『山口県下関市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  山口県
【市町村】  下関市
【面積】  716.10km2
【人口】  257,038人(2019年10月1日)
【人口密度】  359人/km2
【市役所】  山口県下関市南部町1番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

山口県西部に位置する市。

人口規模、経済規模ともに山口県では最大の都市であり、中核市及び中枢中核都市に指定されている。

また日本で最初に市制を施行した36都市の1つ。

本州の最西端に位置し、古くから関門海峡北岸に面する港湾都市として栄えたこともあってその人口規模は県庁所在地である山口市を凌ぎ、中国地方でも広島市、岡山市、倉敷市、福山市に次ぐ5番目の人口規模の都市である。

中心部の一部の下関港周辺は、古くは「赤間関」と呼ばれており(対岸の門司は「もじがせき」と呼ばれていた)、これを赤馬関(あかまがせき)とも書いたことから、これを略した「馬関」(ばかん)という別名も用いられた。

また、下関港を発着する関釜連絡船(現在の関釜フェリー)は、日本から朝鮮半島や中国大陸へ渡る主要ルートの1つとなったことから、東アジア諸国への玄関口としての機能をも有した。

また陸上交通・海上交通の両面で重要な地点となったことから、戦時中には下関要塞として関門海峡沿岸部一帯が大日本帝国陸軍の支配下に置かれた。

1878年(明治11年)郡区町村編制法により、東京15区、大阪4区、京都2区、以下1区ずつで名古屋、横浜、堺などと共に赤間関区(あかまがせきく)が置かれたことに始まり、1889年(明治22年)4月1日の市制施行時には、日本で最初に市制を施行された31市の1つ(山口県で唯一)として赤間関市発足。

1902年(明治35年)6月1日に現在の市名である『下関市』となった。

現在の市制は2代目で、2005年(平成17年)2月13日に下関広域都市圏を構成していた(旧)下関市と豊浦郡の4町(菊川町、豊田町、豊浦町、豊北町)の計1市4町が合併(新設合併)して、新たに発足したものである。

合併前の(旧)下関市は2002年(平成14年)4月1日に特例市に指定されており(合併時に新市が特例市に指定)、合併時直近の国勢調査(2000年10月)に基づく旧1市4町の人口の合計が301,097人と、(当時の)中核市移行の基準である30万人を越えていたため、合併同年の2005年(平成17年)10月1日に中核市の指定を受けた。

ただし、合併以来実際の人口が30万人を超えたことがなく(2005年の国勢調査時点では290,693人)、現在の人口は26万人あまりである。

合併前の下関市・豊浦郡で下関都市圏(下関広域都市圏)を形成しており、現在は1市で都市圏を構成している。

現在も経済面でも山口県西部(長門国)の中心的都市であり、2016年の市内総生産は9174億85百万円で県内1位。

下関市に本社、あるいは営業拠点を置く企業も多く、中国・四国地方最大の金融グループである山口フィナンシャルグループ(山口FG)および傘下の山口銀行、山口県下最大(中国地方3位)の信用金庫である西中国信用金庫、山口県内一円を営業エリアとする一般ガス事業者の山口合同ガス、地方紙「山口新聞」や水産食品専門紙「みなと新聞」を発行するみなと山口合同新聞社が本社を置いている。

また日本銀行も山口市ではなく下関市に日銀支店(日本銀行下関支店)を置いている。

一方で、関門海峡対岸に位置する北九州市をはじめとする北部九州地域との交流も深く、下関市は北九州市とともに関門都市圏を形成している。

山口県の最西端かつ本州の最西端に位置する。

関門海峡を挟んで西を日本海(響灘)、南を瀬戸内海(周防灘)に接する。

周防灘に注ぐ木屋川や響灘に注ぐ綾羅木川などの河口付近に形成されている沖積平野部を除くと、稜線が海岸ぎりぎりまで接近する地形となっており、特に旧市街では平地が少ない。

また下関中心部と長府地区を遮るように霊鷲山や大唐楯山、茶臼山が存在している。

旧郡部ではいくつかの盆地が点在し、それぞれの盆地で集落を形成している。

市内に位置する主な山としては、関門海峡に面し観光スポットにもなっている火の山、航空通信施設などのある華山、あるいは狗留孫山(くるそんざん)などがある。

人の住む島としては、関門海峡に面した彦島、響灘に浮かぶ角島、蓋井島、六連島がある。

下関市は、関門海峡の対岸に位置する北九州市とともに本州と九州の接点・大陸への玄関口として発達してきた。

両市が中心となって形成される都市圏は関門都市圏とも呼ばれるように、両市の経済面および文化的な繋がりは極めて深く、観光や行政サービスなどで両市の交流が盛んなほか、買い物・娯楽・通勤通学・交通機関利用(小倉駅や北九州空港)等を目的とした両市間の人の流れが日常的にある。

古くより九州や中国・朝鮮半島といったアジア大陸からの本州の玄関口として栄え、江戸時代には「西の浪華」と呼ばれるほどの賑わいだった。

また日本史における数々の重要な出来事に関係している都市でもある。

港湾都市として栄えたこともあり、古くから海運や貿易および金融に関連した産業が盛んであった。

第一次産業では主に水産業が盛んで、以前は捕鯨が主であった。

現在も下関は「近代捕鯨発祥の地」である上、全国有数の商業捕鯨基地であり、現在も調査捕鯨の基地である。

現在はフグの水揚げ高が全国の8割を占め、水揚げ高は全国1位であり、市内にはふぐ専用の魚市場の南風泊(はえどまり)魚市場を構える。

また最近になり、アンコウの水揚げ高も日本一であることがわかり、下関の新たな名物としてPR活動を行っている。

旧下関市街地では幕末前後から明治・大正時代にかけての歴史遺産を整備した名所旧跡や歴史的建築物(洋館、神社仏閣など)が多数存在するほか、城下町の長府地区には由緒ある神社仏閣や武家屋敷などが集まっている。

また関門海峡沿いには観光施設が複数建設されており、対岸の門司港レトロ地区(北九州市)と併せた周遊ルートとして多くの観光客で賑わう。

下関市は山口県のなかで、最も観光客数が多く、2017年の観光客数はおよそ705万5千人である。

海外からのクルーズ船も多く、2017年の下関港湾局統計によると、クルーズ船が57回帰港している。

また、旧4町では「角島大橋」のある角島、「瓦そば」が名物の川棚温泉や石柱渓、本州最西端の地である毘沙ノ鼻などの自然景観を生かした観光地が中心となる。

下関は山陽道と山陰道の結節点にあたり、さらには関門海峡を挟んで九州と対峙する位置にあったこと、大陸の玄関口であったことより、古来より陸と海における交通の要衝であり続けた。

陸路の例として、山陽道(西国街道)の終点であったことや現在の国道9号の終点であること、また国道191号及び国道491号の起点であること。

海路の例として、近世に北前船(西廻り航路)の経由地であったことや、現在、下関港が国際拠点港湾および中枢国際港湾、日本海側拠点港湾、総合的拠点港湾に、下関漁港が特定第3種漁港にそれぞれ指定されていることなどが挙げられる。

市内に空港はないが、近隣には北九州空港および山口宇部空港があり、後者は下関市内から路線バスで連絡している。

また、福岡空港への高速バスも運行されている。

なお、かつては北九州空港への路線バスも存在したが、2011年(平成23年)3月31日をもって廃止された。

福岡市と下関市を結ぶ「ふくふく天神号」、フジグラン宇部・山口宇部空港と下関市を結ぶ路線がある。

下関市は、大洋漁業株式会社(現:株式会社マルハニチロ水産)の創業の地であり、西日本地区におけるベースオフィスでもあったことから、当地を本拠地に大洋漁業(当初は林兼商店)野球部が活動し、1948年国民体育大会優勝、その他都市対抗野球などにも出場する強豪チームとして知られた。

[ryoko-2]

【大型商業施設】  
シーモール下関、下関大丸、グリーンモール商店街、長門市場、豊前田、唐戸市場、サンリブ唐戸、ゆめタウン長府、ゆめシティ、ゆめモール下関

【名所・旧跡・観光スポット】
下関港、グリーンモール商店街(コリア・タウン)、長門市場、豊前田、櫻山神社、高杉晋作終焉の地、下関市民会館、巌流島(船島)、山口県国際総合センター、海峡ゆめタワー、海峡メッセ下関、海峡ゆめ広場、エキマチ広場、日和山公園、大歳神社、亀山八幡宮、唐戸市場、カモンワーフ、唐戸桟橋、しものせき水族館 海響館、はい!からっと横丁、旧下関英国領事館、下関南部町郵便局、旧秋田商会ビル、青春交響の塔、朝鮮通信使上陸淹留之地記念碑 、田中絹代ぶんか館、藤原義江記念館、金子みすゞゆかりの地、林芙美子ゆかりの地、赤間神宮、大連神社、春帆楼、関門海峡、関門橋、関門人道トンネル、みもすそ川公園、壇ノ浦古戦場、平家の一杯水、火の山、下関運動公園・下関陸上競技場、戦場ヶ原公園、生野神社(宮山古墳)、南風泊市場、老の山公園、ひこっとらんどマリンビーチ、ナイスビューパーク、下関漁港閘門、功山寺、乃木神社、櫛崎城跡(関見台公園)、長府庭園、長府毛利邸、忌宮神社・相撲資料館、土塀の町並み、檀具川、下関市立美術館、下関市立長府博物館、下関競艇場、東行庵、東行記念館、奇兵隊陣屋跡、海上自衛隊小月航空基地、湯谷温泉、下関北運動公園・下関球場・山口県立下関武道館、深坂自然の森、下関園芸センター、蓋井島、毘沙ノ鼻、勝山御殿跡、綾羅木郷遺跡、下関市立考古博物館、中山神社、愛新覚羅社、綾羅木海水浴場、安岡海水浴場、吉母海水浴場、下関フィッシングパーク、川棚温泉、大河内温泉、クスの森、リフレッシュパーク豊浦、福徳稲荷神社、角島(角島灯台・角島大橋)、土井ヶ浜遺跡・人類学ミュージアム、土井ヶ浜海水浴場、豊北峡、壁島ウ渡来地、住吉神社、勝山御殿跡、植松古墳公園、中山渓、ゲンジボタル、一ノ俣温泉、豊田温泉、石柱渓、豊田湖(木屋川ダム)、安徳天皇陵

【祭事・催事】
下関ふくの日まつり(2月)、維新・海峡ウォーク(4月)、東行忌(4月)、先帝祭(5月)、しものせき海峡まつり(5月)、リトル釜山フェスタ in SUMMER(7月)、数方庭祭(8月)、関門海峡花火大会(8月)、朝鮮通信使行列再現(8月)、馬関まつり(8月)、ツール・ド・しものせき(10月/11月)、福江八幡宮流鏑馬(10月)、下関海響マラソン(11月)、下関さかな祭(11月)、リトル釜山フェスタ(11月)

【名産品】
フグ(ふく)、ウニ、クジラ、アンコウ、ふぐ鍋、あんこう鍋、とんちゃん鍋、辛子明太子、瓶詰めウニ、瓦そば、韓国料理、魚肉練り製品、角島・特牛のイカ、巌流焼・おそいぞ武蔵、亀の甲煎餅、うにぱい、阿わ雪(淡雪)、二見饅頭、小月最中、ふぐ提灯、ふぐ凧、河豚笛、赤間硯

【温泉】
日乃出温泉、王司温泉、吉見温泉、川棚温泉、大河内温泉、津波敷温泉、菊川温泉、西ノ市温泉、日野温泉、一の俣温泉、下関つくの温泉

【大学・短期大学】
下関市立大学、東亜大学、梅光学院大学、下関短期大学、水産大学校

【高等学校】
下関商業高等学校、下関西高等学校、下関南高等学校、下関北高等学校、下関工科高等学校、長府高等学校、豊浦高等学校、田部高等学校、山口農業高等学校西市分校、下関双葉高等学校、クラーク記念国際高等学校下関キャンパス、下関国際高等学校、下関短期大学付属高等学校、梅光学院高等学校、早鞆高等学校

【中学校】
名陵中学校、日新中学校、向洋中学校、文洋中学校、山の田中学校、彦島中学校、玄洋中学校、長府中学校、長成中学校、東部中学校、木屋川中学校、川中中学校、垢田中学校、安岡中学校、吉見中学校、勝山中学校、内日中学校、豊田中学校、豊洋中学校、夢が丘中学校、豊北中学校、菊川中学校、梅光学院中学校

【小学校】
養治小学校、文関小学校、名池小学校、王江小学校、関西小学校、桜山小学校、向山小学校、生野小学校、山の田小学校、本村小学校、西山小学校、江浦小学校、角倉小学校、向井小学校、豊浦小学校、長府小学校、王司小学校、清末小学校、小月小学校、王喜小学校、吉田小学校、川中小学校、熊野小学校、川中西小学校、垢田小学校、安岡小学校、吉見小学校、吉母小学校、蓋井小学校、勝山小学校、一の宮小学校、内日小学校、豊田中小学校、西市小学校、豊田下小学校、室津小学校、誠意小学校、川棚小学校、小串小学校、宇賀小学校、角島小学校、阿川小学校、粟野小学校、滝部小学校、豊東小学校、岡枝小学校、楢崎小学校

【特別支援学校】
下関南総合支援学校、山口南総合支援学校下関分校、下関総合支援学校、豊浦総合支援学校

【専門学校】
下関理容美容専門学校、下関文化産業専門学校、下関福祉専門学校、下関看護リハビリテーション学校、さくら国際言語学院、日本医療専門学校、下関看護専門学校、下関歯科技工専門学校、ウエストジャパン看護専門学校、下関コンピュータビジネス学院

【JR西日本 山陽本線】
小月駅 – 長府駅 – 新下関駅 – 幡生駅 – 下関駅

【JR西日本 山陰本線】
長門粟野駅 – 阿川駅 – 特牛駅 – 滝部駅長門二見駅 – 宇賀本郷駅 – 湯玉駅 – 小串駅 – 川棚温泉駅 – 黒井村駅 – 梅ケ峠駅 – 吉見駅 – 福江駅 – 安岡駅 – 梶栗郷台地駅 – 綾羅木駅 – 幡生駅

【道路】
国道2号、小月バイパス、関門国道トンネル、国道9号、国道191号、下関北バイパス、国道435号、国道491号、山口県道33号下関美祢線、山口県道34号下関長門線、山口県道35号豊浦菊川線、山口県道38号美祢油谷線、山口県道39号粟野二見線、山口県道40号豊浦清末線、山口県道57号下関港線、山口県道65号山陽豊田線、山口県道65号山陽豊田線、山口県道233号美祢菊川線、山口県道244号下関川棚線、山口県道245号永田郷室津川棚線、山口県道246号長府前田線、山口県道247号安岡港長府線、山口県道248号下関港安岡線、山口県道250号南風泊港線、山口県道251号田ノ首下関線、山口県道252号福浦港金比羅線、彦島道路(元彦島有料道路)、山口県道253号小月停車場線、山口県道254号長府停車場線、山口県道255号田倉新下関停車場線、山口県道256号綾羅木停車場線、山口県道257号安岡停車場線、山口県道258号武久椋野線、山口県道259号新下関停車場稗田線、山口県道260号宇賀山陽線、山口県道261号豊浦久野線、山口県道262号豊浦豊田線、山口県道263号小串停車場線、山口県道265号七見小月線、山口県道266号日野吉田線、山口県道267号中ノ川於福停車場線、山口県道268号豊田三隅線、山口県道269号豊田粟野港線、山口県道270号田耕湯玉停車場線、山口県道272号滝部停車場線、山口県道275号島戸港線、山口県道276号角島神田線、山口県道319号大河内地吉線、山口県道323号下関停車場線、山口県道327号狗留孫山公園線

【著名な出身人物】
松田優作(俳優)、細川俊之(俳優)、山下真司(俳優)、片桐竜次(俳優)、益岡徹(俳優)、小林且弥(俳優)、田中絹代(女優)、木暮実千代(女優)、三田登喜子(女優)、越智静香(女優)、津路清子(女優)、貴羽右京(宝塚歌劇団男役)、蘭舞ゆう(宝塚歌劇団男役)、若本規夫(声優)、神代知衣(声優)、金魚わかな(声優)、田村淳(お笑いコンビ・ロンドンブーツ1号2号)、波田陽区(お笑い芸人)、八十島弘行(お笑いコンビ・2700)、剛州(俳優・タレント)、安田栗之助(ローカルタレント)、青木美津子(グラビアモデル)、楠城華子(タレント)、岡田ひとみ (タレント)、三宅あみ(モデル、タレント)、藤原義江(オペラ歌手)、二村定一(歌手)、林伊佐緒(歌手)、山本譲二(歌手)、音羽しのぶ(歌手)、田崎敬浩(EXILE・TAKAHIRO)、吉崎勝正(クリスタルキングリーダー)、SION(シンガーソングライター)、KATZE、田川ヒロアキ、織田浩司(BIG HORNS BEE)、河合わかば(BIG HORNS BEE)、マシータ(BEAT CRUSADERS)、コシバKEN(ET-KING総合司会)、堤晋一(Bivattcheeヴォーカル)、NAKANO(マニ★ラバヴォーカル)、和田薫(作曲家)、岡村有希子(歌手)、まちゃあき(ダンサー芸人)、野々村彩乃(ソプラノ歌手)、坂本奈優

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

山口県下関市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【山口県下関市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]