『北海道小樽市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  小樽市
【面積】  243.83km2
【人口】  115,511人 (2019年5月31日)
【人口密度】  474人/km2
【市役所】  北海道小樽市花園2丁目12番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道後志総合振興局の市。

保健所政令市。

後志総合振興局管内で唯一の市。

古くから北海道有数の港湾都市として発展してきた。

札幌市から約40 kmの距離にあり、道路交通網では国道5号と札樽自動車道により約1時間で結ばれている。

鉄道では函館本線札幌駅から約30分、新千歳空港から約70分の所要時間になっている。

その為、札幌市内から日帰りで容易に観光する事ができる。

市内に100店舗以上を構える寿司の街として知られることなどから観光都市としても人気が高く、毎年700万人以上の観光客が訪れている。

市町村の魅力度ランキング調査ではトップ10にランクインする都市になっている。

小樽市の名は、アイヌ語の「オタ・オル・ナイ」(砂浜の中の川)に由来しているが、この言葉は現在の小樽市中心部を指したものではなく、小樽市と札幌市の境界を流れる星置川の下流、小樽内川(札幌市南区にある小樽内川とは別)を示していた。

北海道後志地方の東側に位置し、積丹半島から湾曲した石狩湾の懐にある。

東西が約36 km、南北が約20 kmあり、市街地の一方が日本海に面して他の三方が山々に囲まれた坂の多いまちになっている。

海岸線は約69 kmあり、中央には天然の良港である小樽港があり、市域西側の海岸はニセコ積丹小樽海岸国定公園に指定されている。

小樽市の人口は記録のある明治元年の2,230人から始まり、1964年(昭和39年)9月末の住民基本台帳人口で207,093人の最大値を記録した後は減少が続き、2015年(平成27年)3月末の住民基本台帳人口は124,122人となり、この50年間で80,000人を超える人口が減少している。

近年は市外転出による社会減少のみならず、死亡数の増加と出生数の減少による自然減少が拡大している。

小樽市は北海道では古い歴史を有しており、慶長年間には松前藩の商場(あきんば)が置かれていたとしている。

明治になり蝦夷地を北海道と改めて本府を札幌に定めると、海の玄関口である小樽にヒトやモノが集まるようになった。

1880年(明治13年)には北海道内初となる鉄道が手宮 – 札幌間に開通し、小樽港は道内各地への開拓民の上陸や物資陸揚げの港となり、昭和初期にかけて金融機関や船舶会社、商社などが進出して北海道経済の中心都市として発展した。

戦後、ニシン漁の不漁や樺太の喪失、石炭需要の減少、道内他都市の港湾施設整備などによる卸商が衰退し、札幌市が北海道の中心都市として発展すると小樽市は衰退の一途を辿るようになる。

「運河論争」を機に明治後期から昭和初期にかけての歴史的建造物を観光資源として見直し、観光都市として脚光を浴びるようになった。

産業別就業者の割合は第三次産業が最も多く、次いで第二次産業、第一次産業となっている。

産業大分類別の事業所数・従業者数ではともに「卸売業、小売業」が最も多く、事業所数では「宿泊業、飲食サービス業」、「生活関連サービス業、娯楽業」、従業員数では「医療、福祉」、「製造業」の順に多くなっており、「卸売業、小売業」、「建設業」、「製造業」で市内企業数全体の66.7 %になっている。

小樽港は外国貿易港として開港以来100年以上の歴史ある港であり、防波堤や大型ふ頭のほか、穀物や冷凍貨物の専用施設やフェリー、コンテナに対応した施設を整備してきた。

ところが、人口減少や北海道経済の低迷、太平洋側への産業・物流拠点の移行などにより、厳しい状況が続いている。

近年は日本国内外のクルーズ客船が寄港しており、国際交流の場としての活用が求められている。

石狩湾新港は石狩市に跨いてあり、流通港湾として整備が進められてきた。

近年はエネルギー基地やリサイクル資源の集積拠点としての整備が進んでいる。

小樽市は水産加工品はじめ菓子や酒類など食品関連製造業が多くあるほか、ガラスなどの工芸品も有名になっている。

小樽市では、地場産品の普及や振興を通じて地域経済の活性化を図ることを目的に、小樽ブランド普及事業を実施している。

ご当地グルメとしては、小樽市内または近隣の飲食店で提供している五目あんかけ焼そばを指す小樽あんかけ焼そばがある。

[ryoko-2]

【山】
銭函天狗山(537 m)、和宇尻山(856 m)、石倉山(501 m)、天狗岳(683 m)、朝里岳(1,281 m)、毛無山(548 m)、天狗山 (533 m)、於古発山(708 m)、毛無山(650 m)、丸山(629 m)、船取山(211 m)、赤岩山(371 m)

【河川】
星置川、キライチ川、銭函川、張碓川、朝里川、勝納川、於古発川(妙見川)、塩谷川、蘭島川

【湖沼】
オタルナイ湖(朝里ダム)、奥沢水源池

【岬】
平磯岬、茅柴岬、高島岬、ポンマイ岬、竜ヶ岬、フゴッペ岬

【海岸】
銭函海岸、東小樽海岸、オタモイ海岸、塩谷海岸、蘭島海岸

【島】
恵比須島

【公共施設】
小樽市総合博物館、小樽市観光物産プラザ(運河プラザ)、小樽市民センター(マリンホール)、市立小樽文学館・市立小樽美術館、小樽市産業会館、小樽市生涯学習プラザ(レピオ)、小樽市保健所、小樽市総合福祉センター、小樽市勤労女性センター、小樽市生活サポートセンター(たるさぽ)、市立小樽図書館、小樽市民会館、小樽市公会堂・小樽市能楽堂、小樽市教育研究所、小樽市勤労青少年ホーム、小樽市いなきたコミュニティセンター、小樽市銭函市民センター、小樽市公設青果地方卸売市場、小樽市公設水産地方卸売市場、小樽市葬斎場

【スポーツ施設】
小樽手宮公園競技場、小樽市総合体育館、小樽桜ヶ丘球場、小樽公園運動場、小樽公園庭球場、小樽公園弓道場、小樽入船公園庭球場、小樽からまつ公園庭球場、小樽平磯公園運動場、小樽朝里川公園庭球場、小樽市望洋サッカー・ラグビー場、小樽市朝里ダム湖畔園地運動場、小樽市銭函パークゴルフ場

【病院】
朝里中央病院、石橋病院、大倉山学院、小樽掖済会病院、小樽市立病院、小樽中央病院、木下病院、札樽病院、西病院、野口病院、東小樽病院、北海道済生会小樽病院、北海道済生会西小樽病院、北海道社会事業協会小樽病院(小樽協会病院)、三ツ山病院、南小樽病院

【大学】
小樽商科大学

【専修学校】
市立小樽病院高等看護学院、小樽歯科衛生士専門学校、小樽看護専門学校、小樽市医師会看護高等専修学校

【海上技術学校】
国立小樽海上技術学校

【高等学校】
北海道小樽潮陵高等学校、北海道小樽桜陽高等学校、北海道小樽未来創造高等学校、北海道小樽商業高等学校、北海道小樽水産高等学校、北照高等学校、小樽明峰高等学校

【中高一貫校】
双葉中学校・高等学校

【中学校】
小樽市立忍路中学校、小樽市立長橋中学校、小樽市立北陵中学校、小樽市立西陵中学校、小樽市立菁園中学校、小樽市立松ヶ枝中学校、小樽市立向陽中学校、小樽市立潮見台中学校、小樽市立桜町中学校、小樽市立望洋台中学校、小樽市立朝里中学校、小樽市立銭函中学校

【小学校】
小樽市立忍路中央小学校、小樽市立塩谷小学校、小樽市立高島小学校、小樽市立幸小学校、小樽市立長橋小学校、小樽市立手宮中央小学校、小樽市立稲穂小学校、小樽市立花園小学校、小樽市立山の手小学校、小樽市立奥沢小学校、小樽市立潮見台小学校、小樽市立桜小学校、小樽市立望洋台小学校、小樽市立豊倉小学校、小樽市立朝里小学校、小樽市立張碓小学校、小樽市立桂岡小学校、小樽市立銭函小学校

【特別支援学校】
北海道小樽高等支援学校、北海道高等聾学校

【認定こども園】
手宮幼稚園、小樽オリーブ幼稚園、小樽杉の子幼稚園、桂岡幼稚園、さくら保育園、あかつき保育園、かもめ保育園

【幼稚園】
まや幼稚園、長橋幼稚園、小樽高田幼稚園、いなほ幼稚園、ロース幼稚園、さくら幼稚園、小樽中央幼稚園、朝里幼稚園、小樽藤幼稚園、小樽幼稚園

【認可保育所】
奥沢保育所、銭函保育所、手宮保育所、赤岩保育所、最上保育所、中央保育所、相愛保育所、日赤保育所、若竹保育所、龍徳保育園、新光保育園、愛育保育園、ゆりかご保育園、杉の子保育園、龍徳オタモイ保育園、蘭島保育園、さくら乳児保育園、あおぞら保育園

【学校教育以外の施設】
北海道職業能力開発大学校、小樽自動車学校、小樽中央自動車学校、小樽市民大学講座、小樽観光大学校

【ショッピングセンター】
ウイングベイ小樽、朝里ショッピングセンター

【スーパーマーケット】
長崎屋小樽店、イオン小樽店、スーパーアークス奥沢店、スーパーアークス長橋店、ラルズマート桂岡店、ラルズマート手宮店、ラルズマート桜町店、ラルズマートおたる山の手店、生活協同組合コープさっぽろ 小樽南店、生活協同組合コープさっぽろ オタモイ店、生活協同組合コープさっぽろ みどり店、マックスバリュ手宮店、ラッキー朝里店、ラッキー衣料館手宮店、ホクレンショップFoodFarm朝里店、スーパーセンタートライアル小樽朝里店

【市場】
鱗友朝市、三角市場、中央卸市場、中央市場、妙見市場、入船市場、南樽市場、新南樽市場

【JR北海道 函館本線】
蘭島駅 – 塩谷駅 – 小樽駅 – 南小樽駅 – 小樽築港駅 – 朝里駅 – 銭函駅

【道路】
国道5号、長橋バイパス、国道337号、国道393号、北海道道1号小樽定山渓線、北海道道17号小樽港線、北海道道147号銭函インター線、北海道道225号小樽石狩線、北海道道454号小樽海岸公園線、北海道道697号天神南小樽停車場線、北海道道820号小樽港稲穂線、北海道道956号小樽環状線、北海道道1066号石狩湾新港線、北海道道1126号銭函停車場線、北海道道1173号小樽塩谷インター線

【文化財】
手宮洞窟、忍路環状列石、旧日本郵船株式会社小樽支店、旧手宮鉄道施設、地鎮山環状列石、無形民俗文化財、松前神楽、にしん漁場建築(旧田中家母屋)、木造五百羅漢像、無形民俗文化財、高島越後盆踊りの行事、忍路鰊漁撈の行事、向井流水法、有形文化財、日本銀行旧小樽支店、木造聖観音立像、旧三井銀行小樽支店、JR小樽駅本屋・プラットホーム、旧青山家別邸主屋・文庫蔵・板塀

【観光・レジャー】
小樽市総合博物館本館、手宮洞窟、鱗友朝市、旧日本郵船株式会社小樽支店、小樽市総合博物館運河館(旧小樽倉庫)、小樽市観光物産プラザ(運河プラザ)(旧小樽倉庫)、小樽運河、小樽芸術村、小樽運河ターミナル(旧三菱銀行小樽支店)、堺町通り、北一ヴェネツィア美術館、メルヘン交差点、水天宮、日銀通り、小樽バイン(旧北海道銀行本店)、日本銀行旧小樽支店金融資料館、市立小樽文学館・市立小樽美術館、旧手宮線跡地、小樽サンモール一番街、小樽都通り商店街、中央市場、中央卸市場、三角市場、小樽駅、高島岬、小樽市鰊御殿、小樽祝津マリーナ、おたる水族館、にしん御殿小樽貴賓館(旧青山別邸)、新南樽市場、ウイングベイ小樽、小樽港マリーナ、朝里海水浴場、朝里川温泉、朝里川温泉スキー場、朝里ダム、おたるドリームビーチ、サンセットビーチ銭函、銭函海水浴場、小樽カントリー倶楽部、スノークルーズ・オーンズ、和光荘、龍徳寺、住吉神社、毛無山展望所、天狗山、小樽天狗山ロープウェイ、小樽天狗山スキー場、旭展望台、中野植物園、長橋なえぼ公園、忍路環状列石、蘭島海水浴場

【祭事・催事】
小樽雪あかりの路(2月)、おたる春祭り(5月)、おたる祝津にしん群来祭り(6月)、おたる運河ロードレース(6月)、おたる☆浅草橋オールディーズナイト(7月)、マリン・フェスタin小樽(7月)、おたる潮まつり(7月)、小樽がらす市(7月)、小樽堺町ゆかた風鈴まつり(8月)、ライジング・サン・ロックフェスティバル(8月)、高島漁港納涼大花火大会(8月)、真夏の北運河サウンドエナジー(8月)、天狗山夜景の日(8月)、小樽天狗山まつり(8月)、小樽アニメパーティー(8月・9月ごろ)、おたる祝津花火大会(9月)、北の収穫祭ワインカーニバルinおたる(9月)、小樽しゃこ祭(11月)、小樽ゆき物語(11月から2月)

【名産・特産】
寿司・蒲鉾・パンロール・若鶏半身揚げ・ニシン・ホッケ・カレイ・サケ・タラ・花園だんご・ぱんじゅう・すあま・べこ餅・澤の露(水晶あめ玉)・ルタオのスイーツ・田中酒造・北海道ワイン・小樽ビール・ガラス工芸・切子・ボトルシップ・オルゴール

【出身人物】
ナンシー梅木(ミヨシ・ウメキ、歌手、女優)、北川陽一郎(俳優)、中村伸郎(俳優)、西村青児(俳優)、水の江瀧子(女優、映画プロデューサー)、水原節子(女優。元宝塚歌劇団星組組長)、宮本信子(女優)、室田日出男(俳優)、伊藤芳則(俳優、実業家)、凰姿有羽(元宝塚歌劇団星組男役)、加藤仁志(俳優)、竹内えり(女優)、藤宏子(女優)、畠山典之(ミュージカル俳優)、麻上洋子(声優、講談師)、大槻ひびき(AV女優)、川村ゆきえ(タレント)、北野日奈子(乃木坂46メンバー)、虎南有香(タレント。中野風女シスターズメンバー、元SOUL TIGERメンバー)、三井智映子(タレント、金融アナリスト)、小林さくら(元モデル)、10代目柳亭芝楽(落語家)、加藤浩次(お笑い芸人。極楽とんぼメンバー)、正司照枝(かしまし娘メンバー)、HEY!たくちゃん(ものまねタレント)、渡部又兵衛(お笑い芸人。ザ・ニュースペーパーメンバー)、奥村幸司(マジシャン)、岡本敦郎(歌手)、木之内みどり(元歌手、元女優)、小林千代子(小林伸江。歌手)、なつこ(歌手、女優)、松原操(初代ミス・コロムビア。歌手)、百瀬まなみ(元歌手、元女優)、秋山羊子(シンガーソングライター)、柿本七恵(シンガーソングライター)、越山元貴(シンガーソングライター)、青木秀一(ミュージシャン。NIGHT HAWKSリーダー)、山中さわお(the pillowsメンバー)、岩田晃次(ミュージシャン。元THE CHEWINGGUM WEEKENDメンバー)、山口一郎(サカナクションリーダー)、岡崎英美(サカナクションメンバー)、奥原貢(元beretメンバー)、河塚篤史(ドラマー。陰陽座元メンバー)、工藤大輝(Da-iCEメンバー)、トクナリ(ミュージシャン)、BIGZAM(ラッパー。元NITRO MICROPHONE UNDERGROUNDメンバー)、川村栄二(作曲家、編曲家)、野瀬栄進(ジャズピアニスト、作曲家)、ジェイムス下地(作曲家)、TOMORO(音楽プロデューサー、実業家)、平原慎太郎(ダンサー、振付師)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道小樽市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道小樽市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]