8年)に「水の郷百選」に選定されている。

[ryoko-2]

【特産品】  
丸ぼうろ、白玉饅頭、あめがた、さが錦、肥前ビードロ、鍋島緞通、名尾和紙、佐賀海苔

【大学・短期大学】
佐賀大学、西九州大学短期大学部、佐賀女子短期大学、放送大学佐賀学習センター

【高等学校】
佐賀西高等学校、佐賀東高等学校、佐賀北高等学校、致遠館高等学校、佐賀商業高等学校、佐賀工業高等学校、高志館高等学校、弘学館高等学校、クラーク記念国際高等学校佐賀キャンパス、佐賀学園高等学校、佐賀清和高等学校、龍谷高等学校、北陵高等学校、佐賀女子短期大学付属佐賀女子高等学校

【中学校】
致遠館中学校、成章中学校、城南中学校、昭栄中学校、城東中学校、城西中学校、城北中学校、金泉中学校、小中一貫校芙蓉校、鍋島中学校、諸富中学校、大和中学校、小中一貫校松梅校、小中一貫校富士校、小中一貫校北山校、小中一貫校三瀬校、川副中学校、東与賀中学校、小中一貫校思斉館、弘学館中学校、成穎中学校、佐賀清和中学校、龍谷中学校、佐賀大学文化教育学部附属中学校

【小学校】
勧興小学校、循誘小学校、日新小学校、赤松小学校、神野小学校、西与賀小学校、嘉瀬小学校、巨勢小学校、兵庫小学校、高木瀬小学校、北川副小学校、本庄小学校、鍋島小学校、金立小学校、久保泉小学校、小中一貫校芙蓉校、新栄小学校、若楠小学校、開成小学校、諸富北小学校、諸富南小学校、春日小学校、川上小学校、小中一貫校松梅校、春日北小学校、小中一貫校富士校、小中一貫校北山校、北山東部小学校、小中一貫校三瀬校、南川副小学校、西川副小学校、中川副小学校、大詫間小学校、東与賀小学校、小中一貫校思斉館、佐賀大学文化教育学部附属小学校

【幼稚園】
本庄幼稚園、宝正幼稚園、三光幼稚園、和泉幼稚園、新栄幼稚園、川久保幼稚園、高木瀬幼稚園、金立幼稚園、千布幼稚園、鍋島幼稚園、城北幼稚園、精幼稚園、中折幼稚園、佐賀女子短期大学付属ふたば幼稚園、高岸幼稚園、嘉瀬幼稚園、ひまわり幼稚園、若楠幼稚園、信光幼稚園、白鳩幼稚園、藤影幼稚園、龍谷幼稚園、錦華幼稚園、エミール幼稚園、光生幼稚園、佐賀カトリック幼稚園、北川副幼稚園、神野幼稚園、真生幼稚園、ロザリオ幼稚園、川上幼稚園、諸富南幼稚園、諸富北幼稚園、中川副幼稚園、川副西幼稚園、小鹿幼稚園、海童幼稚園、大詫間幼稚園、鳳鳴乃里幼稚舎、東与賀幼稚園、久保田幼稚園、佐賀大学文化教育学部附属幼稚園

【保育所】
川原保育所、若葉保育所、城東保育所、成章保育所、掘江保育園、掘江保育園分園、佐賀保育園、佐賀保育園分園、尚賢保育園、光明保育園、巨勢保育園、愛の泉保育園、城西保育園、城北保育園、城北保育園分園、嘉瀬保育園、高木保育園、城南保育園、日新保育園、兵庫保育園、ちえんかん保育園、和泉ふたば保育園、中央保育園、鍋島保育園、開成保育園、小部保育園、あかつき保育園、なかよし保育園、諸富保育園、春日保育園、川上保育園、保育園ひなた村自然塾、南部保育園、北部保育園、三瀬保育園、あおぞら保育園、佐賀女子短期大学付属ふたば保育園

【特別支援学校】
金立特別支援学校、大和特別支援学校、佐賀県立ろう学校、佐賀県立盲学校、佐賀大学教育学部附属特別支援学校

【専修学校】
九州国際情報ビジネス専門学校、九州国際高等学園、佐賀インテリジェントビジネス・カレッジ、佐賀工業専門学校、佐賀コンピュータ専門学校、佐賀市医師会立看護専門学校、佐賀歯科衛生専門学校、西九州大学佐賀調理製菓専門学校、佐賀日中学院、佐賀理容美容専門学校、専門学校公務員ゼミナール、寺元ドレメデザイン専門学校、西九州大学福祉医療専門学校、緑ドレスメーカー服飾専門学校

【空港】
佐賀空港

【JR九州 長崎本線】
伊賀屋駅 – 佐賀駅 – 鍋島駅 – バルーンさが駅 – 久保田駅

【JR九州 唐津線】
久保田駅

【道路】
国道34号(北部バイパス)、国道207号(貫通道路)、国道208号(南部バイパス、西部環状線(環状西通り))、国道263号、国道264号(貫通道路、堀江通り)、国道323号、国道444号、福岡県道・佐賀県道12号前原富士線、福岡県道・佐賀県道18号大牟田川副線、佐賀県道・福岡県道20号佐賀大川線、佐賀県道29号佐賀停車場線(中央大通り)、佐賀県道30号佐賀川副線(大財通り、水ヶ江通り)、佐賀県道31号佐賀川久保鳥栖線、佐賀県道39号富士三瀬線、佐賀県道46号中原三瀬線、佐賀県道48号佐賀外環状線、佐賀県道49号佐賀空港線(空港道路)、佐賀県道51号佐賀脊振線、佐賀県道54号西与賀佐賀線、佐賀県道333号佐賀環状東線(東部環状線(環状東通り))、県庁通り、佐賀南部広域農道

【名所・旧跡・観光スポット】
吉村家住宅、銚子塚古墳、西隈古墳、丸山遺跡、築山経塚、熊本山古墳、肥前国府跡、与止日女神社、鎮西出雲大社、葉隠発祥地、佐賀城跡、佐嘉神社、松原神社、与賀神社、筑後川昇開橋、三重津海軍所跡、北山ダム、21世紀県民の森、三瀬ルベール牧場 どんぐり村、三瀬温泉やまびこの湯、天山スキー場、西の谷の棚田、古湯温泉、熊の川温泉、川上峡、巨石パーク、東よか干潟

【祭事・催事・イベント】
白鬚神社の田楽(10月)、見島のカセドリ(2月)、三重の獅子舞(10月)、佐賀城下栄の国まつり(8月)、精霊流し(8月)、銀天夜市(6月・7月・8月)、佐賀インターナショナルバルーンフェスタ(10月・11月)、SAGAバルーンチャレンジシリーズ(11月~2月)、佐賀ライトファンタジー、佐賀城下ひな祭り(2月~3月)、チューリップ祭り(4月)、古湯映画祭(9月)

【著名な出身人物】
朝夏まなと(元宝塚歌劇団宙組)、荒木真樹彦(ミュージシャン)、内山敬太(ミュージシャン、ケイタク)、SOH (歌手、GReeeeN)、千綿ヒデノリ(ボーカリスト)、辻萬長(俳優、声優)、中越典子(女優)、西岡孝洋(フジテレビアナウンサー)、はなわ(タレント)、塙宣之(漫才師、ナイツ)、浜田百合子(女優)、誠直也(俳優)、松尾千歳(ミュージカル俳優)、松尾れい子(女優)、真菜(歌手、SEED)、村井国夫(俳優)、本村健太郎(弁護士、俳優)、優木まおみ(タレント)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

佐賀県佐賀市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【佐賀県佐賀市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]