『山口県山口市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  山口県
【市町村】  山口市
【面積】  1,023.23km2
【人口】  194,990人(2019年10月1日)
【人口密度】  191人/km2
【市役所】  山口県山口市亀山町2番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

山口県の中央部に位置する市。

同県の県庁所在地でもある。

山口県の県庁所在地でありながら市内総生産では人口規模で上回る下関市に次ぐ存在であり、県内において経済的に大きな求心力を持たない。

関門都市圏と広島都市圏に挟まれた谷間の地域ともいえる。

2005年(平成17年)10月1日に合併する直前まで人口が約14万人に過ぎず、下関市、宇部市、周南市に次ぐ県内第4の都市であった。

現在の山口市は3代目に当たり、旧・山口市と旧・小郡町、旧・阿知須町は戦前に一度合併したのちに再び分離している。

平成の大合併で両町と旧・徳地町、旧・秋穂町が合併し、市域面積は県内最大となったが人口密度は県内19市町中12位の194.8人/km2であり、人口規模は20万人に満たない。

隣接する防府市と共に都市雇用圏である山口都市圏を構成するが、特に徳地地区(旧徳地町)や秋穂地区(旧秋穂町)は防府市との交流が多く、また阿知須地区(旧阿知須町)はもともと宇部都市圏であることもあり宇部市と密接な関係を持つ。

湯田温泉周辺や山口県庁等が所在する地域を含む旧来からの山口市街地は、東西の主要幹線のひとつである山陽本線ではなく、山口線沿線にある。

山陽本線にあたる路線を建設した山陽鉄道は、1888年(明治21年)1月に神戸 – 赤間関(現・下関)間の鉄道建設免許を受けたが、1892年(明治25年)7月時点で広島以西の経由地は未決定であった。

山陽鉄道は当初から、山口を経由せず徳山 – 三田尻(現・防府) – 小郡(現・新山口)を経由する現在線に近い海岸線ルートの認可を申請したのに対し、参謀本部が山口などを経由する山間線を主張した。

この山間線は、五日市付近より山間部に入り須々万や伊佐(現在の美祢駅付近)等を経由して海岸付近を一切通らず赤間関に至るもので、山陽鉄道が申請した海岸線ルートとは大きく異なるものである。

最終的には参謀本部の提案した山間線は経済的問題を解決できず、赤間関付近の危険箇所等を修正して概ね当初の海岸線ルートに敷設許可が下りた。

山口県のほぼ中央に位置しており、市域は南北に長く南端は瀬戸内海(山口湾)に面し、北端は島根県と接する。

道路網が整備されていることから、県内のほぼ全域から1時間30分以内で到達することが出来る。

山口盆地の中央を南北に椹野川が貫き、その両岸に市街地が形成されている。

森林セラピー基地認定地域。

山口市の中・南部域は瀬戸内海式気候のため比較的温暖・少雨であるものの、北部域は中国山地の南西端となっており寒暖の差が激しい。

山口市の人口は、1955年の国勢調査以降、全国の県庁所在地の中で長らく最下位であった。

平成の大合併の動きの中、2005年10月に秋穂町・阿知須町・小郡町・徳地町・山口市が合併し3代目の山口市が誕生したことで、三重県津市の人口を抜いて一時的に最下位ではなくなった。

しかし2006年1月1日に津市が周辺9市町村と合併すると再び山口市が最下位となった。

その後、2010年1月16日の阿東町との合併で、当時の推計人口ベースで島根県松江市、鳥取県鳥取市、山梨県甲府市の各都市の人口を抜いたが、2010年の国勢調査では鳥取市と甲府市に抜かれ、松江市も2011年8月1日に東出雲町と合併したため、再び山口市が最下位となったが、2015年の国勢調査では、鳥取市、甲府市を抜き最下位を脱出し県庁所在地の人口では全国45位になった。

南北朝時代の延文5年/正平15年(1360年)に周防国を平定した大内弘世が大内氏の本拠地を吉敷郡御堀氷上(現在の山口市大内御堀)から現在の山口市中心部に移したのがルーツとされている。

室町時代には大内館が築かれ、日明貿易が行われる。

応仁の乱以後には乱を逃れてきた文化人を歓迎したので大内文化、「西の京」として栄え、戦国時代には大内義興、大内義隆が市街を整備し栄華を極めた。

義興に庇護され後に京へ戻った室町幕府10代・12代将軍の足利義尹(義稙)、雪舟、フランシスコ・ザビエルなど、この町に縁のある人たちは多い。

天文21年12月9日(1552年12月24日)に山口の宣教師コスメ・デ・トルレスらが、司祭館に日本人信徒を招いてクリスマスの祝を催した。

このため、日本のクリスマスの発祥の地は山口である。

山口市は県庁所在地ではあるものの、その他の主たる産業は公共施設や公共事業等を除くと、後述する観光業と流通業程度で日本では数少ない行政都市に特化した印象が強い。

小郡地区(旧小郡町)は、道路網や鉄道網が新山口駅を中心として四方へ広がっており、県央地域の交通拠点となっている。

このため、同地区では小郡町時代から全国企業の山口県統括担当となる支店や営業所等が町の規模の割には多く設置されていた。

最近は、公共事業による道路整備等に伴いその傾向が強まっている。

当地は商業、特に流通業が発展が特徴的である。

また、宇部市を中心とした宇部都市圏を主な商圏とする阿知須地区(旧阿知須町)が市内にあることもあり、山口市の年間商品販売額は山口県内第1位である(2006年度)。

アパレル大手のファーストリテイリングは登記上本社を市南部の佐山地区に置いている。

瀬戸内海に面した地域に秋穂漁港、相原漁港、阿知須漁港、山口漁港の4つの漁港が存在し、椹野川では内水面漁業による鮎の養殖などが行われている。

山口駅周辺に山口市中心商店街が広がり、歓楽街である湯田温泉には宿泊施設が複数立地している。

山口駅周辺の商店街内には百貨店の山口井筒屋(旧ちまきや)が存在することもあり、一定の集客力を持つが、商店街でもう一つの核となっていたダイエー山口店が閉店(現在は跡地に生活協同組合コープやまぐちが出店)したほか、市内の郊外や同一商圏内の近隣都市に広い駐車場を備えた大型ショッピングセンター(大内地区のゆめタウン山口やザ・ビッグ大内店、平川地区のフジグラン山口やハイパーモールメルクス山口、小郡地区のイオンタウン小郡、防府市のイオン防府店等)が林立したこともあり、最盛期に比べ衰退傾向にある。

一方、市内の阿知須地区にも旧阿知須町時代に地元商業者が中心となって開業させた大型ショッピングセンター「サンパークあじす」があるが、同地区は隣接する宇部市を中心とした宇部都市圏および小郡地区が主な商圏であるため、中心部の商業への影響は少ない。

山口ケーブルビジョンでは福岡県域局のテレビ西日本(フジ系)・TVQ九州放送(テレ東系)による区域外再放送がそれぞれ行われており、加入率は70%を越えている。

長年にわたり新山口駅と秋芳洞を結ぶ路線や新山口駅と萩市を結ぶ路線を運行しており、新山口駅 – 東萩駅の特急バス「はぎ号」も運行している。

1999年に廃止された山口市交通局(山口市営バス)から路線・車両を譲り受け、同局が運行していた平成の大合併以前からの山口市域各地や旧小郡町域、旧秋穂町域の市内路線バスを運行している。

山口市と山口宇部空港を結ぶ路線バスを中国ジェイアールバスと共同運行している。

[ryoko-2]

【大学・短期大学】  
山口大学、山口県立大学、山口学芸大学、山口芸術短期大学

【高等学校】
山口高等学校、徳佐分校、山口中央高等学校、西京高等学校、山口農業高等学校、防府高等学校佐波分校、中村女子高等学校、野田学園高等学校、山口県鴻城高等学校

【中学校】
山口大学教育学部附属山口中学校、仁保中学校、大内中学校、氷上分校、宮野中学校、大殿中学校、白石中学校、湯田中学校、鴻南中学校、平川中学校、潟上中学校、二島中学校、川西中学校、小郡中学校、秋穂中学校、阿知須中学校、徳地中学校、阿東中学校、阿東東中学校、野田学園中学校

【小学校】
山口大学教育学部附属山口小学校、仁保小学校、小鯖小学校、大内小学校、氷上分室、大内南小学校、宮野小学校、大殿小学校、白石小学校、湯田小学校、良城小学校、平川小学校、大歳小学校、陶小学校、鋳銭司小学校、名田島小学校、二島小学校、嘉川小学校、興進小学校、佐山小学校、上郷小学校、小郡小学校、小郡南小学校、秋穂小学校、大海小学校、阿知須小学校、井関小学校、中央小学校、島地小学校、串小学校、八坂小学校、柚野木小学校、生雲小学校、さくら小学校、徳佐小学校、嘉年小学校

【幼稚園】
仁保幼稚園、小鯖幼稚園、大内幼稚園、宮野幼稚園、吉敷幼稚園、平川幼稚園、鋳銭司幼稚園、名田島幼稚園、二島幼稚園、秋穂幼稚園、旭幼稚園、亀山幼稚園、西園寺幼稚園、菅内幼稚園、野田学園幼稚園、明星幼稚園、山口天使幼稚園、山口中央幼稚園、湯田幼稚園、阿知須幼稚園、小郡幼稚園、山口県鴻城高等学校附属幼稚園

【保育園】
山口保育園、東山保育園、大内保育園、陶保育園、楠木保育園、三の宮保育園、山口第二保育園、小郡上郷保育園、小郡乳児保育園、小郡保育園、黒潟保育園、あじす保育園、堀保育園、八坂保育園、地福保育園、篠生保育園、生雲保育園、徳佐保育園、おおとり保育園、大内光輪保育園、嘉川保育園、さやま保育園、はあもにい保育園、ひかり園、第二ひかり園、三つ葉保育園、たんぽぽ保育園、秋穂保育園、大海保育園、島地保育園、花尾保育園

【特別支援学校】
山口大学教育学部附属特別支援学校、山口南総合支援学校、山口総合支援学校、みほり分校

【専修学校・各種学校】
山口インフォメーション・カレッジ、山口コ・メディカル学園、YIC公務員専門学校、山口調理師専門学校

【JR西日本 山陽本線】
四辻駅 – 新山口駅 – 嘉川駅 – 本由良駅

【JR西日本 山口線】
新山口駅 – 周防下郷駅 – 上郷駅 – 仁保津駅 – 大歳駅 – 矢原駅 – 湯田温泉駅 – 山口駅 – 上山口駅 – 宮野駅 – 仁保駅 – 篠目駅 – 長門峡駅 – 渡川駅 – 三谷駅 – 名草駅 – 地福駅 – 鍋倉駅 – 徳佐駅 – 船平山駅

【JR西日本 宇部線】
新山口駅 – 上嘉川駅 – 深溝駅 – 周防佐山駅 – 岩倉駅 – 阿知須駅

【道路】
国道2号、国道9号、山口バイパス、国道190号、国道262号、国道315号、国道376号、国道435号、国道489号

【名所・旧跡・観光スポット】
保寧山瑠璃光寺、淸涼山月輪寺、香山常栄寺、正宗山洞春寺・のむら美術館、瑞雲山龍福寺、古熊神社、山口大神宮、豊栄神社・野田神社、仁壁神社、木戸神社、山口サビエル記念聖堂、SLやまぐち号、湯田温泉、中原中也記念館、山口市民会館、おおすみ歴史美術館、鴻ノ峰、一の坂川(後河原)、竪小路、山口市菜香亭、今八幡宮、八坂神社、象頭山、姫山、豆子郎本店、鳴滝、鳴滝温泉、佐波山、赤田神社、土師八幡宮、瀧塔山龍蔵寺、月光山泰雲寺(闢雲寺)、中原中也の墓、陶ヶ岳 (火の山連峰)、山口県セミナーパーク、長沢ガーデン、其中庵、中郷八幡宮、中領八幡宮、正八幡宮、阿知須温泉、きらら浜、山口県立きらら浜自然観察公園、道の駅きらら あじす、道の駅あいお、秋穂八十八箇所、木戸峠、大原湖(佐波川ダム)、重源の郷、長門峡、道の駅長門峡、道の駅仁保の郷、道の駅願成就温泉、柚木慈生温泉、KDDI山口衛星通信センター、十種ヶ峰ウッドパーク、徳佐しだれざくら、船方総合農場(観光牧場)、蔵目喜梨園、リンゴ狩り、釣り堀(地福近辺)、亀山の宝篋印塔

【祭事・催事・イベント】
全日本実業団ハーフマラソン(2月)、高倉荒神祭(2月)、コープやまぐち 生協まつり(4月)、湯田温泉白狐祭り(4月)、青空天国いこいの広場(5月)、一の坂川 ほたる観賞Week(5月 – 6月)、山口祇園祭(7月)、ふしの夏祭り、山口七夕ちょうちんまつり(8月)、陶八雲神社例祭(腰輪踊り)(8月)、えび狩り世界選手権(8月)、アートふる山口(10月-11月)、あいお花火祭り・あいお祭り(10月)、嘉年土居神楽舞(10月)、山口天神祭(11月)、日本のクリスマスは山口から(12月)

【名物・特産品】
大内人形、大内塗、外郎(豆子郎・御堀堂・本多屋・数井製菓)、舌鼓(銘菓)、小郡饅頭、しっちょる鍋、かみなり豆腐、山口美術館通り(饅頭菓子)、SLやまぐち号グッズ、昭ちゃんコロッケ、山口饅頭(きれん製菓・本多屋)、安平麩、徳地しいたけ、わさび、はなっこりー、阿知須牛、かぼちゃ、あじすの外郎、阿東牛、牛乳、リンゴ、ナシ、アユ、トマト、海苔、クルマエビ、蜂蜜、米(コシヒカリが多い)

【著名な出身人物】
安藤方之(鷺流狂言師)、石川佳純(卓球選手)、上野英信(記録作家)、兼崎地橙孫(俳人)、嘉村礒多(私小説家)、川野太郎(俳優)、岸信介(政治家)、國重友美(書家)、中原中也(詩人)、藤井克典(アナウンサー)、丸山誠治(映画監督)、Yuly(タレント、アイドル)、モリワキユイ(タレント、アイドル)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

山口県山口市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【山口県山口市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]