『北海道勇払郡むかわ町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  勇払郡むかわ町
【面積】  711.36km2
【人口】  7,955人(2019年9月30日)
【人口密度】  11.2人/km2
【町役場】  北海道勇払郡むかわ町美幸2丁目88番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道胆振総合振興局東部に位置する勇払郡の町。

ししゃもの産地および恐竜の町として知られる。

自然や温泉に恵まれた環境で、国内有数の恐竜の化石が発掘される事でも知られている。

2017年に発見されたむかわ竜の化石は国内最大級の恐竜であることが判明している。

名称の由来は、町域を流れる川の名称でもある「鵡川」をひらがな表記したものである。

なお「むかわ(鵡川)」自体はアイヌ語を由来とするが、原義ははっきりしない。

太平洋沿岸の旧鵡川町地区は、1月の平均気温が-6.6度、8月の平均気温が20.2度、年平均気温は6.7度。

一方、内陸にある旧穂別町地区は、1月の平均気温が-8.8度、平均最低気温が-16.0度と非常に寒さが厳しく、厳寒期には-25度を下回ることも少なくない。

2006年3月27日に鵡川町・穂別町が合併し、勇払郡むかわ町発足。

農業は米・野菜・花卉・乳牛・肉牛・軽種馬と多様。

かつては旧国鉄富内線が町内を経由し、豊城・春日・旭岡・栄・豊田・穂別・富内の各駅があった。

1986年11月1日廃止。

旧富内駅は駅舎・線路が保存されており、駅構内の備品は映画『鉄道員(ぽっぽや)』に使われている。

なお旧富内駅舎とホーム・構内線路は2001年、登録有形文化財に登録された。

[ryoko-2]

【山】
ハッタオマナイ岳(1021m)、佐主岳(618.6m)

【河川】
鵡川、穂別川、入鹿別川、湯の沢川、イクベツ沢川、モイベツ川、似湾川、珍川

【湖沼】
穂別ダム貯水池

【高等学校】
北海道鵡川高等学校、北海道穂別高等学校

【中学校】
むかわ町立鵡川中学校、むかわ町立穂別中学校

【小学校】
むかわ町立鵡川中央小学校、むかわ町立穂別小学校、むかわ町立仁和小学校、むかわ町立宮戸小学校、むかわ町立富内小学校

【JR北海道 日高本線】
浜田浦駅 – 鵡川駅 – 汐見駅

【道路】
国道235号、国道274号、北海道道10号千歳鵡川線、北海道道59号平取厚真線、北海道道74号穂別鵡川線、北海道道131号平取穂別線、北海道道575号鵡川停車場線、北海道道610号占冠穂別線、北海道道933号北進平取線、北海道道983号米原田浦線、北海道道1046号鵡川厚真線、北海道道1165号むかわ穂別インター線

【文化財】
旧国鉄富内線富内駅施設、旧中村平八郎家住宅主屋、アイヌ古式舞踊、鵡川盛土墳墓群、鵡川大漁地蔵尊、聖観世音菩薩像(通称賢治観音像)、ホベツアラキリュウ化石骨、むかわ竜

【名所・旧跡・観光スポット】
むかわ温泉、樹海温泉、穂別博物館、むかわ町穂別地球体験館

【著名な出身者】
キートン山田(声優)、田畑真紀(オリンピック出場選手)、関ナツエ(オリンピック出場選手)、鈴木靖(オリンピック出場選手)、椿文子(オリンピック出場選手)、坂本一魔(マジシャン)、松井雄飛(ミュージシャン)、鈴木章(科学者)、櫻原一雄(Honda R&D F1パワープラント開発責任者)、中村桐耶(サッカー選手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道勇払郡むかわ町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道勇払郡むかわ町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]