『福井県敦賀市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  福井県
【市町村】  敦賀市
【面積】  251.39km2
【人口】  64,474人(2019年10月1日)
【人口密度】  256人/km2
【市役所】  福井県敦賀市中央町二丁目1番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

福井県南西部にある市。

嶺南地方に含まれ、日本海の敦賀湾に面している。

原子力発電所が多く立地しているほか、昆布の加工地として知られている。

気候は季節風の強まる冬でも、日本海沿岸地域では比較的穏やかとされている。

古代より畿内と北陸道を結ぶ北国街道の脇街道である西近江路(あるいは鯖街道、若狭街道、敦賀街道、七里半越とも(現国道161号、国道367号等))、深坂越、新道野越(現国道8号等)や木の芽街道(現国道476号等)、山陰道への丹後街道(現国道27号等)が通り、また畿内や瀬戸内海に繋がる水運を利用できる琵琶湖からは愛発関を越えてすぐ北側に位置するため交通の要衝とされ、街道沿いには氣比神宮が鎮座して鳥居前町が形成されて、敦賀港とともに発展した。

近代には、欧亜国際連絡列車の日本側の入口として、外国製の地球儀には、3都市から4都市のわずかの街しか記載されない日本の都市の1つとして、敦賀が含まれていた。(1970年代の昭和戦後期までこの形態の地球儀が国内でも販売されていた)

現在も鉄道や高速道路の接合地であり、3本の直轄国道(8号、27号、161号)が走り、重要港湾敦賀港には、北海道行きのフェリー定期航路や、大韓民国行きのコンテナ船航路が開設されているなど、日本海側の交通の要衝である。

街の歴史は古いが、越前国司配下、鎌倉時代の歴代守護配下、斯波氏配下、朝倉氏配下、酒井氏配下と移り変わる中、政庁が置かれた期間は少なく(桃山時代の短い大谷吉継時代が、敦賀全域を独立統括した唯一の地方政府であったといえる)、軍勢をもつほどの巨大寺社も無かったため、民間主導の商都の性格が強い。

市域は、令制国での越前国敦賀郡と区域が一致しているが、観光などでは「若狭」「若狭・敦賀」「近江・若狭・敦賀」などの地域区分が用いられることも多い。

これは敦賀郡が木の芽峠で他の越前地域と交通遮断されていること、江戸時代に若狭藩(小浜藩)領であったことから敦賀より北の越前よりも風俗が若狭あるいは近江に近いことが理由とされている。

ちなみに、市境から琵琶湖までは直線5キロ程度である。

典型的な扇状地地形であり周囲三方を山に囲まれている。

またリアス式海岸である若狭湾の東端に位置する。

湾は海に入ると急激に水深が下がる天然の良港である。

平地が少なく、市の大部分は山林で占められている。

この平野(敦賀平野)は南東縁の敦賀断層と南西縁の野坂断層の活動に伴う沈降部に形成された沖積平野である。

豪雪地帯対策特別措置法において豪雪地帯に指定されている。

市街地(アーケード商店街を中心とした笙の川以東)と、新市街地(通称新木崎通り若葉交差点から昭和町交差点までの通りを中心とした笙の川以西)の二つに分けられる。

敦賀空襲の後、区画整理されたため市街地でも戦前の面影がある町並みは一部にとどまる。

港町として栄えてきた市街地には各所に史跡・旧跡が立地し、農地はほとんどなく、大部分が住宅地か商業地である。

敦賀駅から神楽町一丁目付近にかけてのアーケード街は全長2km以上という、都市規模から考えると大規模なものである。

このアーケードは、道路を挟む形で設置されており、商店等は片側にしか所在しない。

向かい側へは、アーケードのない車道を横断する必要がある。

敦賀駅からアル・プラザ付近にかけてはまだしも、全体として活気に乏しく、半ばシャッター通りと化しているが、更にその加速化を危惧する声もある。

陸上交通では、京都、米原、舞鶴、福井の四方との結節点となっている。

また、海上交通では北海道への貨客フェリーが就航するほか、国際貨物航路も就航するなど物流の結節点となっている。

[ryoko-2]

【山】  
岩籠山、西方ヶ岳、蠑螺ガ岳、野坂岳、天筒山、乗鞍岳、三国山

【河川】
笙の川、黒河川、木の芽川、井の口川、児屋川

【湿原】
中池見湿地、池河内湿原

【特産品】
コンブ加工、かまぼこ、ちくわ、へしこ、ニシン寿司(麹漬け)、求肥昆布、水仙まんじゅう(くずまんじゅう)、豆落雁、堅パン

【大学】
国立大学法人福井大学、公立大学法人敦賀市立看護大学

【高等学校】
福井県立敦賀高等学校、福井県立敦賀工業高等学校、敦賀気比高等学校

【中学校】
粟野中学校、気比中学校、松陵中学校、角鹿中学校、東浦中学校、敦賀気比高等学校付属中学校

【小学校】
赤崎小学校、粟野小学校、粟野南小学校、咸新小学校、沓見小学校、黒河小学校、中央小学校、敦賀北小学校、敦賀西小学校、敦賀南小学校、中郷小学校、東浦小学校、松原小学校

【幼稚園】
敦賀北幼稚園、松陵幼稚園、早翠幼稚園、第二早翠幼稚園、敦賀教会幼稚園

【JR西日本 小浜線】
粟野 – 西敦賀 – 敦賀

【道路】
国道8号、敦賀バイパス、国道27号、金山バイパス、国道161号、国道162号、国道476号、福井県道13号敦賀停車場線、福井県道33号佐田竹波敦賀線、福井県道36号敦賀港線、福井県道・滋賀県道140号敦賀柳ヶ瀬線、福井県道141号竹波立石縄間線、福井県道142号松島若葉線、福井県道143号松原粟野停車場線、福井県道204号大谷杉津線、福井県道207号今庄杉津線、福井県道209号五幡新保停車場線、福井県道210号余座若葉線、福井県道211号山櫛林線、福井県道225号敦賀美浜線、福井県道271号敦賀駅東線

【名所・旧跡・観光スポット】
敦賀湾、気比松原、水島、門ヶ崎、黒河渓谷、氣比神宮、金崎宮、常宮神社、天満神社、晴明神社、西福寺、柴田氏庭園(甘棠園)、敦賀港、金ヶ崎緑地、人道の港 敦賀ムゼウム、きらめきみなと館、旧敦賀港駅舎、敦賀赤レンガ倉庫、洲崎の高灯籠、敦賀水産卸売市場 つるが大漁市場、敦賀市立博物館(旧大和田銀行)、みなとつるが山車会館、紙わらべ資料館、立石岬灯台、旧北陸線トンネル群、中郷古墳群、玄蕃尾城跡、金ヶ崎城跡、手筒山城跡、武田耕雲斎等墓、疋壇城跡、疋田舟川用水路、穴地蔵古墳、立洞古墳(二号墳)、洲崎の高灯籠、木の芽古道、深坂古道、敦賀城跡、愛発関跡、陸軍省歩兵第19連隊跡、幸臨寺跡

【祭事】
敦賀西町の綱引き(1月)、氣比神宮例大祭と敦賀まつり(9月上旬)、花換まつり(4月上旬)、とうろう流しと大花火大会(8月16日)、晴明の朝市、きらめきサマーフェスティバル(7月)、敦賀港カッターレース(7月)

【出身有名人】
大和田伸也(俳優)、大和田獏(俳優)、松村康世(女優)、峰さを理(女優、元宝塚歌劇団)、久ヶ沢徹(俳優)、吉田浩之(声楽家)、山下大裕(映画監督)、藤原定(詩人、評論家)、もんじゅ君(キャラクター)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

福井県敦賀市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【福井県敦賀市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]