『福岡県北九州市若松区』の動画を楽しもう!

【都道府県】  福岡県
【市町村】  北九州市若松区
【面積】  71.31km2
【人口】  80,550人(2019年10月1日)
【人口密度】  1,130人/km2
【市役所】  福岡県北九州市若松区浜町一丁目1番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

北九州市を構成する7区の行政区の一つである。

若松区は北九州市の北西部に位置する。

洞海湾と響灘に囲まれ、東部に古墳が散在するなど歴史は古く、自然に恵まれている。

若松北海岸は玄海国定公園に含まれ、白い砂浜と響灘の激浪に刻まれた玄武岩、露出した岩礁の眺めが美しいことで有名である。

市内で唯一の岩屋海水浴場・脇田海水浴場があり、マリーンスポーツのスポットとして注目されている。

脇田漁港の「汐入の里」は大勢の人で賑わいをみせている。

グリーンパーク・響灘緑地は北九州最大の総合公園で、サイクリングコース、野鳥の観察ゾーン、サイクリングターミナル、ひびき動物ワールドなどがある。

また、グリーンパークの大芝生広場、熱帯生態園、バラ園などは市民の憩いの場となっている。

若松南海岸通りの「若松バンド」は、大正時代の建物を中心とした近代港湾都市固有の帯状の都市空間で、かつて日本一の石炭積出港として栄えた歴史を伝えている。

文化の面では、若松出身の芥川賞作家・火野葦平の資料館が若松市民会館内にあり、葦平ゆかりの資料が展示されている。

また、当時の状態で復元された葦平の旧居「河伯洞(かはくどう)」も一般公開されている。

「あじさい祭り」の会場でもある高塔山からは、若松の街並み、若戸大橋、響灘、関門海峡を一望できる。

山頂には葦平文学碑、万葉植物園、河童封じの地蔵などがあり、四季折々の花が咲き誇る。

自然を残しながらも一方で、近年、響灘埋立地では資源循環型社会の実現を目指し、北九州エコタウン事業が展開されている。

エコタウンでは環境関連技術の開発やリサイクル産業の集積が進んでいる。

「ひびきコンテナターミナル」は、東アジアと北米などとを結ぶ日本海ルートに面しているという地理的優位性を活かし、国際物流拠点港としての役割が期待されている。

港湾の後背地には事業用地が広がり、物流関連産業や加工組立産業などの企業の立地が相次いでいる。

ひびき灘臨海工業団地の一角には風力発電施設「エヌエス ウインドパワーひびき」が立地するほか、響灘東地区の沖合では新エネルギー・産業技術総合開発機構によって洋上風力発電の実証研究を行う国内初の「洋上風況観測タワー」が設置されている。

若松区西部及び八幡西区北西部の北九州学術研究都市は、「アジアに開かれた学術研究拠点」と「新たな産業の創出・技術の高度化」を目指し、2001年にオープンした。

理工系の国・公・私立大学や研究機関が同一キャンパスに集積し、学術研究機能と産業界との連携促進により、アジアの先端産業都市の実現を目指している。

洞海湾をはさんで戸畑区と隣接しているが、かつては渡船が唯一の交通手段であったところ、1962年(昭和37年)に若戸大橋が開通し戸畑、小倉方面との往来が飛躍的に改善した。

若戸を直接結ぶ唯一の幹線である同大橋は開通当初より予測を大きく上回る交通量のために交通渋滞が著しく、この解消と市街地をバイパスする物流ルートの構築を目的とした若戸トンネル(新若戸道路)が2012年(平成24年)に開通した。

携帯電話は、NTTドコモ・au・SoftBankの3社については区内のほとんどの地域で利用可能となっているが、山間部で繋がらない地域がある。

わかっぱは、若松区役所が生み出した“ゆるキャラ”で、区役所が著作権を有する。

若松区に古くから伝わる河童にまつわる伝説と、近年カゴメの進出によって盛んになっているトマト栽培を広くアピールすることを狙いとする。

市内はもとより市外へのアピールも積極的に行われており、区内を舞台にしたドラマを制作したNHKの“ハレピョン”とともに、NHK関係の番組やイベントを通じ九州全域の知名度を高める活動を展開している。

[ryoko-2]

【北九州学術研究都市】  
早稲田大学大学院 情報生産システム研究科、北九州市立大学国際環境工学部・大学院国際環境工学研究科、九州工業大学大学院生命体工学研究科、福岡大学大学院工学研究科、早稲田大学理工学総合研究センター九州研究所、現代美術センターCCA北九州

【高等学校】
若松高等学校、若松商業高等学校、高稜高等学校

【中学校】
向洋中学校、石峯中学校、洞北中学校、高須中学校、若松中学校、二島中学校

【小学校】
深町小学校、小石小学校、修多羅小学校、古前小学校、藤木小学校、二島小学校、花房小学校、花房小学校安屋分校、江川小学校、赤崎小学校、高須小学校、鴨生田小学校、青葉小学校、若松中央小学校、ひびきの小学校

【JR九州 筑豊本線】
若松駅 – 藤ノ木駅 – 奥洞海駅 – 二島駅

【道路】
国道199号、国道495号、新若戸道路、福岡県道11号有毛引野線、福岡県道26号北九州芦屋線、福岡県道202号水巻芦屋線、福岡県道277号頓田二島線

【名所・旧跡・観光スポット】
若戸大橋、若松南海岸(若松バンド)、旧古河鉱業若松ビル、旧ごんぞう小屋、上野ビル(旧三菱合資若松支店ビル)、石炭会館、わかちく史料館、火野葦平旧居「河伯洞」、高塔山公園、高塔山展望台、河童封じ地蔵尊、グリーンパーク・響灘緑地

【祭事・催事・イベント】
十日えびす祭(1月)、脇之浦はだかまつり (1月)、葦平忌(1月)、北九州ひびきマラソン(3月)、春のフラワーフェスタ(3月~5月)、若松えびす神社春季大祭(4月)、乙丸のほら貝祭り(4月)、若松あじさい祭り(6月)、二島祇園(7月)、竹並祇園(7月)、岩屋祇園(7月)、若松みなと祭り(7月)、五平太ばやし競演会、火まつり行事、くきのうみ花火の祭典(7月)、小石提灯山笠(7月)、小石観音寺四万六千日(8月)、脇田祇園 (8月)、コスモス街道(10月)、秋のバラフェア(11月)、若松えびす神社秋季大祭(12月)

【著名な出身人物】
天本英世(俳優)、鮎川陽子(モデル)、石橋謙一(イラストレーター)、瓜生正美(劇作家)、大前研一(経営コンサルタント)、鹿毛誠一郎 (プロバスケットボール選手)、倉掛英彰(HIDE)(ミーナ&ザ・グライダー)、荒神直規(シンガーソングライター)、シーナ(ロックアーティスト)、白川洋次郎(映画プロデューサー)、デビル雅美(女子プロレスラー)、トコ(ローカルタレント)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

福岡県北九州市若松区(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【福岡県北九州市若松区(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]