『群馬県高崎市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  群馬県
【市町村】  高崎市
【面積】  459.16km2
【人口】  368,667人(2019年10月1日)
【人口密度】  803人/km2
【市役所】  群馬県高崎市高松町35-1

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

関東地方の北西部、群馬県中部よりやや南西に位置する中核市。

1900年(明治33年)の市制施行当時の区域は旧:群馬郡。

現在の市域は、旧:群馬郡・碓氷郡・甘楽郡・多野郡(多胡郡・緑野郡)の区域で構成される。

中核市に指定されており、群馬県内では最大の人口を擁する都市である。

古くから交通の要衝で、中山道(国道17号・国道18号)と三国街道(群馬県道25号高崎渋川線)の分岐点、関越自動車道と北関東自動車道の分岐点、上越新幹線と北陸新幹線の分岐点ともなるなど、全国有数の交通拠点都市である。

新幹線の停車する高崎駅は群馬県の県庁所在地前橋市の玄関口ともなっており、群馬県の交通の中心地である。

平成の大合併では、倉渕村、箕郷町、群馬町、新町、榛名町、さらには吉井町を編入し、広大な市域に県内一の人口を擁するようになった。

都市圏人口は約53万人で、都市圏人口としては県内一の規模である。

公示地価では、高崎市が商業地・住宅地とも県内最高地点を占めている。

市の中心地域(中心市街地)は旧群馬郡高崎町を中心とする地域である。

江戸時代には高崎藩の城下町として、中山道69次中4番目に規模が大きい宿場町として、また物資の集散地・商業のまちとして大いににぎわった。

街道筋の田町、本町、新町(現:あら町)などに市が立ち、その様子は「お江戸見たけりゃ高崎田町、紺ののれんがひらひらと」と詠われたほどである。

鍛冶町には鍛冶職人が、鞘町には刀の鞘師が、白銀町には金銀細工師らが住み、当時の職人の町は今も町名として留めている。

現代でも県内有数の商業都市として盛えている。

また、高崎郊外に位置する問屋町は、日本初の郊外型問屋団地である。

政治的には、本市から自民党の政治家(総理大臣については本市から3名)を多く出しており、「自民王国」としても有名である。

日本一のだるまの産地であり、国道18号沿いにはだるまの生産工場が集中している。

また、数少ないオーケストラのある地方都市であり、高崎マーチングフェスティバルが開かれるなど、音楽に関する活動が盛んであることから、高崎市は「音楽のある街」と名乗っている。

また、高崎フィルム・コミッションにより、ドラマ・映画・プロモーションビデオ等の撮影を誘致しており、しばしば高崎の市街地や学校などが登場する。

毎年、高崎映画祭を開催するなど、音楽以外の芸術・文化活動も盛んである。

また、昭和40年代の上越新幹線ルート発表を契機に市が主導となっておこなった再開発事業などは30にもおよぶ。

関東平野の北西部に位置している。西端は長野県北佐久郡軽井沢町、東端は前橋市に接しており、群馬県南西部をほぼ横断する形になっている(飛地があるため、完全に横断する形ではない)。

市内から赤城山・榛名山・妙義山の上毛三山を望むことができる。

特に榛名山の南面は、大部分が市域に含まれる。

また市内には、利根川・烏川・碓氷川など、大きな一級河川が流れている。

特に烏川は、流域のほとんどが市域に含まれている。

高崎市の中心市街地は、およそJR高崎線とJR信越本線、国道17号で囲まれた地域である。

この地域は江戸時代以来の城下町であったとともに、中山道の宿場町でもあった。

市役所を始めとする主要な行政機関や文化施設、公共施設、また数多くの商店街や金融機関、大型商業施設、宿泊施設などがこの地域に立地している。

ただ、近年は高崎駅の東側にも商業施設や文化施設などが進出してきている。

太平洋側気候と内陸性気候を併せ持つ。

冬は西北西の乾燥した季節風が卓越し、降水量は少ない。

ケッペンの気候区分では、温帯夏雨気候に分類される。

2006年(平成18年)1月23日、倉渕村・箕郷町・群馬町・新町の4町村を高崎市に編入し、法定人口(合併市町村の2005年国勢調査人口の合算値)が318,097人となり、中核市への移行要件を満たすことになった。

この時点では榛名町が合併慎重派の町長と推進派が多い町議会の対立などで合併協議に加わらなかったため、旧倉渕村は飛地となった。

また、旧新町も藤岡市などとの合併協議から離脱し、隣接していないが繋がりの深い高崎市との合併を選択したため、飛地となった。

高崎駅西口側の中心市街地には、高島屋やスズランなどの大型店舗や専門店(ファッション関係の店が多い)、飲食店などが立ち並んでいる。

中央銀座商店街などの昔からある商店街はシャッターを下ろしている店が幾つかあるが、駅前の中心街についてはそこそこの賑わいを見せている。

高崎駅東口側には、ヤマダ電機の本社併設店舗であるLABI1高崎やビックカメラなどの大型家電量販店があり、西口側ほどではないが専門店や飲食店も立地している。また、東口側には大型の娯楽施設がいくつか立地している。

高崎問屋町駅周辺は日本初の郊外型問屋団地として知られるが、近年は中規模・大規模の小売店の進出も目立っている。

それ以外にも、国道17号高崎前橋バイパスや高崎環状線などの幹線道路沿いに大型のロードサイドショップが多数立ち列び、「ロードサイド銀座」となっている。

特に、国道17号高崎前橋バイパス沿いには、国内・海外の主要自動車メーカー系列の自動車販売店が集まっている。

高崎市の小売業販売面積および年間商品販売額(何れも2004年)は、いずれも前橋市に次いで県内第2位の座を占めている。

百貨店は、中心市街地に地元資本の百貨店であるスズラン高崎店と、高崎高島屋が立地している。

スズランは、隣接する平面駐車場に地上8階/地下2階の新館の建設を予定している。

ショッピングセンターは、大型の郊外型ショッピングセンターとして、高渋バイパス沿いにイオンモール高崎が、国道17号高崎前橋バイパスの前橋インターチェンジ付近にアカマル(旧赤まる市場)が立地している。

また、国道17号倉賀野駅付近のミスターマックス倉賀野ショッピングセンター、国道406号沿いのはるなショッピングタウンパワーセンター、北高崎駅付近にあった高崎木材市場跡地のウニクス高崎(核店舗はヤオコー)など、中小規模のショッピングセンターもいくつか立地している。

ショッピングビルとしては、高崎駅西口に高崎駅ビル高崎モントレー、高崎オーパ、ラ・メルセなどがある。

以前は現在の高崎オーパがある場所に高崎ビブレがあったが、2014年3月31日に閉店した。

家電量販店は国内最大手のヤマダ電機が、高崎駅東口に同社最大級の店舗LABI1高崎を構え、本社を前橋市から同店舗の建物内に移している。

また、菅谷町の高崎渋川線バイパス沿いにはテックランド高崎北菅谷店を構えている。

家電量販店大手のビックカメラは、高崎市が創業の地であり、現在でも高崎駅東口店を構えている。そのほか、高崎環状線沿いにコジマ×ビックカメラ高崎店がある。

以前は国道17号沿いにデオデオ(現・エディオン)高崎店もあったが、2008年(平成20年)10月26日に閉店した。

ホームセンターは最大手のカインズが市内に本社を設置していた。

但し、高崎市内の店舗は箕郷店と吉井店を除き、いずれもフランチャイズ店舗(FC高崎東部店、FC高崎豊岡店、FC高崎小鳥店)である。

現在は、本社を埼玉県北部の本庄市にある上越新幹線本庄早稲田駅付近に移転している。

また、東関東を除いた関東地方を中心に発展するホームセンターのセキチューも市内に本社を設置しており、店舗としては高崎店、高崎矢中店を構えている。

その他、大八木町の群栄化学工業工場跡地に、スーパービバホームが2010年3月にオープンした。

映画館は、シネマコンプレックスが高崎駅東口に109シネマズ高崎、郊外のイオンモール高崎にイオンシネマ高崎がある。

また、高崎駅西口にはNPOの運営によるシネマテークたかさきがある。

高崎市は古くから音楽に関する活動が盛んであることから、高崎市は「音楽のある街、高崎」と銘打っている。

日本の地方オーケストラの先駆けであり、二十数団体をに及ぶ日本のプロオーケストラとしても三番目の長い歴史を誇る群馬交響楽団を生んだ土地である。

現在でも群馬交響楽団が本拠地を置いており、三大都市圏でも県庁所在地でもない都市がオーケストラを持つのは日本唯一である。

また、市の自己予算と市民の寄付によって1961年に建設された群馬音楽センターは、その象徴的な存在である。

毎年10月中旬には、高崎マーチングフェスティバルが開催され、毎年世界的なマーチングバンドを招いたり、市内各小学校や企業団体のバンドが一堂に集まり、市街地のメーンロードを行進したりする。

高崎市には、市の歌である「高崎市歌」(作詞:黒崎親厚、作曲:塚田佳男)があり、詩と曲を公募して作られた。

現在、高崎安中医療圏に200床を超える中核病院が高崎総合医療センターのみであるため、市は県に「西毛中核病院(仮称)」の建設を新市建設計画にも盛り込むなど、継続的に求め続けているが、現在県内に4つある県立病院(高崎市にはない)が大赤字状態なので早期実現は難しそうである。

群馬バスが、高崎駅を中心に市内のほぼ全域に路線バス網を持つ。

上信電鉄バスは市の東部・南部の一部に路線を運行している。

群馬中央バスは本拠地である前橋市から乗り入れてくるバス路線の他、高崎駅と玉村町を結ぶ路線を運行している。

関越交通は同様に渋川市からの乗り入れバス路線や、倉渕地域(権田)と東吾妻町を結ぶ路線バスも運行している。

日本中央バスは、高崎駅と大胡駅を結ぶ路線バスを運行している。

新町駅には、日本中央バスと永井バスが乗り入れている。日本中央バスは藤岡市や多野郡と新町駅を、永井バスは玉村町と新町駅を結ぶバスという性格が強く、どちらも市内を走る区間はわずかである。

その他、箕郷地域の榛名山麓や榛名山頂と伊香保温泉の間に群馬バスがバス路線を営業している。

[ryoko-2]

【特産品】  
だるま、梅、梨、プラム、椎茸、公魚(榛名湖)、JA高崎ハム、ミョウガ

【大学】
高崎経済大学、高崎商科大学、高崎健康福祉大学、群馬パース大学、上武大学高崎キャンパス

【短期大学】
育英短期大学、高崎健康福祉大学短期大学部、高崎商科大学短期大学部、新島学園短期大学

【専修学校】
群馬県立農林大学校、専門学校高崎福祉医療カレッジ、中央情報経理専門学校高崎校、高崎ビューティモード専門学校、高崎ペットワールド専門学校、東日本調理師専門学校、大原学園高崎校、高崎市医師会看護専門学校

【高等学校】
高崎高等学校、高崎女子高等学校、高崎商業高等学校、高崎工業高等学校、高崎北高等学校、高崎東高等学校、榛名高等学校、吉井高等学校、高崎経済大学附属高等学校、東京農業大学第二高等学校、高崎健康福祉大学高崎高等学校、高崎商科大学附属高等学校、学校法人大成学園学芸館高等学校、明和県央高等学校

【中学校】
大類中学校、片岡中学校、倉賀野中学校、高南中学校、佐野中学校、第一中学校、高松中学校、塚沢中学校、寺尾中学校、豊岡中学校、中尾中学校、長野郷中学校、並榎中学校、南八幡中学校、矢中中学校、八幡中学校、倉渕中学校、箕郷中学校、群馬中央中学校、群馬南中学校、新町中学校、榛名中学校、吉井中央中学校、吉井西中学校、入野中学校、群馬県立中央中等教育学校

【小学校】
岩鼻小学校、大類小学校、片岡小学校、北小学校、京ヶ島小学校、倉賀野小学校、佐野小学校、城東小学校、城南小学校、城山小学校、新高尾小学校、西部小学校、滝川小学校、中央小学校、塚沢小学校、寺尾小学校、東部小学校、豊岡小学校、中居小学校、中川小学校、長野小学校、西小学校、乗附小学校、鼻高小学校、浜尻小学校、東小学校、北部小学校、南小学校、南八幡小学校、矢中小学校、八幡小学校、六郷小学校、倉渕東小学校、倉渕中央小学校、倉渕川浦小学校、箕輪小学校、車郷小学校、箕郷東小学校、金古小学校、国府小学校、堤ヶ岡小学校、上郊小学校、金古南小学校、新町第一小学校、新町第二小学校、下室田小学校、中室田小学校、上室田小学校、里見小学校、久留馬小学校、下里見小学校、宮沢小学校、桜山小学校、吉井小学校、吉井西小学校、多胡小学校、入野小学校、馬庭小学校、南陽台小学校、岩平小学校

【特別支援学校】
二葉養護学校、高崎特別支援学校、高崎高等養護学校、二葉高等養護学校、高崎市立養護学校

【美術館・博物館】
群馬県立近代美術館、高崎市美術館、高崎市タワー美術館、高崎市山田かまち美術館、群馬県立歴史博物館、かみつけの里博物館、高崎市歴史民俗資料館、高崎市観音塚考古資料館、高崎市榛名歴史民俗資料館、群馬県立歴史博物館、群馬県立土屋文明記念文学館、群馬県立日本絹の里、高崎市少年科学館、吉井郷土資料館、多胡碑記念館

【JR東日本 高崎線】
高崎駅 – 倉賀野駅 – 新町駅

【JR東日本 上越線】
高崎駅 – 高崎問屋町駅 – 井野駅

【JR東日本 信越本線】
高崎駅 – 北高崎駅 – 群馬八幡駅

【JR東日本 八高線】
倉賀野駅

【上信電鉄 上信線】
高崎駅 – 南高崎駅 – 佐野のわたし駅 – 根小屋駅 – 高崎商科大学前駅 – 山名駅 – 西山名駅 – 馬庭駅 – 吉井駅 – 西吉井駅

【道路】
国道17号(中山道、新町バイパス・倉賀野バイパス・高崎バイパス・高崎前橋バイパス)、国道18号(中山道)、国道254号、国道354号、国道406号、群馬県道6号前橋箕郷線、群馬県道10号前橋安中富岡線、群馬県道12号前橋高崎線、群馬県道・埼玉県道13号前橋長瀞線、群馬県道24号高崎伊勢崎線、群馬県道25号高崎渋川線(三国街道)、群馬県道26号高崎安中渋川線、群馬県道27号高崎駒形線、群馬県道28号高崎東吾妻線、群馬県道29号あら町下室田線、群馬県道31号高崎停車場線、群馬県道33号渋川松井田線、群馬県道40号藤岡大胡線、群馬県道48号下仁田安中倉渕線、群馬県道49号藤木高崎線、群馬県道54号長野原倉渕線、群馬県道71号高崎神流秩父線、高崎市道高崎環状線

【名所・旧跡】
高崎城、鷹留城、少林山達磨寺、高崎観音(高崎白衣大観音)、長谷寺、慈眼寺、高崎市染料植物園、ひびき橋、箕輪城跡、旧下田邸、鳴沢湖、山ノ上碑、金井沢碑、多胡碑、観音山古墳、浅間山古墳、元島名将軍塚古墳、上野国分寺跡、榛名湖、榛名神社、榛名山、洞窟観音、観音鉱泉、観音塚古墳、道祖神

【祭事・催事】
少林山だるま市(1月6日 – 7日)、高崎映画祭(3月下旬)、高崎音楽祭、高崎技能祭、たかさき桜祭り(3月末)、高崎商都フェスティバル(3月下旬 – 4月上旬)、森とオーケストラ(4月29日)、たかさきスプリングフェスタ、高崎まつり(8月)、ろうそく祭り 高崎観音山 万灯会(8月下旬)、高崎観音だるまマーチ(10月)、たかさき雷舞(らいぶ)フェスティバル(10月中旬)、高崎マーチングフェスティバル(10月中旬)、高崎えびす講市(11月下旬)、たかさき光のページェント(12月 – 1月上旬)、ようこそ高崎人情市(第4日曜日)、ロックの祭典!高崎野外音楽フェスティバル

【温泉】
三福温泉、高崎温泉 さくらの湯、相間川温泉、天然温泉 天神の湯、高崎観音山温泉 綿山荘、京ヶ島天然温泉 湯都里、湯端温泉、吉井温泉

【グルメ】
スパゲティ、焼きまんじゅう、だるま弁当、だんべー、ラスク、登利平、高崎オランダコロッケ

【出身著名人】
氷室京介(元・BOØWY)、布袋寅泰(元・BOØWY)、松井常松(元・BOØWY)、樋口豊(BUCK-TICKのベーシスト)、ヤガミトール(BUCK-TICKのドラマー)、松本賢一(ロードオブメジャー)、多胡邦夫(ミュージシャン、作曲家)、吉田ゐさお(ミュージシャン、音楽プロデューサー)、国友愛佳(タレント)、小林桂樹(俳優)、竹内海南江(タレント)、中村次郎(気象キャスター)、栗原由佳(フリーアナウンサー)、須藤ゆみ(フリーアナウンサー)、樋口潮(テレビプロデューサー)、堀口としみ(タレント)、吉田智美(タレント)、三遊亭小圓遊(落語家)、林家つる子(落語家)、JOY(タレント、ファッションモデル)、空風マイキ(レント、レースクイーン)、関根和歌香(アナウンサー)、相内優香(アナウンサー)、麻美ゆま(AV女優)、本多陽子(声優)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

群馬県高崎市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【群馬県高崎市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]