『北海道雨竜郡妹背牛町』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  雨竜郡妹背牛町
【面積】  48.64km2
【人口】  2,926人(2019年5月31日)
【人口密度】  60.2人/km2
【町役場】  北海道雨竜郡妹背牛町字妹背牛5200番地

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道空知総合振興局管内北部にある町。

北海道空知総合振興局管内の北部、石狩平野北端・雨竜平野の中央に位置し、町域内はすべてが平坦である。

市街地は石狩川右岸にあり、周辺部は水田がひろがる。

町名の由来はアイヌ語の「モセウシ」で、「モセ・ウシ・イ」(イラクサ・繁茂している・処)(カヤ刈りをする・のが習いである・もの<場所>)が転訛したものとされている。

当初は「望畝有志」と表記されたが、1898年に現行の表記「妹背牛」に変更された。

農業を基幹産業として米の生産に特化した道内で有数の穀倉地帯で、ハーブを用いる無農薬栽培を導入している。

妹背牛商業高等学校は女子バレーボール部が1978年に全国制覇するなど道内有数の強豪校として知られ、バレーボールを町技として力を入れていたが、北海道の公立高校適正配置計画により2009年3月に廃校となった。

高校の存続に向けた活動も行われたが、2006年(平成18年)8月1日に北海道教育委員会は廃校を正式に決定した。

町は町立による存続も含めて検討したが、生徒増が見込めないことと財政難により断念した。

[ryoko-2]

【河川】
石狩川、雨竜川、大鳳川

【特産品】
生どらデコレーション、きらら258漬けの素米子ちゃん、こがね大福、大豆どん菓子

【高等学校】
北海道妹背牛商業高等学校

【中学校】
妹背牛中学校

【小学校】
妹背牛小学校

【JR北海道 函館本線】
妹背牛駅

【道路】
北海道道47号深川雨竜線、北海道道94号増毛稲田線、北海道道280号妹背牛停車場線、北海道道282号沼田妹背牛線、北海道道628号小藤沼田線

【文化財】
獅子頭・天狗面、獅子舞

【観光】
妹背牛温泉ペペル、遊水公園うらら、郷土館

【イベント・祭事・催事】
もせうし夏祭り、豊年盆踊り大会、ミックスカーリング妹背牛大会

【出身者】
後藤悠仁(ヴィオラ奏者)、吉原知子(元五輪選手・バレーボール全日本代表キャプテン)、関吉雅人(元プロ野球オリックス・ブルーウェーブ選手)、高橋成明(プロスノーボーダー)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道雨竜郡妹背牛町(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道雨竜郡妹背牛町(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]