『三重県伊勢市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  三重県
【市町村】  伊勢市
【面積】  208.35km2
【人口】  123,631人(2019年10月1日)
【人口密度】  593人/km2
【市役所】  三重県伊勢市岩渕1丁目7番29号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

三重県南東部に位置する都市である。

市域の大半は旧度会郡であり、一部に旧多気郡域を含む。

伊勢神宮の鳥居前町として発達した都市で、「神都」の異名を持つ。

江戸時代には「お伊勢まいり」の街として多数の観光客が訪れ、現在も伊勢志摩の中心都市となっている。

伊勢神宮では20年に一度社殿を建て替え神座を移す「神宮式年遷宮」が催行され、街に活気をもたらすことから「伊勢の町は遷宮のたびに新しくなる。

20年ごとに活性化する」と言われている。

直近の式年遷宮は2013年(平成25年)に開催された。

1906年(明治39年)までは度会郡に属しており、明治維新直後の慶応4年7月6日から明治2年7月17日まで度会府の府庁が置かれた。

廃藩置県により度会府は度会県となり、三重県に編入される1876年(明治9年)4月18日まで県庁所在地であった。

志摩半島の北東部に位置する。

市の北部は平地(伊勢平野の南端)であり、伊勢湾に面している。

南部は標高100m – 500mの丘陵・山地が広がる。

中心市街地は伊勢神宮 外宮(豊受大神宮)の周辺に形成されている。

市街地を外れた森の中に、伊勢神宮 内宮(皇大神宮)が位置する。

「伊勢市」と称する以前は「宇治山田市」と称しており、内宮周辺が宇治、外宮周辺が山田に当たる。

伊勢神宮の門前町として古代から発展し、江戸時代には江戸幕府が伊勢神宮の管理を目的とする山田奉行所を設置した。

山田奉行所は大岡越前として知られる大岡忠相が奉行を務めたことがあり、このころ紀州藩にいた徳川吉宗により、のちに抜擢されることになった。

明治から昭和にかけて参宮鉄道線(現在のJR東海参宮線)・参宮急行電鉄本線(現在の近鉄山田線)・伊勢電気鉄道本線(後の参宮急行電鉄伊勢線。1942年廃止)など鉄道が次々と開通したことにより参詣客が増加した。

さらに、国家神道の下で、第二次大戦までは「神都」として国威発揚の場ともなった。

伊勢神宮は、江戸時代には「お伊勢さん」として民衆に親しまれたが、明治初年には、市内の寺院の数は300以上から15にまで減らされ、1871年には御師が廃止、神域にあった民家も破壊されるなど、民衆から隔絶した、天皇・皇室のための神社として改変された。

宇治山田市からの市名の変更は、当地が伊勢神宮の門前町で、江戸時代から「お伊勢まいり」と呼ばれてきたことが要因とされる。

市内各地にぎゅーとら、マックスバリュ中部、とよはた、オークワなどがスーパーマーケットを、ジップドラッグやスギ薬局などがドラッグストアを展開している。

中心市街地には、伊勢銀座新道商店街や伊勢高柳商店街を始め、多くの商店街が存在する。

「伊勢っこ正直」といわれるように、気候風土のためか、伊勢神宮があるためか、伊勢市民は性格が穏やかで明るいといわれる。

伊勢市は三重県南部では最大の都市であり、三重県南部ほぼすべてを周辺人口に含むため、文化施設と高等学校が多い。

かつては伊勢電気鉄道本線(後の参宮急行電鉄伊勢線。1930年 – 1942年。大神宮前駅など)、路面電車の神都線(1903年 – 1961年)、ケーブルカーの朝熊線(1925年 – 1944年)も存在した。

2003年度には、伊勢神宮を中心として年間約550万人の観光客が訪れた。

式年遷宮が催行された2013年には26,412,049人が来訪、伊勢神宮には14,204,816人が参拝した。

また、近畿地方内の多くの小学校が修学旅行先としており、JRや近鉄の臨時列車も運行される。

観光ガイドでは、「伊勢・奈良・京都」が「3点セット」とされる事がある。

2012年6月1日より、それまで市の緑化推進キャラクターだった「花照ちゃん」(2009年開催の「全日本花いっぱい伊勢大会」のマスコットとして公募)が市の観光PRキャラクターに任命され、名前もひらがな表記の「はなてらすちゃん」に改められた。

伊勢ではこれまでに数多くの博覧会が開催されている。

既に1873年(明治6年)には、文明開化を意図して神宮司庁と度会県庁の共催で実施されている。

観光的な意図をもって博覧会が開催されるようになったのは、昭和以降である。

[ryoko-2]

【河川】  
宮川、五十鈴川、勢田川

【山】
朝熊ヶ岳、高倉山、鼓ヶ岳、前山、神岳、虎尾山(高台)、倉田山、鷲嶺、京路山

【名産】
伊勢うどん、赤福餅、朔日餅、御福餅、二軒茶屋餅、くうや観助餅、太閤出世餅、へんば餅、岩戸餅、神代餅、生姜糖、利休饅頭、虎屋ういろ、絲印煎餅、真珠煎餅、真珠漬、伊勢たくあん、伊勢玩具、神殿、伊勢和紙、伊勢春慶、蓮台寺柿、さわ餅

【大型商業施設】
伊勢ショッピングセンター(イオン伊勢店)、イオンタウン伊勢ララパーク、伊勢みそのショッピングセンター、ミタス伊勢、MEGAドン・キホーテ伊勢上地店

【大学】
皇學館大学、南山大学 伊勢海浜センター

【高等学校】
明野高等学校、伊勢工業高等学校、伊勢高等学校、伊勢まなび高等学校、宇治山田高等学校、宇治山田商業高等学校、伊勢学園高等学校、皇學館高等学校、英心高等学校、協栄高等商業学校

【中学校】
五十鈴中学校、倉田山中学校、厚生中学校、伊勢宮川中学校、桜浜中学校、港中学校、城田中学校、二見中学校、小俣中学校、御薗中学校、皇學館中学校

【小学校】
進修小学校、修道小学校、明倫小学校、厚生小学校、早修小学校、有緝小学校、中島小学校、東大淀小学校、北浜小学校、豊浜西小学校、豊浜東小学校、城田小学校、大湊小学校、神社小学校、浜郷小学校、宮山小学校、佐八小学校、上野小学校、四郷小学校、二見浦小学校、小俣小学校、明野小学校、御薗小学校

【JR東海 参宮線】
宮川駅 – 山田上口駅 – 伊勢市駅 – 五十鈴ケ丘駅 – 二見浦駅 – 松下駅

【近畿日本鉄道 山田線】
明野駅 – 小俣駅 – 宮町駅 – 伊勢市駅 – 宇治山田駅

【近畿日本鉄道 鳥羽線】
宇治山田駅 – 五十鈴川駅 – 朝熊駅

【道路】
国道23号、国道42号、国道167号、主要地方道、三重県道12号伊勢南勢線、三重県道13号伊勢多気線、三重県道22号伊勢南島線、三重県道32号伊勢磯部線、三重県道37号鳥羽松阪線、三重県道38号伊勢大宮線、三重県道60号伊勢松阪線、三重県道102号伊勢二見線、三重県道169号玉城南勢線、三重県道201号宇治山田港伊勢市停車場線、三重県道428号伊勢小俣松阪線、三重県道511号豊北港小俣線、三重県道576号宇治山田港線、三重県道713号東大淀小俣線、三重県道714号村松明野停車場線、三重県道715号館町通線、三重県道716号玉川小俣線、三重県道719号伊勢路伊勢線、三重県道720号横輪南勢線、三重県道748号大湊宮町停車場線

【名所・旧跡・観光スポット】
神宮(伊勢神宮)、猿田彦神社、二見浦の夫婦岩、世義寺、光明寺、朝熊山金剛証寺、神宮徴古館、松尾観音寺、離宮院跡、虎尾山、隠岡遺跡、朝熊山展望台、五十鈴公園、伊勢・安土桃山文化村、伊勢河崎商人館、伊勢志摩スカイライン、伊勢夫婦岩ふれあい水族館シーパラダイス、伊勢和紙館、お伊勢まいり資料館、おかげ横丁、尾崎咢堂記念館、おはらい町、外宮参道、皇學館大学佐川記念神道博物館、皇大神宮、大仏山公園、豊受大神宮、賓日館、二見興玉神社(夫婦岩)、マコンデ美術館、山田奉行所記念館、伊勢まちかど博物館

【祭事・催事】
初午祭(3月)、宮川桜まつり(4月)、御田祭(5月)、どんどこ祭り(5月)、伊勢楽市(5月)、朝熊山開山忌(6月)、二見大祭(7月)、伊勢神宮奉納全国花火大会(7月)、柴燈大護摩(7月)、天王祭(7月)、祇園祭礼(7月)、かんこ踊り(8月)、御塩殿祭(10月)、初穂曳(10月)、伊勢まつり(10月)、里帰り伊勢音頭全国大会(11月)、かんこ踊り(8月)、おばたまつり(8月)、小俣町民体育祭(9月または10月)、掛橋御頭舞(2月)、官舎神社御頭舞(2月)、御頭神事

【伝統工芸】
伊勢一刀彫、伊勢春慶、伊勢の神殿、伊勢の提灯、伊勢玩具、伊勢の根付、伊勢紙、和釘

【著名な出身人物】
市川崑(映画監督)、小津安二郎(映画監督)、高畑勲(アニメーション映画監督)、山田真紀人(映画製作)、植木等(コメディアン)、大西礼芳(女優)、大西敬子(タレント)、岡明子(女優)、小倉久寛(タレント)、楠田枝里子(タレント)、笙乃茅桜(宝塚歌劇団雪組娘役)、中嶋静香(歌手)、中西りえ(演歌歌手)、夏樹陽子(女優)、福永活也(タレント)、松本恵奈(モデル)、ユッコ・ミラー(ジャズサックス奏者)、山岸潤史(ギタリスト)、山村美智(女優)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

三重県伊勢市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【三重県伊勢市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]