『北海道美唄市』の動画を楽しもう!

【都道府県】  北海道
【市町村】  美唄市
【面積】  277.69km2
【人口】  21,311人(2019年5月31日)
【人口密度】  76.7人/km2
【市役所】  北海道美唄市西3条南1丁目1番1号

無料の動画を楽しみましょう♪

YouTube responded with an error: Permission denied: Consumer 'api_key:AIzaSyDT2OduLZeXjsr5HV5NpNwZz-fl_IefBZY' has been suspended.

概要 (説明はWikipediaより)

北海道中央部、空知管内に所在する市。

空知地方の中央部に位置し、市内を南北に国道12号と函館本線が並行して縦貫している。

地形相は国道12号を境に東西に分かれ、石狩川東岸沿いに発達した石狩平野である西部には、石狩川の河跡湖群である湖沼が点在するほか、泥炭と呼ばれる寒冷地特有の湿地帯が多い。

東部は夕張山地につづく丘陵・山岳地であり、かつては石狩炭田の一部で豊富な石炭を産出し、道内有数の採炭地であった。

また、光珠内地区の山岳部ではアンモナイトの化石が多数発掘されている。

主な市街地は国道12号沿線に発展しているほか、炭鉱により発達した旧市街地が点在している。

市内を縦貫する国道12号は、日本の道路で最も長い直線区間である。

石狩川河跡湖群の一つである宮島沼はマガンの飛来地として知られ、ラムサール条約登録湿地となっている。

前身の自治体名である「沼貝」はこのアイヌ語を意訳したとされるもので、美唄駅開設後の1882年(明治25年)に駅周辺が字ピパイと付けられ、1900年(明治33年)に漢字の「美唄」となった。

つまり「美唄」は行政より駅名が先行して付けられた。

石狩炭田の一角である美唄炭鉱は、かつては三菱鉱業・三井鉱山の大規模炭鉱のほか、中小の炭鉱も多数拡がり、道内有数の石炭の町として栄えた。

最盛期である1950年代の人口は9万人以上を数えたが、現在はその大半が閉山し、北菱産業埠頭株式会社が盤の沢地区で露天掘りを電力会社向けに行っているのみである。

旧・美唄労災病院(現・北海道中央労災病院せき損センター)が早期より炭鉱事故による脊髄損傷者など中途障害者のリハビリテーションに力を入れていたことから、他都市と比べて福祉施策が行き届いている。

駅や道路等の公共施設、商業施設等ではバリアフリー・ユニバーサルデザインが積極的に取り入れられている。

グリーン・ツーリズムを重点施策としており、農産物直売所が多数あり、美唄発安心・安全な農産物の開発・販路拡大に力を注いでいる。

国内でも有数の穀倉地帯であり、きらら397やほしのゆめ等の北海道産ブランド米を生産しているほか、北海道各地に先駆けて、美唄産米を用いた「米粉」利活用について前向きに調査・検討を重ねている。

同市を通過する国道12号線は、同市光珠内(こうしゅない)鉄道陸橋から、滝川市国道38号交差点間の29.2kmが、日本一長い直線区間となっている。

[ryoko-2]

【病院】  
北海道中央労災病院せき損センター、市立美唄病院

【高等学校】
北海道美唄聖華高等学校、北海道美唄尚栄高等学校、北海道美唄養護学校(高等部)

【中学校】
美唄市立美唄中学校、美唄市立東中学校、美唄市立南美唄中学校、美唄市立峰延中学校、北海道美唄養護学校(中学部)

【小学校】
美唄市立茶志内小学校、美唄市立中央小学校、美唄市立東小学校、美唄市立南美唄小学校、美唄市立峰延小学校、北海道美唄養護学校(小学部)

【JR北海道 函館本線】
峰延駅 – 光珠内駅 – 美唄駅 – 茶志内駅

【JR北海道 函館本線南美唄支線】
美唄駅 – 南美唄駅

【道路】
国道12号、北海道道6号岩見沢月形線、北海道道33号美唄月形線、北海道道135号美唄富良野線、北海道道139号江別奈井江線、北海道道275号月形峰延線、北海道道921号開発峰延線、北海道道979号開発茶志内線、北海道道1130号砂川奈井江美唄線、北海道道1131号美唄停車場線、北海道道1140号美唄三笠線、北海道道1159号美唄浦臼線

【文化財】
北海道三鉱石油・三美炭鉱事務所(旧三井美唄炭鉱事務所)、旧三井美唄炭鉱事務所関連施設、旧三井美唄炭鉱職員住宅群、旧三井美唄互楽館、旧三井美唄炭鉱事務所関連施設、旧三井美唄炭鉱第二坑選炭場、旧三菱鉱業美唄鉄道線東明駅舎、旧三菱鉱業美唄鉄道2号蒸気機関車、旧三菱美唄炭鉱竪坑捲揚櫓、旧三菱美唄炭鉱原炭ポケット、旧三菱美唄炭鉱開閉所、旧落合会館(旧映画館)、旧美唄市立栄小学校(アルテピアッツァ美唄)、岡田春夫生家、美唄屯田兵屋、旧桜井家住宅、美唄屯田騎兵隊火薬庫、4110形式十輪連結タンク機関車2号、峰延獅子舞、峰延東傘踊り、光珠内隕石

【温泉】
美唄温泉、茶志内温泉

【博物館・資料館】
美唄市郷土史料館、北海道立林業試験場展示室

【観光スポット】
アルテピアッツァ美唄、旧東明駅、宮島沼、東明公園、スペースカリヨン、ふるさとの見える丘展望台、美唄ダム・びばい湖、美唄国設スキー場、我路ファミリー公園、美唄市農道離着陸場(農道空港・スカイポート美唄)、美唄市内に点在する農産物直売所・グリーン・ツーリズム、炭鉱メモリアル森林公園

【旧跡】
旧樺戸街道の防風林、光珠内隕石落下地点、北海道溜池発祥の地、東明駅

【祭事・催事】
びばいっ子フェスティバル(1月)、ピパオイの里 SNOW FESTA(2月)、びばい桜まつり(東明公園)(5月)、美唄市福祉スポーツ大会(7月)、美唄健康まつり(7月)、美唄ダムまつり(7月)、びばい歌舞裸まつり(8月)、百万凧祭り(9月)、ピパオイヘルシーロードレース(9月)

【著名な出身者】
相沢行夫(ミュージシャン)、有末精三(陸軍軍人)、五十嵐浩晃(シンガーソングライター)、伊東英幸(ダスキン会長)、及川ヒロオ(俳優)、岡田春夫(政治家)、加納秀人 (ミュージシャン・外道)、北炭生(フォークシンガー)、後藤竜二(児童文学)、佐々木啓司(高校野球監督)、真田穣一郎(陸軍軍人)、shela(歌手)、鈴木賢(法学者、北海道大学名誉教授、明治大学教授)、滝正(元美唄市長、獣医)、谷本一之(音楽史学者)、玉山和夫(経営学者・エコノミスト)、田岡明(元山形テレビアナウンサー)、豊田実 (医学者)、花柳鳴介(日本舞踊)、林徹(フジテレビディレクター、映画監督)、牧村三枝子(歌手)、水谷奈央(演歌歌手)、安田侃(彫刻家)、湯浅健二(サッカー評論家)、依田紀基(囲碁プロ棋士)

記事の引用元であるWikipediaはここをクリック

[ryoko-3]

北海道美唄市(最新無料動画を楽しみましょう♪)

【北海道美唄市(最新無料動画はここをクリック)】

[ryoko-sita]