『愛知県名古屋市東区』の動画を楽しもう!

【都道府県】  愛知県
【市町村】  名古屋市東区
【面積】  7.71km2
【人口】  82,939人(2019年10月1日)
【人口密度】  10,757人/km2
【区役所】  愛知県名古屋市東区筒井一丁目7番74号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

名古屋市を構成する行政区16区のうちの一つ。

1908年(明治41年)の区成立時の名古屋市において東部に位置した地域であったことからこの名がついた。

東区に相当する地域の町づくりは江戸時代初期の清須越(1610年 – )に端を発しており、名古屋城の城下町としての武家屋敷や寺町がその基である。

明治に入り、名古屋市に区制が引かれた際に当時の市域の東側であったことから「名古屋市東区」が生まれ、その後周辺の町村を編入する一方で区域の一部を千種区・北区へと分離独立させながら現在に至っている。

2012年時点で現存する日本の行政区名「○○市東区」の中では最も古い。

2012年時点での東区は名古屋市において位置的に都心部を構成する行政区であり、全域が市街地で区全体としては基本的に住宅地としての性格が強いが、区の南西部は主要企業の本社・支社が並ぶ商業地域となっている。

北東部はかつては工業地区として各種の大規模工業施設があったが閉鎖が相次ぎ、商業施設等への転換が進んでいるものの一部の工業施設は残っており、工業地区としての側面を残している。

区内には、江戸時代からの町の歴史を感じさせる徳川園、徳川美術館、建中寺や、明治以来の面影を残す白壁・主税(ちから)・橦木地区がある一方で、主に南西部を中心に現代的な施設や町並みも複数ある。

1987年9月に制定された東区のシンボルマークは東=「EAST」のEをベースとしてデザインされており、区民の和と明るい未来を象徴するよう全体に丸みを帯びた意匠となっている。

東区は東北東から西南西方向に細長い形状の区域を持つが、JR中央本線によって大きく東西の二つに分かれる。

2010年時点での区域を全体としてみると大部分が商業地ないしは住宅街などの市街地であり、農地はほとんど存在しない。

区の南西部には多数の企業が本社や名古屋地区における拠点を置いており、中区の隣接区域とともに広義の栄地区の一角を構成して、名古屋市の商業の中心の一つとなっている。

区の北東部にはかつては三菱重工業名古屋発動機製作所・日本たばこ産業名古屋工場などがあり工業地区を形成していたが、昭和末期から平成にかけて閉鎖が相次ぎ大規模な工業施設は少なくなった。

これら矢田南・大幸南地区には、工場跡地を利用してナゴヤドームや複合施設カルポート東(文化小劇場・図書館・スポーツセンター・市民ギャラリーが所在)などが建設され活用されている。

また、守山区との境を流れる矢田川沿いの地域には、昭和50年代に建設された集合住宅群がある。

区中央部の徳川町には徳川園、徳川美術館、蓬左文庫がある。

また、この周辺およびやや南西寄りの白壁地区は市内有数の高級住宅街として地元財界人等が多く居住することで知られる。

この白壁・主税(ちから)・橦木地区は武士屋敷の面影を残し、市の町並み保存地区に指定されている。

交通面では、JR中央本線と地下鉄名城線が交わる大曽根を基点として、名城線・名古屋ガイドウェイバスガイドウェイバス志段味線(ゆとりーとライン)が横断している。

区南部を桜通・錦通が横断し、それぞれ地下鉄桜通線(桜通)・東山線(錦通)が通る。

名古屋市16区の中で一番面積が小さい。

中区と並び名古屋の都心を構成する行政区であり、長年ドーナツ化現象によって人口が減少していたが、近年になって大曽根駅周辺の再開発やマンションの建設ラッシュなどで再び人口が増え始めている。

東区は名古屋台地と呼ばれる海抜20m弱程度の台地の北端に区域の大部分が位置しており、区内では縄文期のものと見られる貝塚や弥生期のものと見られる土器が発見されている。

江戸時代前までは基本的に寂しい農村といった感の地域であった当地域において、本格的な町づくりが始まったのは徳川家康による名古屋城築城の命に伴う清須城下からの藩士や寺社・町家などの移転である清須越が1610年(慶長15年)に開始されてからである。

町の歩みを示すものとして、東区内には徳川園・徳川美術館・逢左文庫・建中寺といった江戸時代の尾張藩(尾張徳川家)にまでそのルーツを遡れるものや城下町の面影を残す「町並み保存地区」(白壁四丁目・主税町・撞木町の一部)もある一方で、名古屋市内でも屈指の商業地域の一角を占める区南東部を中心に愛知芸術文化センター・オアシス21・ナゴヤドームといった現代的な施設もある。

また、JR中央本線の東側には大規模な工業施設もあり、太平洋戦争時ほどではないが工業地区としての側面が現在も残っている。

東区が属する名古屋市は日本の3大経済圏の一つである名古屋圏の中核である。

名古屋圏を全国対比の経済指標でみると、全国のおよそ1割を占める経済圏であると位置づけることができる。

名古屋圏の経済指標のうち対全国比10%を大きく上回るものは第二次産業圏内総生産13.9%、製造品出荷額等18.2%、輸出額21.7%など製造業に関わるものが挙げられ、全国有数のものづくり産業の集積地であると位置づけられるが、名古屋圏における名古屋市で見た場合、製造業が占めるウェイトは大きくなく、むしろ名古屋圏において商業・サービス業部門を担っている都市というポジションとなる。

東区は名古屋市において第二次産業・第三次産業両面で一定の存在感を占めていると考えられる。

第二次産業については、臨海部の港区・南区などと比較すると各指標値で見劣りするものの、当区が名古屋市でも中心部に位置することを考えると、中区・中村区といった同じく中心部に位置する区と比較すれば優位に立っている。

その反面で中区・中村区には第三次産業では一歩譲る形となっているが、それでも行政区16区の中では第3位に入っている。

これは、従来からの東区における構図である北東部の工業地帯、南西部の商業地域という形での区内での住み分けが、大規模工場の移転により崩れつつあるとはいえまだ機能していると見ることもできる。

このことを反映して、上場企業などで東区内に本社を置く企業も区南西部の商業地域を中心に少なからず存在する。

東区の教育機関は高等学校を中心に質的な面・量的な面共に充実しているといえる。

古くからの名古屋の市街地にあることから、そのルーツを尾張藩時代の藩校にまで遡ることができるなど、歴史を持つ学校が多い。

一方で、第二次世界大戦後の復興時に急速に市街地として発展したことに対応し生まれた学校もある。

また、名古屋市の市域の拡大により東区が名古屋市の都心部を構成する区となっていったことから、かつては東区に所在していたものの校地面積の確保などの面から他地域に移転していった教育機関も多数存在する。

現在の東区は名古屋市の中心部に所在する区であり区域全域が市街地であるため、鉄道・道路などの交通網は名古屋市内の中でも充実しているといえる。

ただし区内地域相互の行き来という観点から公共交通網を見た場合、所要時間や料金の面でやや使いづらい組合せがあることも事実である。

東区内には名古屋市交通局・JR東海・名古屋鉄道・名古屋ガイドウェイバスの4事業者が合計6路線の鉄道路線を運行している。

東区内の幹線道路は道路網として整備がなされている。

生活道路については、かつて同心・足軽などの武家屋敷があった地域(主に筒井小学校区内の百人町・黒門町地域)において細い道や行き止まりの道が残されている場合もあったが、区画整理により整備が進められ大部分が解消した。

国道41号、国道153号についてはそれぞれ東区内に起点が存在する。

国道41号は高岳交差点、国道153号は小川交差点が起点である。

愛知県道215号田籾名古屋線については、東区内の全線にわたって基幹バス新出来町線が走行する。

基幹バスは一般道路にバス専用・優先レーンを設けることによってバス車両の表定速度や時間あたり運行本数を向上させ、輸送能力(輸送時間面・輸送量面とも)を向上させることを狙ったものである。

この沿線は鉄道網の空白地域であったため、路線整備の効果も高かった。

東区内には城郭・城跡は存在しないが、名古屋城の東に当たることもあり、かつては中級武士の武家屋敷が建ち並んでいた。

現在でも、主税町長屋門、徳源寺、覚音寺、情妙寺、自然院など、風格ある門や塀が多く、明治以降の優れた洋風建築や和風建築が残る。

町の歩みを反映して、区内には江戸時代にまでそのルーツを遡るスポットから明治・大正時代からのスポット、再開発などにより生まれた現代的なスポットまでが混在している。

本節における施設名の後のカッコ内は当該施設が所在する町丁である。

愛知県芸術劇場・愛知県美術館・愛知県文化情報センターが入居する愛知芸術文化センター、バスターミナル・ショッピングモール・公園の複合施設オアシス21・NHK名古屋放送局(いずれも東桜一丁目)の3施設は再開発によりその敷地を入れ替える形で建設されたものである。

旧栄公園跡地に愛知芸術文化センター・NHK名古屋放送センタービルが建設され、これらの旧施設跡地がオアシス21として整備された。

名古屋市芸術創造センター(葵一丁目)は隣接する名古屋東生涯学習センターと共に名古屋法務局跡地に建設された劇場・コンサートホール施設である。

その近隣には愛知・岐阜・富山・石川・福井の5県を管轄するカトリック名古屋教区の司教座聖堂(カテドラル)であるカトリック布池教会(葵一丁目)、ヤマザキマザック美術館(葵一丁目)といった施設もある。

他には日本プロ野球の中日ドラゴンズが本拠地としているナゴヤドーム(大幸南一丁目)も東区内に所在している。

東区内にはまた、名古屋の近代化の歴史を伝える建造物などが残る地域の総称である「文化のみち」関連施設の大部分が、白壁・主税・橦木町並み保存地区を中心に所在している。

国の重要文化財に指定されている旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎を資料館として活用する名古屋市市政資料館(白壁一丁目)、明治時代の女優川上貞奴の旧邸(旧東二葉町にあった「二葉御殿」)を移築復元した文化のみち二葉館(撞木町三丁目)、旧井元為三郎邸を名古屋市が取得し耐震改修等の整備を行った上で公開した文化のみち橦木館(撞木町二丁目)、岡谷鋼機創業家の岡谷家の邸宅について大正期の書院・茶室・土蔵等を改修し休息用のホールを新築して開館した文化のみち百花百草(白壁四丁目)、名古屋市に現存するカトリック教会としては最古であり一般には聖母教会の名で呼ばれることも多いカトリック主税町教会(主税町三丁目)、堀美術館(主税町四丁目)といった施設が町並み保存地区に所在している。

国道19号(善光寺街道)沿いには、かつて名古屋陶磁器貿易商工同業組合の事務所として使用されていたスクラッチタイル貼りの外観を持つ建築物である名古屋陶磁器会館(徳川一丁目)、従来は中区錦の三菱東京UFJ銀行名古屋ビル旧館にあったものが移転した三菱UFJ銀行貨幣資料館(赤塚町)といった施設が所在している。

さらにその東に位置する筒井地区には尾張徳川家の菩提寺であり歴代藩主が弔われていた建中寺(筒井一丁目)があり、その北側地域には尾張藩第2代藩主徳川光友の隠居所である大曽根御屋敷跡地が日本庭園として整備された徳川園(徳川町)が位置する。

徳川園の敷地内には日本庭園部分の他に尾張徳川家の所蔵品をそのベースとしている徳川美術館・名古屋市蓬左文庫があり、国宝源氏物語絵巻(徳川美術館)、尾州家本源氏物語(蓬左文庫)などの著名な資料が収められている。

これらの施設を中心として、名古屋市教育委員会と東区役所で選定した東区内の史跡を徒歩で巡るルートが「東区史跡散策路」であり、次の5ルートがある。

[ryoko-2]

【大学・短大】  
愛知大学、愛知医科大学、星槎大学、名古屋大学医学部保健学科、名古屋文化短期大学、南山大学、名城大学

【専修学校】
名古屋市立中央看護専門学校、菊武ビジネス専門学校、キクチ眼鏡専門学校、中京法律専門学校、ナゴノ福祉歯科医療専門学校、名古屋ファッションビューティー専門学校、名古屋服飾専門学校、名古屋文化学園保育専門学校、布池外語専門学校、ミス・パリエステティック専門学校

【高等学校】
愛知商業高等学校、旭丘高等学校、旭陵高等学校、明和高等学校、名古屋市立工芸高等学校、金城学院 金城学院高等学校、至学館大学 至学館高等学校、東海学園 東海高等学校、名古屋学院 名古屋高等学校

【中学校】
冨士中学校、あずま中学校、桜丘中学校、矢田中学校、愛知教育大学附属名古屋中学校、金城学院 金城学院中学校、東海学園 東海中学校、名古屋学院 名古屋中学校

【小学校】
東桜小学校、山吹小学校、東白壁小学校、葵小学校、筒井小学校、旭丘小学校、明倫小学校、矢田小学校、砂田橋小学校、愛知教育大学附属名古屋小学校

【JR東海 中央本線】
大曽根駅

【名古屋鉄道 瀬戸線】
栄町駅-森下駅 – 大曽根駅 – 矢田駅

【名古屋市営地下鉄 東山線】
新栄町駅 – 千種駅

【名古屋市営地下鉄 桜通線】
高岳駅 – 車道駅

【名古屋市営地下鉄 名城線】
大曽根駅 – ナゴヤドーム前矢田駅 – 砂田橋駅

【ガイドウェイバス志段味線】
大曽根駅 – ナゴヤドーム前矢田駅 – 砂田橋駅

【道路】
国道19号、国道41号(空港線)、国道153号、愛知県道15号名古屋多治見線、愛知県道30号関田名古屋線、愛知県道60号名古屋長久手線(広小路通)、愛知県道61号名古屋瀬戸線(瀬戸街道)、名古屋市道堀田高岳線(空港線)、名古屋市道名古屋環状線(環状線)、名古屋市道都通布池線(桜通)、愛知県道215号田籾名古屋線(出来町通)、愛知県道216号大曽根停車場線、久屋大通、空港線、環状線、瀬戸街道、出来町通、外堀通、桜通、錦通、広小路通

【寺院】
含笑寺、建中寺、照遠寺、眞柳寺、長久寺、長母寺、本住寺、妙泉寺、妙道寺

【神社】
片山神社、物部神社、六所神社

【祭事・催事】
筒井町天王祭、出来町天王祭

【出身著名人】
海部俊樹 (元内閣総理大臣)、河村たかし(名古屋市長)、竹下景子(女優)、山田耕平(歌手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

愛知県名古屋市東区(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【愛知県名古屋市東区(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]