『北海道勇払郡厚真町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  勇払郡厚真町
【面積】  404.61km2
【人口】  4,559人(2019年9月30日)
【人口密度】  11.3人/km2
【町役場】  北海道勇払郡厚真町京町120番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道南部、胆振総合振興局管内勇払郡にある町。

胆振総合振興局管内東部にある。

夕張山地から太平洋へと南流する厚真川の流域をほぼそのまま町域としており、南北に長い。

中心市街地である本町は厚真川中流付近にある。

鉄道や国道は太平洋沿いの浜厚真地区を通過する。

浜厚真地区の海岸はサーフィンに適しており、訪れるサーファーの人数は北海道内でも屈指の多さとなっている。

町内からは約14,500年前の細石刃核も発掘されており、この地区での人々の生活は旧石器時代から確認され早かったようだ。

その後、縄文人やアイヌの人々が定住しており、厚真川上流域での発掘調査で数多くの考古学的発見がある。

浜厚真・上厚真地区は苫小牧東部工業地域に続く地域として1980年(昭和55年)以降開発が進んでいる。

苫小牧市との境に苫小牧東港が作られたほか、道内最大規模の火力発電所北海道電力苫東厚真発電所や石油備蓄基地(国家・民間備蓄量は国内最大)が置かれている。

農業は稲作が中心で、胆振管内では随一の作付面積を誇っている。

また、稲作以外では、ハスカップが日本一の作付面積となっている。

厚真町の出生数は死亡数を下回る自然減が続いているが、近年は町へ転入して来る人の数が町から転出して行く人の数を上回る社会増となる年もある。

北海道の中では雪が少なく、穏やかな気候であることや苫小牧市・千歳市・新千歳空港に比較的近いこと、選択の幅がある分譲販売宅地があること、手厚い子育て支援や移住支援等があること等が要因となっている可能性がある。

かつては苫小牧市営バスが上厚真線を運行していたが、1994年4月1日に廃止された。

マスコットキャラクターのあつまるくんは町民による公募と選挙を実施し決定した、当町の公式キャラクター。

2013年8月18日に開催された町民体育祭「集まリンピック」で、着ぐるみの初お披露目がおこなわれた。

町の魅力宣伝部長(まちづくり推進課主事待遇)という肩書きを持ち、頭には作付面積が日本一のハスカップ、胸のおにぎりで名産のお米を、背中にはサーフボードを背負って道内屈指のサーフポイントである浜厚真を、と全身で厚真町をアピールしている。

[ryoko-2]

【山】
佐主岳(618.6m)、姨失山(252.4m)

【河川】
厚真川、ウクル川、日高幌内川、知決辺川、軽舞川

【湖沼】
厚真ダム貯水池

【高等学校】
北海道厚真高等学校

【中学校】
厚真町立厚真中学校、厚真町立厚南中学校

【小学校】
厚真町立厚真中央小学校、厚真町立上厚真小学校

【JR北海道 日高本線】
浜厚真駅

【道路】
国道235号、北海道道10号千歳鵡川線、北海道道59号平取厚真線、北海道道129号静川美沢線、北海道道235号上幌内早来停車場線、北海道道259号上厚真苫小牧線、北海道道287号厚真浜厚真停車場線、北海道道482号豊川遠浅停車場線、北海道道924号富野軽舞線、北海道道1046号鵡川厚真線、北海道道1065号夕張厚真線

【文化財】
獅子頭、丸木舟、鰐口、御輿、振老用水路記念碑、青木与八記念碑、松浦武四郎之碑、ねつ送り及び太鼓、幌内神楽

【文化・スポーツ施設】
こぶしの湯あつま、あつまスタードーム、厚真町スポーツセンター、軽舞遺跡調査整理事務所(郷土資料展示室)

【祭事・催事】
田舎まつり(6月)、海浜まつり(7月)、ランタンまつり・スターフェスタ(2月)

【名産品】
あづまジンギスカン、メークイン、たんとうまい(米)、さくら米(米)、ハスカップゼリー、おふくろ味噌、米シフォンケーキ

【出身の有名人】
四海波好一郎(元・力士)、大垣崇(元・陸上競技選手)、斉藤滋宣(元・参議院議員)、工藤光輝(元・プロサッカー選手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道勇払郡厚真町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道勇払郡厚真町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]