『北海道奥尻郡奥尻町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  奥尻郡奥尻町
【面積】  142.97km2
【人口】  2,589人(2019年9月30日)
【人口密度】  18.1人/km2
【町役場】  北海道奥尻郡奥尻町字奥尻806

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道檜山振興局管内の奥尻郡にある町で、町域は奥尻島の全島である。

北海道本土との往来は、飛行機では奥尻空港-函館空港が40分。

フェリーは江差港(江差町)まで2時間15分、瀬棚港(せたな町)まで1時間35分。

地名はアイヌ語の「イクシュン・シリ(その向こうの・島)」の転訛に由来する。

内陸部は山が多く、集落の多くは海岸付近にある。

最高峰は神威山(標高584m)で、山の奥尻島分屯基地敷地内に三角点がある。

周囲が海に囲まれているため海洋性の気候である。

奥尻島はオホーツク文化の広がりの最南部にあたり、島の南端にある青苗砂丘遺跡で5つの住居跡と多数の遺物が見つかった。

ニホンアシカなどの海獣を狩り、エゾアワビを採るなど、海で暮らしを立てていた。

主な産業はウニなどの漁業・水産業と、観光である。

北海道の離島では初となる地熱発電所が2017年7月に完成した。

[ryoko-2]

【高等学校】
北海道奥尻高等学校

【中学校】
奥尻町立奥尻中学校

【小学校】
奥尻町立奥尻小学校、奥尻町立青苗小学校

【空港】
奥尻空港

【道路】
北海道道39号奥尻島線、北海道道1158号米岡奥尻空港線

【文化財】
新羅之記録、青苗砂丘遺跡、宮津弁天宮、鍋釣岩

【名所・旧跡・観光スポット】
球島山、宮津弁天宮、賽の河原公園、鍋釣岩、佐藤義則野球展示室、うにまるモニュメント、長浜海岸、時空翔、奥尻島津波館、無縁島、ホヤ岩、モッ立岩、北追岬公園、カブト岩、神威脇温泉

【神社】
宮津弁天宮、澳津神社、美の歌神社、受持神社、少彦名神社、松江神社、青苗言代主神社(青苗神社)、海神社

【祭事・催事】
賽の河原まつり(6月22日)、室津まつり(7月)、なべつるまつり(8月)、言代主神社 例大祭(8月)

【出身著名人】
越森幸夫(政治家)、笹森秀雄(社会学者)、麻生直子(詩人)、厂原時也(ミュージカル俳優、劇団四季所属)、佐藤義則(プロ野球選手)、二佐翔太(プロボクサー)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道奥尻郡奥尻町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道奥尻郡奥尻町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]