『岩手県宮古市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  岩手県
【市町村】  宮古市
【面積】  1,259.15km2
【人口】  52,471人(2019年10月1日)
【人口密度】  41.7人/km2
【市役所】  岩手県宮古市宮町1丁目1番30号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要

岩手県の三陸海岸に面する市。

本州最東端の地である魹ヶ崎を擁する。

三陸海岸を代表する都市の一つであり、「本州最東端のまち」を掲げ、世界三大漁場の一つ三陸沖の豊かな漁業資源と、三陸復興国立公園・浄土ヶ浜や早池峰国定公園を代表とする森・川・海の豊かな自然環境を背景に、漁業と観光に力を入れている。

1941年に市制を敷き、盛岡市、釜石市に次いで県内で三番目に市制移行した自治体となった。

2005年に田老町と新里村を編入し、2010年の川井村の編入によって県内一の面積を有する自治体となった。

市域は山間部の川井・新里地区と、北部の田老地区、旧・宮古市部に大きく分けられる。

人口は岩手県の太平洋沿岸部の市町村の中では最も多い。

面積は岩手県内で1位の大きさ、全国の市町村でもランキング11位の大きさを有する。

県庁所在地である盛岡市からは北上山地を隔てて約100 km離れているため、盛岡を初めとする北上盆地とは独立した地域圏を形成している。

2011年3月11日に発生した東日本大震災では津波により大きな被害を受けた。

市内中心部の被害はある程度抑えられたものの、沿岸集落は壊滅的被害となった。

宮古市は三陸海岸におけるリアス式海岸の北端に位置しており、宮古を境にして南がリアス式海岸、北が海岸段丘になっている。

また、内陸や対岸との位置関係では、盛岡市(北上盆地)と秋田県秋田市(日本海沿岸)から真東に位置している。

2010年1月の川井村の編入により、市の面積は696.82 km2から1,259.89 km2に拡大し、一関市を抜いて岩手県の市町村で最大の面積を有することとなった。

ケッペンの気候区分では温暖湿潤気候だが、最暖月の平均気温が22.2度と日本ではかなり涼しく、西岸海洋性気候に近いような気候である。

昭和時代に入ると国鉄山田線の開通とラサ工業の進出により近代港湾都市として発展。

山間部では閉伊川筋の電力資源の開発に伴い、窯業・鉱業・木材工業関連の企業が相次いで設立された。

第二次世界大戦後の高度経済成長期には北洋漁業やサンマ漁船の基地として賑わった。

また木材港の整備により合板企業の集積が進んだ。

1970年代には国道45号・国道106号線の全線開通と、宮古港の公共埠頭の整備により三陸海岸の拠点都市としての地位を高め、1980年代にかけてゴルフ場や国民休暇村・グリーンピアの設置などレジャーや観光業の発展が見られた。

また1974年のヒロセ電機の進出により、コネクタ関連の日本有数の産業集積地となった。

1984年には第三セクターの三陸鉄道が開業した。

古来、水産業で栄え、名産品としては、鮭、イクラ、ウニ、アワビ、毛ガニ、ワカメなどが挙げられる。

特にサケやサンマ、マダラは全国屈指の水揚げを誇る。

ウニは、生のまま牛乳用の瓶に入れて、型崩れ防止用の明礬を加えない「瓶ウニ」が長く名物であった。

東日本大震災後の2018年から、様々な魚介類や海藻、薬味、野菜などを入れて、丼飯にかけて食べる「瓶ドン」をご当地グルメとして展開するなど、水産は観光客誘致にも寄与している。

宮古市の東日本大震災による被害総額は2457億円と推計されており、このうち住宅被害が1496億円と全体の約61%を占めている。

また市内では1,078の事業所が被災し、業種別ではサービス業が547事業所(51%)、商業が334事業所(31%)、製造業125事業所(12%)などとなっている。

宮古市は三陸沿岸の交通の拠点であり、2020年度には三陸自動車道・三陸北縦貫道路の開通により、北は青森県八戸市から南は宮城県仙台市まで接続される予定である。

公共交通機関では県庁所在地である盛岡市への急行バスが発着しており、鉄路ではJR山田線が宮古駅 – 盛岡駅間を運行している。

また三陸鉄道リアス線が久慈駅(久慈市) – 盛駅(大船渡市)間を運行している。

海路では北海道室蘭市へのフェリー航路が就航している。

[ryoko-2]

【山】  
早池峰山、青松葉山、十二神山、月山

【河川】
閉伊川、刈屋川、津軽石川

【沿岸地形】
宮古湾、重茂半島、魹ヶ崎、浄土ヶ浜、真崎海岸

【市の施設】
田老総合事務所、新里総合事務所、川井総合事務所、宮古市民総合体育館、宮古市民文化会館、宮古市立図書館、宮古市総合福祉センター、宮古運動公園、姉ヶ崎サン・スポーツランド、湯ったり館、へいがわ老木公園

【短期大学】
岩手県立大学宮古短期大学部

【高等学校】
宮古高等学校、宮古北高等学校、宮古工業高等学校、宮古商業高等学校、宮古水産高等学校、鹿島学園高等学校宮古キャンパス、第一学院高等学校宮古キャンパス

【中学校】
第一中学校、第二中学校、河南中学校、宮古西中学校、花輪中学校、津軽石中学校、重茂中学校、崎山中学校、田老第一中学校、新里中学校、川井中学校

【小学校】
宮古小学校、山口小学校、千徳小学校、磯鶏小学校、鍬ヶ崎小学校、花輪小学校、重茂小学校、藤原小学校、崎山小学校、高浜小学校、津軽石小学校、赤前小学校、亀岳小学校、田老第一小学校、田老第三小学校、新里小学校、川井小学校

【特別支援学校】
岩手県立宮古恵風支援学校

【学校教育以外の施設】
国立宮古海上技術短期大学校、岩手県立宮古高等看護学院、岩手県立宮古高等技術専門校

【JR東日本 山田線】
区界駅 – 松草駅 – 平津戸駅 – 川内駅 – 箱石駅 – 陸中川井駅 – 腹帯駅 – 茂市駅 – 蟇目駅 – 花原市駅 – 千徳駅 – 宮古駅

【三陸鉄道 リアス線】
払川駅 – 津軽石駅 – 八木沢・宮古短大駅 – 磯鶏駅 – 宮古駅 – 山口団地駅 – 一の渡駅 – 佐羽根駅 – 田老駅 – 新田老駅 – 摂待駅

【道路】
国道45号、国道106号、国道340号、岩手県道25号紫波江繋線、岩手県道26号大槌小国線、岩手県道40号宮古岩泉線、岩手県道41号重茂半島線、岩手県道115号茂市停車場線、岩手県道138号宮古停車場線、岩手県道142号川内停車場線、岩手県道143号陸中川井停車場線、岩手県道163号津軽石停車場線、岩手県道170号松草停車場線、岩手県道171号大川松草線、岩手県道177号有芸田老線、岩手県道200号花輪千徳線、岩手県道201号千徳停車場線、岩手県道248号浄土ケ浜線、岩手県道259号崎山宮古線、岩手県道277号宮古港線、岩手県道290号宮古山田線

【道の駅】
みやこ、たろう、区界高原、やまびこ館

【名所・旧跡】
浄土ヶ浜、魹ヶ崎、本州最東端の碑、魹ヶ埼灯台、臼木山、月山、ローソク岩、潮吹穴、日出島、重茂の大ケヤキ、三王岩、真崎海岸、早池峰山、区界高原、崎山貝塚、横山八幡宮、黒森神社、常安寺、盛合家住宅、旧東屋酒造店、宮古港海戦記念碑、大津浪記念碑

【観光施設・多目的施設】
宮古魚菜市場、浄土ヶ浜海水浴場、女遊戸海水浴場、真崎海岸海水浴場、蛸の浜海水浴場、藤の川海水浴場、大須賀海水浴場、岩手県立水産科学館、崎山貝塚縄文の森ミュージアム、宮古市北上山地民俗資料館、薬師塗漆工芸館、西塔幸子記念館、寄生木展示室(山口公民館)、みなとオアシスみやこ、シートピアなあど、浄土ヶ浜ビジターセンター、浄土ヶ浜マリンハウス、浄土ヶ浜レストハウス、がっかり島、ラサの煙突、田老の防潮堤、たろう観光ホテル

【イベント・祭り】
宮古毛ガニまつり(3月)、浄土ヶ浜まつり(4~5月)、宮古夏祭り(7月)、重茂味まつり(8月)、みやこ秋まつり(9月)、新里まつり(10月)、川井村郷土芸能祭(10月)、田老鮭・あわびまつり(11月)、宮古鮭まつり(12月)

【伝統芸能】
黒森神楽、小沢獅子踊

【出身著名人】
愛彩(グラビアアイドル)、天野こころ(AV女優)、伊藤奏子(ヴァイオリニスト)、卯月妙子(漫画家)、お船chan(元女子プロレスラー)、甲斐谷望(アナウンサー)、柏葉幸子(児童文学作家)、金澤未咲(演歌歌手)、菊池清麿(伝記作家)、菊池長右ェ門(政治家)、工藤章(オリンピック銅メダリスト)、久保田茂(アナウンサー)、佐香厚子(漫画家)、高橋裕二(アナウンサー)、玉澤徳一郎(政治家)、中洞正(農業経営者)、中村貴之(ミュージシャン)、日蔭暢年(柔道家)、藤原敏男(キックボクサー)、本田竹広(ジャズピアニスト)、茂市久美子(児童文学作家)、宮錦浩(大相撲力士)、LIKKLE MAI(歌手)、高岩遼(ミュージシャン)、みやさと奏(演歌歌手)、久保田雅(シンガーソングライター)、舞海魅星(女子プロレスラー)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

岩手県宮古市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【岩手県宮古市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]