『北海道古宇郡泊村』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  古宇郡泊村
【面積】  82.28km2
【人口】  1,623人(2019年5月31日)
【人口密度】  19.7人/km2
【村役場】  北海道古宇郡泊村大字茅沼村字臼別191-7

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道後志総合振興局管内にある村。

古宇郡に属す。

北海道で唯一の原子力発電所があるため、村の財政は豊かである。

村名の由来は、中心地の入り江を指す、アイヌ語の「モイレ・トマリ(静かな・泊地)」である。

平地は少なく、大半は山林である。

北海道電力泊発電所(原子力発電所)があり、北海道の電力消費量の約4割を供給している。

発電所の固定資産税や国の電源開発交付金により、同村は北海道内の市町村で唯一、地方交付税を受け取っていない不交付団体である。

北海道では最も古い、1856年に発見された茅沼炭鉱があった。

そして、この炭鉱の施設として「日本で最初の鉄道」といわれている茅沼炭鉱軌道があった。

1964年閉山。

漁業と観光が基幹産業である。

北海道中央バス(岩内営業所)により、岩内町と神恵内村を結ぶ路線が運行されている。

なお、一部のバスは村内の「盃温泉郷」が始終点である。

[ryoko-2]

【山】
熊追山(805.4m)、滝ノ沢山 (714.0m)、天狗山(688.7m)、丸山(208.7m)、兜山

【河川】
茶津川、玉川、モヘル川、盃川、茂岩川

【滝】
大川ノ滝

【岬】
兜岬

【島】
弁天島

【中学校】
泊村立泊中学校

【小学校】
泊村立泊小学校

【道路】
国道229号、北海道道342号茅沼鉱山泊線

【名所・旧跡・観光スポット】
泊稲荷神社、智竜寺、法輪寺、茅沼炭鉱跡、盃温泉、鰊御殿とまり、とまりカブトラインパーク、原子力PRセンター・とまりん館

【出身者】
牧口準市(弁護士)、池高暢希(サッカー選手)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道古宇郡泊村(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道古宇郡泊村(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]