『茨城県土浦市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  茨城県
【市町村】  土浦市
【面積】  122.89km2
【人口】  138,517人(2019年10月1日)
【人口密度】  1,127人/km2
【市役所】  茨城県土浦市大和町9番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

茨城県南部の県南地域に位置する人口約14万人の市。

業務核都市、国際会議観光都市。

茨城県発足から県南地域の商業・行政の中心的な役割を担っていた町である。

1918年(大正7年)の筑波鉄道(旧・関東鉄道筑波線、1987年廃止)の開通、東隣の稲敷郡阿見村(現:阿見町)に1929年(昭和4年)に海軍航空隊が設置されたことなどによって交通の要衝となり、料亭や遊廓その他休養施設が多かったこともあって、終戦に至るまで海軍の町でもあった。

戦後は、土浦駅西口(市中心部)に小網屋(1999年閉店)、京成百貨店(1989年閉店)、丸井(2003年閉店)、西友(1997年閉店)、イトーヨーカドー(2013年閉店)などの百貨店や大型店舗が立地し、「県都」の水戸に対して、「商都」の土浦とも呼ばれるほどだった。

土浦駅前のバスターミナルは地域の中で最も多数のバス発着起点であった。

土浦駅前では、1970年代からの新治郡・筑波郡・稲敷郡の各一部(現:つくば市)における筑波研究学園都市の開発、1990年代以降のモータリゼーションの普及や郊外型店舗の増加により、駅前の大型商業施設が相次いで撤退した。

このように商業という面で見ると著しく衰退が進んでいるともいえる。

しかし、行政の面でみると、現在も国や県の行政機関が立地している。

現在の茨城県南の中心都市という面では「土浦市」あるいは筑波研究学園都市の開発により急速な発展を遂げた「つくば市」、どちらが中心か見方が分かれるところである。

市内では、日本三大花火の一つである土浦全国花火競技大会が毎年10月に開催される。

また、レンコンが特産品であることと、海軍に縁があり飛行船「ツェッペリン伯号」が飛来した際にカレーを振舞ったことから、レンコンを入れたカレーで町おこしを行っている。

ヒューム管製造の中川ヒューム管工業を中心とする中川グループの企業城下町であったが、昭和40年代に土浦市と千代田村(現:かすみがうら市)をまたがる神立工業団地が造成され、企業(日立建機等)の進出が加速された。

これらは土浦市の経済的基盤となっている。

製造品出荷額は723,963百万円であり、全国で第99位、茨城県内では第5位の規模となっている(2006年)。

市北部に神立工業団地、テクノパーク土浦北、東筑波新治工業団地などの工業団地がある。

1990年代以降、土浦駅周辺を中心に減退傾向にあったが、商業統計調査結果によると、2004年から2007年にかけては卸売・小売ともに年間販売額が微増となり、市全体としては下げ止まりの状況となっている。

卸売販売額は372,667百万円(2007年)、小売販売額は201,606百万円(2007年)であり、いずれも茨城県内では3位の規模となっている。

また、2009年5月にはイオン土浦ショッピングセンター(現:イオンモール土浦)が開業。

土浦駅周辺では、1997年に、土浦駅西口の再開発ビル「ウララ」(中心地の別の場所にあったイトーヨーカ堂が主なテナントとして移転)が完成したが、1996年以降西友や地場百貨店小網屋、京成百貨店、東武ホテルが閉店、2003年には丸井、2007年3月には京成ホテルが閉店となり、モータリゼーションの発達や規制緩和による郊外型店舗増加等の影響を受け、駅周辺の空洞化が進んでいる。

レンコンは日本一の生産量である特産品(茨城県銘柄産地指定)であり、レンコンパウダーを使ったレンコン麺、レンコンサブレなどの加工品販売も行われている。

グラジオラス(茨城県銘柄産地指定)などの花きが全国有数の産地となっているほか、米の栽培も多く行われている。

高速道路としては常磐自動車道が市内を通過しており、茨城県北部・福島県および東京方面への重要な動脈となっている。

一般道は国道6号が南北に、国道125号と国道354号が市内を東西に貫く形となっている。

国道6号は、市北部では土浦バイパスが高規格道路として整備されており、全線4車線化されている。

南部では学園東大通り入口交差点を中心に渋滞が常態化している。

これに対応して牛久土浦バイパスの建設が進められており、学園西大通りから学園東大通りまでが2011年11月より供用されている。

また国道6号をアシストする形で、茨城県道25号土浦稲敷線や茨城県道48号土浦竜ヶ崎線の整備が進められている。

2010年(平成22年)、市制施行70周年を記念して、市のイメージキャラクター「つちまる」が誕生した。

2010年(平成22年)11月3日、市制施行70周年記念式典でデビューし、以後各イベントで活躍中である。

2011年(平成23年)2月7日には、つちまるに特別住民票が交付されている。

[ryoko-2]

【JR東日本 常磐線】  
荒川沖駅 – 土浦駅 – 神立駅

【名所・旧跡】
旧土浦中学校本館、上高津貝塚、武者塚古墳、亀城公園(土浦城址)、東城寺経塚群、藤原藤房卿遺跡、前野家住宅、冨岡家住宅、矢口家住宅、郁文館正門、土浦まちかど「蔵」、小野小町の里

【社寺】
神龍寺、善応寺、東光寺、等覚寺、浄真寺、法泉寺、常福寺、大聖寺、般若寺、清滝観音、法雲寺、海蔵寺、八坂神社、鷲神社、鹿島神社、鹿島神社、鹿島神社、愛宕神社、土屋神社、聖徳太子堂

【土屋家刀剣】
短刀 銘筑州住行弘、短刀 銘國光(新藤五)、太刀 銘信房作、太刀 銘守家造、太刀 銘(佩裏銘)恒次、太刀 無銘 伝・来国光、太刀 銘景安、太刀 銘備前國住人景安作、刀 金象嵌銘 長義磨上本阿(花押)、刀 無銘 伝・青江貞次、刀 無銘 伝・左弘行

【イベント】
土浦の雛祭り(2月下旬から3月上旬)、桜まつり(4月上旬)、かすみがうらマラソン(4月中旬)、土浦さつきまつり(5月下旬)、乙戸沼あやめまつり(6月上旬)、観光帆曳船(7月中旬)、土浦祇園祭り(7月下旬)、土浦キララまつり(8月上旬)、鹿島礼大祭(8月)、土浦全国花火競技大会(10月)、土浦市産業祭(10月下旬)、土浦菊まつり(11月上旬)、土浦カレーフェスティバル(11月下旬)、フェスティバル神立(11月下旬)

【大学】
つくば国際大学、つくば国際短期大学

【高等学校】
土浦第一高等学校、土浦第二高等学校、土浦第三高等学校、土浦工業高等学校、土浦湖北高等学校、つくば国際大学高等学校、土浦日本大学高等学校、常総学院高等学校、つくば開成高等学校・土浦学習センター

【中学校】
土浦市立土浦第一中学校、土浦市立土浦第二中学校、土浦市立土浦第三中学校、土浦市立土浦第四中学校、土浦市立土浦第五中学校、土浦市立土浦第六中学校、土浦市立都和中学校、常総学院中学校

【小学校】
土浦小学校、下高津小学校、東小学校、大岩田小学校、真鍋小学校、都和小学校、荒川沖小学校、中村小学校、土浦第二小学校、上大津東小学校、上大津西小学校、神立小学校、右籾小学校、都和南小学校、乙戸小学校、菅谷小学校

【特別支援学校】
土浦特別支援学校

【専修学校】
筑波研究学園専門学校、筑波保育医療専門学校、アール情報ビジネス専門学校、アール医療福祉専門学校、つくば福祉専門学校、竹岸食肉専門学校、土浦看護専門学校、朝日国際医療福祉専門学校

【出身の有名人】
辻香緒里(女優)、栗山千明(女優)、三浦春馬(俳優)、飯島真理(歌手・声優)、皆川純子(声優)、中川富雄(アナウンサー)、鈴木健一(アナウンサー)、川島秀成(アナウンサー)、西美香(アナウンサー)、宮本佳那子(女優・歌手・声優)、DJ DRAGON(DJ)、原田美欧 (ミュージカル俳優)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

茨城県土浦市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【茨城県土浦市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]