『福岡県北九州市門司区』の動画を楽しもう!

【都道府県】  福岡県
【市町村】  北九州市門司区
【面積】  73.67km2
【人口】  94,844人(2019年10月1日)
【人口密度】  1,287人/km2
【市役所】  福岡県北九州市門司区清滝一丁目1番1号

YouTube responded with an error: Project blocked; abuse detected.

[ryoko-1]

概要

政令指定都市である福岡県北九州市を構成する7区の行政区の一つ。

1963年(昭和38年)2月10日に北九州市が発足するまで存在した旧門司市の市域に相当する。

九州の北端、企救半島にあり、同半島の大半を占める。

西側は関門海峡を挟んで下関市と向かい合い、東側は周防灘に面し、南側は小倉北区・小倉南区に接する。

本州から九州への玄関口であり、また、日本海と瀬戸内海を結ぶ海路を押さえる場所でもあり、古くから交通の要地であった。

「門司」の名の初出は、天平年間の木簡であり、「門を司る」すなわち関所の意味と考えられる。

寒村であった門司の転機が、1889年(明治22年)以降の築港と鉄道敷設であり、門司港は筑豊の石炭の輸出港として急速に発展を始めた。

商社や金融機関が次々門司港に支店を構え、大里地区には鈴木商店系の製糖・製粉などの工場が建設された。

1899年(明治32年)にはいち早く市制施行し門司市が成立した。

大正時代にかけて、門司港は石炭輸出からセメント会社、製糖会社、紡績会社などの製品輸出・原料輸入にシフトしていき、日本有数の貿易港として栄えた。

「バナナの叩き売り」も名物となった。

門司港地区には銀行や商社が集まり、「一丁倫敦」と呼ばれた。

一方、港湾労働者の生活水準は低く、米騒動も大規模化した。

昭和期に入ると大連航路などの国際航路も開けた。

貨物量の激増を受けて関門鉄道トンネルが開通したのは1942年(昭和17年)である。太平洋戦争末期には、門司は度々空襲を受けたほか、関門海峡への機雷投下を受け、海峡が封鎖される事態となった。

戦後は、機雷による港湾閉鎖が長期化したこと、主要な貿易先であった中国との国交が断たれたことなどから、門司港の地位は低下していった。

1963年(昭和38年)、門司市は小倉市、若松市、八幡市、戸畑市と五市対等合併し、北九州市の門司区となった。

1958年(昭和33年)の関門トンネル開通に続き、1973年(昭和48年)の関門橋開通、1975年(昭和50年)の新幹線開通により、門司の通過点化が進み、企業は小倉や福岡市に流出し、経済はますます沈滞した。

末吉興一市長が打ち出した「門司港レトロ」構想によって、門司港地区に残る歴史的建造物の保存・活用が行われ、1995年(平成7年)にグランドオープンした。

その後も観光開発が進み、賑わいが生まれた。

一方、観光以外の地域の活性化には課題もある。

旧門司市の人口は明治時代から急速に増加し、1959年に16万人余りのピークに達したが、その後門司区時代を通じて減少を続け、2015年以降、10万人を割り込んでいる。

人口に占める65歳以上の割合(高齢化率)が36.5%と、北九州市の中でも高い。

門司区内の地域を見ると、門司港駅を中心とする門司港地区は、門司港レトロの歴史的建造物や観光施設、宿泊施設、商業施設が立ち並び、年間200万人が訪れる。

その北側に位置する和布刈地区は、レトロ事業と同時期に海峡めぐり推進事業により和布刈公園周辺が整備されている。

門司駅を中心とする大里地区では、サッポロビール九州工場が閉鎖されるなど経済的な衰えもあるが、その跡地の煉瓦造りの工場を門司赤煉瓦プレイスとして開業するなど、観光客の誘致に取り組んでいる。

近年ではマンションが増えつつある。

周防灘に面した新門司地区には、港湾設備、臨海工業用地が整備されている。

太刀浦には、西日本有数のコンテナターミナルがある。

北九州市門司区は、九州の北端、企救半島にあり、同半島の大半を占める。

西側は、関門海峡を挟んで、本州の西端である山口県下関市と向かい合っている。

現在、下関市とは、海底トンネルである関門トンネル(国道、山陽本線等)や関門橋によって結ばれている。

東側は、瀬戸内海の南西部に当たる周防灘に面している。

南側は、企救半島西側では北九州市小倉北区に接し、企救半島東側では小倉南区に接する。

門司区と小倉北・南両区は、古代から豊前国企救郡として共通する歴史を歩んできた。

門司の気候は、瀬戸内海式気候と日本海側気候の中間的な性質を持つ。

高速道路の九州自動車道と中国自動車道を結ぶ計画は、1962年(昭和37年)から検討されていたが、1968年(昭和43年)に日本道路公団によって着工され、1973年(昭和48年)11月に関門橋が開通した。

鉄道、国道トンネルに続き、関門橋の開通により、門司港地区は完全に通過点となったとされる。

門司では、経済が沈滞する中、老朽化した建物・倉庫群が取壊しの対象となり、旧門司税関、旧大阪商船、旧門司三井倶楽部(門鉄会館)などの歴史的な建物も解体されようとしていた。

1986年(昭和61年)に北九州市長に就任した末吉興一は、翌1987年(昭和62年)、門司港に残る歴史的遺産を生かして街を整備する「門司港レトロ」構想に着手した。

特に、1988年(昭和63年)に門司港駅が国の重要文化財に指定されたことを機に、洋風建築保存・活用の気運が本格化した。

この年、北九州市の「門司港レトロめぐり・海峡めぐり推進事業」が自治省のふるさとづくり特別対策事業に採択され、予算が付与された。

運輸省の歴史的港湾環境創造事業を利用した旧門司税関の復元、第1船溜り出入口の跳ね橋「ブルーウィングもじ」などの西海岸地区緑地整備事業、友好都市大連市の旧東清鉄道事務所を複製した国際友好記念図書館の建設も進められた。

総事業費約300億円が投入され、1995年(平成7年)3月、門司港レトロがグランドオープンした。

第1船溜りを中心に、賑わいが生まれた。

その後、1997年(平成9年)から2007年(平成19年)にかけて門司港レトロ第2期事業が実施され、九州鉄道記念館や海峡ドラマシップ(関門海峡ミュージアム)など、新しい観光施設、宿泊施設、商業施設も次々オープンした。

かつての門司築港が建設した門司港・外浜を通る線路には、2005年(平成17年)まで貨物列車が走っていたが、平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線のトロッコ列車(潮風号)が走るようになった。

2014年(平成26年)には三宜楼が保存修理工事を経て一般公開された。

一方、1937年(昭和12年)に門司港地区に開業し門司唯一のデパートとして親しまれていた山城屋が、小倉を中心とするデパート戦争に取り残され、1994年(平成6年)に倒産手続に入り、2001年(平成13年)に閉店し、経済の衰えを象徴する出来事となった。

観光地化された中心部を外れると、人通りが少なく、寂れつつあるとの指摘もある。

戦前は、金バス(九州電気軌道)、銀バス(門司自動車会社)、赤バスの3社が競い合っていたが、戦時統制下で九州電気軌道に統合され、その後身である西日本鉄道がこの地域のバスを運行するようになった。

2016年(平成28年)経済センサスによれば、門司区内の事業所数・従業者数は次のとおりである。

門司区内の産業団地としては、新門司のマリナクロス新門司(31.7ha)があり、トヨタ輸送、西日本ダイハツ運輸、日鉄物流八幡(日鐵運輸)、山九、阪九フェリー、安川ロジステックなどが事業所を立地しており、素材産業、リサイクル、自動車関連の運輸業が集積している。

門司区では、北九州市の他の区と同様、かつては、中心商業地区の商店街(栄町銀天街など)に多くの中小・零細商店が軒を連ね、百貨店(山城屋)がそれに隣接していたが、北九州市全体の素材型産業の地位低下、人口の減少、モータリゼーションの進展、大規模小売店舗法の改正による規制緩和などに伴い、商店街ではシャッターを閉めた店舗が多く見られるようになり、百貨店も閉店した。

北九州市の購買力は福岡市に吸収されていると指摘されている。

門司では、1947年(昭和22年)には観光協会が設立され、観光案内所が門司港駅に設置された。

海水浴場(喜多久海岸)、風師山、和布刈公園、門司ロープウェー、国民宿舎めかり山荘、めかり塩水プールなどに近隣からの観光客や修学旅行客を誘致していたが、多くが市民や近隣向けのレジャー施設であった。

1980年代に入ってようやく門司港で歴史的建造物の価値を見直そうという意識が浸透し始め、1985年(昭和60年)に市民団体「門司まちづくり21世紀の会」が活動を始めた。

そうした中で、1987年(昭和62年)に初当選した末吉興一市長が、北九州の活性化には観光振興が必要であると主張したのを機に、北九州市ルネッサンス構想の一環として門司港レトロ事業が実施された。

2003年(平成15年)には門司港レトロ地区の訪問客数が255万人にまで達したが、ハード面の開発が一段落してからは伸び悩みが見られる。

テレビの電波直接受信については、地理的に皿倉山の八幡テレビ・FM放送所から出される電波が届かない地域が多いため、区内に数多くの中継局が設けられている。

北九州市域は共通語化が著しいが、「読ミキラン」(読む能力がない)、「見ラン」(見ない)などの九州方言は、年層・性別を問わず聞かれる。

また、門司は北九州市の中でも旧豊前国・小倉藩に属することから、筑前方言の文末詞「バイ」「タイ」は余り使われない。

豊前方言が残っている一方、中国地方の言い方も流入しており、地理的位置を反映して多様性が見られる。

「イツ行クン」などの問いかけに「ン」を用いるのも豊前方言である。

理由を示す「……から」は「ケ」が一般的で、「ケン」はまれである。

「書いている」「知っている」を「書キヨル」「知ットル(知ッチョル)」と言うが、昭和40年代頃から、遠賀川以西の発音の影響を受けて「書キヨー」「知ットー(知ッチョー)」と言う人が増えている。

[ryoko-2]

【JR九州 鹿児島本線】  
門司港駅 – 小森江駅 – 門司駅

【平成筑豊鉄道門司港レトロ観光線(北九州銀行レトロライン)】
九州鉄道記念館駅 – 出光美術館駅 – ノーフォーク広場駅 – 関門海峡めかり駅

【高等学校】
門司大翔館高等学校、門司学園高等学校、敬愛高等学校、豊国学園高等学校、啓知高等学校

【中学校】
門司学園中学校、東郷中学校、戸ノ上中学校、早鞆中学校、松ヶ江中学校、緑丘中学校、門司中学校、柳西中学校、敬愛中学校

【小学校】
大積小学校、小森江西小学校、小森江東小学校、白野江小学校、大里東小学校、大里南小学校、大里柳小学校、田野浦小学校、西門司小学校、萩ヶ丘小学校、柄杓田小学校、藤松小学校、松ヶ江北小学校、松ヶ江南小学校、港が丘小学校、門司海青小学校、門司中央小学校、敬愛小学校

【幼稚園】
松ヶ江幼稚園、愛光幼稚園、あけぼの幼稚園、敬愛幼稚園、さいわい幼稚園、東郷瞳幼稚園、西門司幼稚園、日の丸幼稚園、門司こばと幼稚園、門司聖母幼稚園、門司瞳幼稚園

【祭事・催事・イベント】
北九州市消防出初式(1月)、和布刈神事(1月)、門司海峡フェスタ(5月)、門司みなと祭り(5月)、関門海峡花火大会(8月)、楠原踊(10月)、大積神楽(11月)、門司港レトロイルミネーション(11月-2月)、門司港レトロカウントダウン(12月)

【著名な出身人物】
青山真治(映画監督)、秋山竜次(お笑い芸人ロバー)、芋洗坂係長(お笑い芸人)、小田基義(映画監督)、川面剛(元プロバスケットボール選手)、城井崇(衆議院議員)、キミーブラウニー(ミュージシャン・お笑い芸人)、金哲彦(元陸上競技選手)、ゴン(お笑いコンビビックスモールン)、佐木隆三(作家)、塩ノ谷早耶香(元歌手)、杉尾秀哉(参議院議員)、杉葉子(女優)、宅和本司(元プロ野球選手)、竹下佳江(元バレーボール選手)、田中輝明(バスケットボール指導者)、つるの剛士(俳優)、中島義道(哲学者)、中村正三郎(プログラマー)、畑中良輔(バリトン歌手)、林芙美子(作家)、原田徹(アナウンサー)、馬場裕之(お笑い芸人ロバート)、平出隆(詩人)、藤原新也(写真家)、福井烈(元プロテニス選手)、宮本隆治(アナウンサー)、毛利輝夫(俳優)、諸口あきら(タレント)、山岸二郎(テニス選手)、山田稔(小説家)、山本幸三(衆議院議員)、湯崎夫沙子(アニメーション作家)、米岡誠一(ローカルタレント)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

福岡県北九州市門司区(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【福岡県北九州市門司区(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]